Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

自分という定義のジレンマが見抜かれると、探求は終わります。

f:id:takuteto:20170725230346j:plain

もし、自分とは何者なのか?というのを定義づけようとするのであれば?
ってことなんですけどね。

そこで、定義づけされたものって、ひとつの考えによって導かれたものになるじゃないですか?

でも、この考えの持ち主が自分だとしたら、自分の持ち物に果たして自分そのものを定義づけられるのか?
といったジレンマにぶつかったりするんですよね。

つまり、
考えはいつまでたっても、考えであって、自分はその範囲を超えてなきゃいけないわけです。
そうじゃなかったら、単なる考えと自分が同等になってしまいますからね。

なので、考えでは自分は何者か?ということを突き詰めることってできないんですよね。

だからこそ、
私は何者なのか?という問いは人を惹きつけ続けるわけです。

考えってその時々で変わりますし、状況でも変わります。
なので、それを使って確固たる自分を掴むことはできません。

だけど、何かを掴むには、思考を使うしかなく、
どこまでいっても自分というものは掴めないワケなんです。

 

なので、どこかで妥協して、
職業は、地位。
容貌や生まれた国。
性別や名前。。。

そういったことを自分だと定義づけて、
これらのパーツをバージョンアップさせれば、自分もバージョンアップされるだろう。
といったようなねー。
そういったことで、なんとか納得させようとしてたワケなんですけど、

でも、
自分に嘘はつけませんのでね。
心の奥では、
自分はこの「名前」でもないし、
「職業」でもなく、この「地位」でもない。
そんなことが自分なワケがない。
ってことを知ってるのでね。

ここに納得できん!!!
もう自分をウソで納得させてはいられない!!!
ってなってきて、
そこから探求が始まった。
という方も結構おられるかも知れません。

僕は結構折に触れて、「覚者」なんて人はいてませんよ。
そして、何かが変わるということでもないですよ。

みたいなことを書いてたりするワケなんですけどね。

「私はいない」がわかった人になる。
っていうことでも、
私が消えて無くなる。
というわけでもないんですよね。

ここで、消えるとか無いと言われてるのって、
定義づけられたイメージ上の自分のことです。
それが無いと言っているだけなんですよね。

職業でも、地位でも、感覚でも、思考でも無い。

というわけです。

でも、自分という感覚?は在るじゃ無いですか?

よーく突き詰めてみると、
「在る」はありますよね?

その「在る」に自分という定義をくっつけて、
そこから、この「自分」は何者なのか?
と探求しているわけですけどね。

この探求がおこるのも、「在る」を知っているからです。
そして、それをなんとか掴もうとしているから、
この掴もうとすることがジレンマを生じさせているという
グルグルを生じさせておっただけやったんですね。

掴むというのは、思考によって定義づける。ということですが、
思考でどんなに定義づけてみても、それは単なるイメージを抜けることはできず、
本質に迫ることもできない。
ってことが気づかれますとね。

あ、万能やったと思ってた思考って、単なるイメージと似たようなもんやったんやん。
ってことが気づかれてきます。

この思考万能説という観念が見抜かれてきますと、
まるで、

ものすごく強いと思っていた、最強のボクシングチャンピオンが、
セロリを残してた。。。

みたいなね。

相変わらず下手な例えですけど、
思考万能説が、思考も単なる現象の一つでしか無いっていうことが、
明らかになってくるんですよね。

そうなると、もう思考で自分を定義づける必要性もなくなります。
だって、最初っから在ったし、ずっと在りますもん。

この「在る」に装飾も定義も必要ありませんもん。
それ以前に在りますからねー。

ってなってくるんですよね。

そうなると、もう探求のエネルギーもチカラを失うわけなんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

身体の声を聞く

f:id:takuteto:20170724235302j:plain

心と体は一緒ですので、時には考えや感情の方ばっかり気にするんじゃなくてね。
思考や感情は一旦置いておいて体の感覚をみてみるといいかもしれません。
で、力んでいる部分を見つけたら、さすってあげてもいいし、
痛みを感じるなら、お礼を言ってあげるといいかもしれません。

ありがとー。

てね。

不思議なことにそうすると、身体って喜ぶんですよね。

ただ、病気やケガのような、
本気の痛みの時は、さっさと対処しなきゃですけど。。。

心や感情の問題って、なんか論理的に解決策を考えなきゃ解決しない!
って思ったりするかもしれませんけどねぇ。
意外とどこか体の部分の力を抜いてあげたら、ホッとすることってあるんですよね。

日本語にも

胸騒ぎがする
とか、
腑に落ちる

腹を割って話す。

みたいなね。
心の感覚を体に当てはめて表現している言葉も結構あったりするのもうなずけますよねー。

 

実はね。
この身体の感覚。
この感覚だけが経験として起こっとるのかも知れませんよ。
ということなんですよ。

どういうことかと言いますとね。

あんな事があった。
こんな事が起こるかも知れない。
このままじゃえらいことになる。
ここは備えておくべきかも、、、。

みたいなね。
いろんな思いや感情があると思うんですけどね。

そういった、思いを感情や考え事。。。

そういうのをね、一旦置いておいて見て、
その思いの発生源を身体の中の感覚として探してみるんです。

すると、不安だったりすると、それは下っ腹のあたりだったりとか、
考え事だったら、頭の奥の芯の方だったりとか、
感情だったら胸の奥の方だったりとか、、、

そういったところに、ちょっと力が入ったリキみのようなものが発見できるかも知れません。
もちろん、胸とか腹とかは例えですので、
あくまでも自分の中で感じるところを探してみるんです。

このリキみを見てあげるとね、
もしかしたら、いろんな不安とか怒りを感じてたから、
その不安や怒りの原因を解消しようと思ってたけど、
もしかしたら、このリキみの感触?がちょっと居心地悪く感じてただけかも知れない。

っていうね。
その可能性を感じ取れるかも知れません。
思考とかを一切忘れておいてね。
その感触を見てみるんですねー。

そして、そのリキみを見てあげてほぐしてあげるようにするとねー。
ファッと緩んでくるかも知れません。

ホントは、それって実は身体の感覚ですらなくてね。
ただの感覚だったりするんですよね。

単なる感覚。
ちょっとした流れの滞り。
この滞りを気にしてただけで、
そこにいろいろな判断や思考が引っ付いていただけかも知れないんです。

もちろん、この滞りは常に取り去っておかねばならない。
ということじゃなくてですね。
ほっておいても良いんですけど、
そんな単なる滞りを気にして色々と思いを巡らせておったんか!
っていう気づいてみると、そのいろんな思いによるイメージの世界で
右往左往する必要性も意味も本来は無いんだねー。てなことが明らかになってくるかもね!
ってことなんですよねん。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

否定をしないようにするのと、否定がないの違い。

f:id:takuteto:20160914092855j:plain

目の前の世界がそのまんまなんやー!
ゆーてねー。

ゆーてるわけなんですけど、
そこに否定があると、それが苦になるわけですねー。

思い通りにいかんことが「苦」ですからねー。

宗教的な教えとかだとね。
贅沢すんな!
とか、
我慢せえ!
みたいなニュアンスの教えも結構あったりするんじゃないかな?
と思ったりするんですけどね。

否定のなさ。
それが、あるがままの世界だとしたら、
自分の中から、否定を取り去れば、
自分もあるがままの世界に入り込める。

そして、この否定を生み出すのは、
煩悩や執着である。

煩悩や執着を生み出すのは、欲である。

欲を取り去ることができれば、
ワシらはあるがままに戻ることができるんだ!

みたいなね。
そんな論法なんやと思うんですよ。

まーねー。
一見、論理的に見えるんですけどね。
この論法やと、大きな見落としがあるんですよねー。

否定を取り去ると言うことは、許すということやと思うんですね。
でも、
この論法だと、一個めっちゃ許してないのがありますやん?
っておもうわけです。

 

いろんな苦行や、
スピ系のワークとかでも、
結構この執着を手放すための方法だったりすることもあると思うんですけどね。

その大前提にめっちゃ許してないもんがありますよねぇ?

そう。

自分のことですね。

執着を持ってる自分はダメだ!
取り去らなきゃならないんだ!

ゆーてねー。

自分のこと、めっちゃ許してへんやん。

って思うわけです。

まず、自分を許してあげること。
そこが最初であり、唯一やと思うんですよね。
自分が許せたら、目の前のありのままも許せてくるんですよね。
だって、全ては、自分の中で見てるイメージですので。

そして、自分が許せてたら、修行なんか必要ないわけです。
また、修行をするのは自分が許せてないということが大前提になってたりするわけでしてね。
修行の先に許しやありのままや悟りがあるわけじゃなく、
修行の先には、修行という行為の勘違いへの気づきがあるっちゅうわけですね。

うはw!
全然見当違いの道を歩んどった!
って気づくことが、修行の終わりですし、
見当違いのところを探しとった!
と気づくことが、探求の終わりな訳です。

どこを探そうと見当違いになるんですね。
なぜなら、探さなくても良かったからなんです。

ありのままの自分ですでに完璧です。
でも、そうじゃないという思い込みがあるなら、
多分、何かを見落としてるんです。

なので、単に見てあげるだけで良いわけなんですん。
スンスンスン。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

誰も行ったり来たりしてませんよ

f:id:takuteto:20170403235729j:plain

よくね。
こういう話を聞いた直後だけは、
そうよねーって楽になったりするんやけど、
また日常に取り込まれてアレヤコレヤと頭の中があっという間に騒音だらけに戻っちゃうんですー。
とか、
解放の時は荷物を降ろした楽な感じに浸れたのに
あっという間に元の木阿弥
また荷物下ろしをしなきゃねー
瞑想でもして

ってねー。
そんな感じになったりすることもあると思うんですけどね。

いやまあ、瞑想とかは好きにすれば良いですし、
そう行った頭の中のアレコレを常にキレイに片付けておくのも良いと思うんですけど、
そういったときに訪れる体験を常に保っておく。

それが悟った人だ!

っていうのは、全然違うんですよね。

 

完全にリラックスして悟っている状態。
日々の雑事や思考のおしゃべりにスッカリ取り込まれている状態。

どっちも起こってることには変わりがないわけでしてね。
リラックスが良くて、取り込まれてる状態はダメ。
みたいなことじゃないんですよね。

すでに目の前にあるそれが「それ」なんです。
でも、そうやない!と受け入れないことから、
ありのままを受け入れてないってことになってるだけでございます。

なので、悟ろうとするとか、キラキラな良い人になるとかは、
全然関係ないんです。
そもそもそういった個人がいるということが誤解の始まりですのでねー。

トニーパーソンズさんと言う人が、
「それ」のことをオープンシークレットと表現してはります。

この表現はとても良くできた表現やなーって思うわけなんですがね。

オママゴト論よりも上手く本質をついてはるわぁ、、、。
って思ったりするわけなんですけど。

そうそう。
このトニーパーソンズさん。

有名な本はこれですね。

オープン・シークレット(覚醒ブックス)

オープン・シークレット(覚醒ブックス)

 
何でもないものが あらゆるものである - 無、存在、すべて -(覚醒ブックス)

何でもないものが あらゆるものである - 無、存在、すべて -(覚醒ブックス)

 

このトニーさん。
海外では昔から有名だったそうですが、

ぼくがしったのは知り合いから教えてもらった
「分かっちゃった人たち」
という本が最初なんですけどね。

この本は悟りの特別さという誤解を解くいい本じゃないかな?と思います。

 

わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと

わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと

 

僕、このブログを始める前も、
たまにこういった非二元的なことに興味がある人に
ブログで書いてあるようなことを雑談がてら話したりしてたんですよね。

この本は、そんな時に、とあるカワユイ娘が、
タクさんの話はこの本に出てくるトニーさんのに似てる。
って教えてくれたんですよ。

僕はトニーさんを知らなかったんですが、
なんとなく「トニー」と「パーソンズ」という名前の響きから、
人懐っこくて、若くて話し上手なイケメンのアメリカの人気パーソナリティー。
みたいな人なんやろうなぁ。。。
ってイメージしたんですよね。

で、
そっかー、、、そんなイケメンと僕は似てるのかー。
とホクホクしてたんです。

ちょっと気になったので、
自分でもそのトニーさんがどんな人か見てみたくなったんですが、
当時はyoutubeでも動画を発見することができなくてですねぇ。
ウェブで調べても発見できなかったんですよ。

そんな時に、
「誰が夢のバスを運転している?」
というDVDにトニーさんが出てると聞きまして、買ってみたんですよ。

 

誰が夢のバスを運転している? DVD (<DVD>)

誰が夢のバスを運転している? DVD ()

 

そんでね、みてたんですけど、、、、。

ちょっ!じーちゃんやないかい!!!!

と、若干のショックを感じたことを思い出します。

あ、トニーさん自身はとっても素敵な人なんですよ。
笑顔がかわいいおじいさんです。

話も良いこと言ってはります。

ただ、僕の中のイメージが
若い頃のジムキャリーをもっとイケメンにした感じでしたのでね。。。


と、、、
めっちゃ話がズレましたけど、
そう。

まさに「それ」とはオープンシークレットなんですよ。

目の前にすでにオープンされたもの。

その日常。

それがすでに「それそのもの」なんです。

このオープンな目の前の世界。
そこに抵抗している間だけ、
それのそのものさが抵抗感に覆い隠されているわけなんですよね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

人工的なものと自然なもの。

f:id:takuteto:20170326211010j:plain

人工的なものと自然なもの。
みたいな区別の仕方があったりするわけですけどね。

いやいや、人間さんよ。
あんたも自然の一部ですやん。
って思ったりしません?

人工的って言ってもねー。
人がバッて口を開けたらそこからドロドロドロ〜ってコンクリートが出てきて、
それで作った建物やと言うんならね。
まあ、ヒト由来の人工物と言えなくもないですが、
コンクリートの材料だって、自然のものを組み合わせただけですからねぇ。

そう言えば、話変わりますけど、
今のコンクリートって耐用年数が60年くらいとか言われてますけど、
古代ローマの時代でもコンクリートが使われてたって知ってました?
しかもローマ時代のコロッセウムとか建物は今も残ってますよねぇ!
パンテオンという神殿として使われてた建物は2000年経った今でも
強度を保ったまま残っとるんですよ。
この製法は今の技術では無理なんですってー。
すごいですねー。
古代ローマ!
ロロロローマァーーー!

 

多分ね。
蜘蛛は自分で作った巣のことを、
蜘蛛工的やわぁ〜。時には蜘蛛工的なものから離れて自然に帰りたいわぁ。
なんて思ったりはしないと思うんですよね。

人間さんだけが、なんか自分達は自然から乖離されていて、
別の次元のものやと、自分たちだけで思ってたりするのかもしれませんね。

そう言えば、カラスなんかは、ビル群を森と同じような目線で見てて、
森で巣を作るのと同じような感覚で都会のビルの片隅に巣を作ったり、餌を隠したりしてる。
みたいな話を聞いたことがあるんですけど、
カラスからしたら、人が作った街も単なる自然だと思ってるかもしれませんね。
っていうか、多分自然も人工的もそんな区別すらないんでしょうけど。

僕ら人間も、自然の一部であって
あらゆる自然とひとつながりの現象であるわけです。
大海の波と同じように、波は大海の中で起こり、大海に帰って行くわけです。
人も一切自然から乖離されたことなんてなく、自然の中で起こり、自然に帰って行くわけですね。

その中で、社会のこととか自分のこと、
お金のこととか、過去のこととか、未来のこと。
そんな虚像のイメージを頭の中で描いては、その頭の中の世界を生きている気がしているわけです。

カラスから見たら、人も人の社会も単なる自然ですし、
宇宙人から見たら、人は
あそこで何かを体に吸収して(食事)、移動した後、排泄して、、、と言うのを繰り返す生物。定期的に目をつぶって動かなくなる。
ウーン。意味不明だ。。。
みたいに見られてるかもしれませんね。

単なる自然の一部のくせに、
我々は地球の覇者であり、頂点に立つ霊長類だー!
我々が作ったものは人工的なもので、自然とは違うんだー!
って、自分たちだけで言ってるのって、人間さんって単なるお調子者なのかもしれませんね。

そのくせ、自分たちで作ったイメージの中で苦を感じたりして。

で、夜になったらぐぅぐうと寝る。
大騒ぎしてたくせに、すべてを忘れて寝る。

どんなにイカツイ顔をしたオッサンも、
どんなに綺麗に着飾ったお嬢さんも、
ぐうぐうと寝る。(ガニ股で、、、)

なんか、お調子者で可愛らしいですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

そうさ!そんなのわかりきったことさ!(by スナフキン)

f:id:takuteto:20160920121048j:plain

そうさ!そんなのわかりきったことさ!(by スナフキン)

おはよございますん。
タクさんですん。

冒頭の言葉は、僕が好きなスナフキンの言葉です。

特別さ。
何者かになろうとすること。

そういうのが、わかりきったことを覆い隠してるのかもしれませんねぇ。

これらが取れてきた時に、最初っからある当たり前の姿が現れて来るんですよね。

僕らは損なわれるのが嫌なので何かを身につけて守ろうとするし、
どこかからの攻撃に負けないために力を蓄えようとします。
その先に安心がある。って思うからですね。

 

でも、
どこまでいっても安心といえる境地までは達することができず、
安心を手に入れたいけど、うまくいかないことも多く、、、。

そんな心配が、いろいろなしんどさとなって、
安心探しという終わらない旅を続けちゃったりするのかもしれませんねぇ。

なので、何かを常に手に入れようしますし、
安心を探し続けるわけです。

この探求の終わりって言うのは、
探求への諦めがついた時だったりするんですよね。

ただ、良くあるのは、
探求が諦められた瞬間、それそのものが姿を表すことがあったりするわけですが、
その時に感じた安心感を体験してみて、
すぐに、
あ!やった!諦めた時にとうとう現れた!
私は目覚めた!
と、すぐに体験を手にしちゃったりすることなんです。

そうすると、途端に
私は手に入れた!
と、また何かを掴んじゃって、
結局、掴み取りの探求の旅のループに戻っていっちゃうんですよねん。

そうやって掴んだ目覚めの体験もそのうち色あせてきます。
せっかく体験してやっと大丈夫になったと思ったのに、、、。
なんか余計に抵抗感を感じるんですけど!
ってパターンもあるっぽいです。

知らないうちに背負ってた荷物は、
以前は無意識にそんなもんだと思ってたんだけど、
この重さは降ろせることを知ったがために、
そして、降ろした時の解放感を知ってしまったがために、
同じ荷物を背負っても、以前よりも余計に重く感じてしまう。

みたいな感覚でしょうかねぇ。

なのでまた体験を求めたりしちゃうわけなんですが、
この「求め」が邪魔になったりしちゃうんですよね。

そんなこんなで、また求めちゃったり、
求めが抜けてそのまんまにリラックスしたり、
せっかくリラックスできたのにまた荷物を背負ってる!という思いに囚われたり、
あ、単に思いに囚われてただけか。。。と気づいたり、

そんなこんなを繰り返しちゃったりするかもしれません。

ま、そんな時には焦らないことだと思うんです。

そのうち、
あ、思いに囚われようが、リラックスしてようが、
その目の前の世界それがあるだけで、そこに行為者はおらず、
あーーー、それがあるだけなんやんかー。

そんなのわかりきったことなんじゃないかー。

ってねー。
なんか、当たり前やったんやんってのが明らかになってくるかもです。

「そうさ!そんなのわかりきったことさ!」
ってのが、そこでやっと腑に落ちたりするんですよね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

苦痛から欲望が生まれ、その欲望で苦痛を消し去ろうとするループ。

f:id:takuteto:20170223230312j:plain

この苦痛の宇宙全体は欲望から生まれたのだ。
喜びへの欲望をあきらめなさい。
そうすれば、あなたは苦痛が何かさえ知らずにすむだろう
(『I AM THAT 私は在る  ニサルガダッタ・マハラジとの対話』 より )

おはようございます。タクさんです。

この言葉は僕も好きなニサルガダッタというインドの偉いさんの言葉です。

苦痛と快楽という二つの考え方が、苦痛を避け、快楽を得ようとするわけですが、これは自分という本能が持つある種の自然現象でもあるわけです。
あくまでも、現象があるとする大前提での上の話なんですけどね。

で、
苦痛を耐えなきゃならないわけでもありません。
だからといって、快楽だけを追い求めるぜ!というわけでもないわけで、
この本能である自然現象だけに注目し続けているということに、ちょっと気づいて見ると良いかもよ!という提案やと思って聞いて見ると良いかもしれません。

僕らは、あることが気になっていると、それを中心に物事を見てしまいがちです。
マイブームみたいなもんですかね。

そういえば、以前、とある成功哲学大好きな人と話してたら、
やたらとシンクロやわぁー。
うわー!シンクロ二シティやわぁー。
が口癖でした。

僕は、以前、マッキンゼーの企業価値評価を学ぶ講座に通ってたことがあるんですけど、
その時の同じ受講仲間の人は、
これは、バリューがあるわぁー。
あるわぁー。。。バリューが、、、。
ってのが口癖だったりして、
僕もつられてバリュー、バリューってゆーてたんですけどね。

外資系の人ってバリューバリュー言いますよねぇ。

ま、いいか。

 

話が逸れてしまいました。

さて、マイブームの原点には「ワタシ」という観念があります。
その時々の環境や、立場などで、演じる自分は使い分けたりするわけですけど、
その底には、「ワタシ」がいるとしているわけですね。

でも、じゃあその自分ってどんなモノなん?
と問いかけて見ると、それはその日によって、またその時の感覚によって変化していて、
つかみ所がなかったりもするわけです。

つまり、自分という観念はその時々、都度、構成されているわけですね。
なので、実際のところ、その実体はないわけです。

ブッダのいう「一切皆苦」の「一切」とは、
最初に構成される「自分」という観念から構成された一切の世界のことを意味しとるんやと思います。

そして、ニサルガダッタさんが言う、
「苦痛の宇宙全体」
という言葉も、

この自分から発生する世界の中のことなんですよね。

ちなみに、自分とは、分離を埋めようとする働きを持つ現象だとも言えるかもしれません。
実体はないけど、働きとしては起こるもんですのでね。

分離という観念を通して見ると、自分と自分以外があるように見えるんですけど、
これはある種の現象ですのでね。

水が高いところから低いところに流れるのと同じようなもんなんです。
この水の流れも現象ですのでねー。

この現象を掴み取って、自分という分離が生じているわけですが、
これって、現象が先にあって、それを自分が掴み取るという順序なのか?
というと、そうでもなく、

掴み取ったと同時に現象も発生してるような感じでしてね。

本来は何もないんです。

なので、こういう話って苦痛をどうにかするという話じゃなく、
単に苦痛のなさが明らかになるという話でございまして、

ただ、この明らかさを「自分」というまな板の上には持ってこれないので、
この話を理解したら、自分の中の苦痛がなくなるという話でもないんですよねー。

ややこしいですねぇ。

ただ、苦痛とは、思い通りにならない時に起こります。

そして、思い通りにならないというのは、あるがままへの抵抗として起こっています。

ですが、この抵抗すらもあるがままの一部でもあるわけです。

なので、この抵抗があることを単に見てあげるんですねー。
そして、見てあげることができると、それは許しになるんです。

許しとは、あるがままでええよ〜。という許しなんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします