Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

思考と時間と原因と結果と、私はいない、、。

f:id:takuteto:20170920183851j:plain

何にもない中で、何かを始めようとした時に、
そこに始まりと経過、そして終わりという概念が生じるんですね。

でね。経過があるから、原因というものも誕生するわけでして、
そして、始まりと経過と終わりという概念が、
時間という概念も生み出すわけです。

時間とは概念の中だけにあるイメージなんですよね。

ーー

こういった概念を牽引する衝動が、
何にもないなら始まらんやないかー!という思いです。

この思いは、何かを捉えてないと、生じないわけです。

つまり、思い=思考というのは、何かを捉えない限りは生じないんですよねー。

そして、この思い、思考ちゃんは、この思考が何かを生じさせてコントロールしていると勘違いしているふしがあります。

なので、常に思考を凝らしてないと、コントロールを失いエライ事になる!
といった恐怖感も持ってたりします。

なので、うまくコントロールしようと常に解決策を探すのに翻弄し続けるんですよねー。

そして、思考は時間と原因と結果の中にどんどん埋没していくわけです。

 

この思考は面白い事に、この思考には行為者がいるとも思ってたりします。
思考があるからには、それを操る自分という者がおるはずや!
と、思考が思考の中で、そう仮定しているわけです。

変な事なんですけど、
思考は身体をコントロールしようとするくせに、
この身体は自分自身だとも思っているんです。

そして思考自身は自分によって行為されていると思ってるわけです。
自分自身である身体をコントロールしようとしてるくせに、
このコントロールしようとしていた自分自身は行為者だとも思ってたりするんですよね。

そして、思考はその中で作られたものだけを世界だと認識しています。
思考を広げれば広げるほど世界も広がると思っていて、
思考の外にある世界には恐怖を抱いたりもしています。

自分という存在があるように思いながらも、その都度自分のありかをその時の都合で変えてたりもするんですよね。

心や感情が自分だったり、身体が自分だったり、
心や身体をコントロールする何か?が自分だったりねー。

その時の都合で後づけされるのが自分という観念やというわけです。

でも、なんかあるやん!
って思いません?

なんかあるからこそ、体を認識したり、思考が起こったりしてますやん!

ならやっぱりそれは自分やないですか!

ってねぇ。
思いますよねぇ。

そのねー、ただ在るもの。
これがもうすべてなわけなんですよねー。、

それに自分という観念を覆い被せてるだけなんです。

でも在るはもうすでに全てですので、何かの器には収まりません。
なので自分という観念に閉じ込めようとしてみても、
また閉じ込めた気になって、それを自分やと思ってたとしても、
じゃあその自分はどれなん?となると途端にわからなくなるわけなんですね。

自分はいないというよりは、その仮定の器は、有りませんよーってことなんです。

で、この在るは、思考とも感情とも目の前のスマホともありとあらゆる起ってることとも分かたれておりませんので、すべてであるわけなんです。

自分という観念を起点に、いろんなものを観念上で分けておったんですねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

子供の頃の不思議な感覚

f:id:takuteto:20170917221315j:plain

子供の頃なんですけどね。
校庭にみんな集められて、
「前へ習え!」
とか、
「休め」
とか、そういうのを延々とやらされてる時があったんですけどね。

そんな時、あまりに退屈なもんやから、
だるいなー、逃げて帰ったろかなぁー。
けど、ちょっと校門までは距離があるなぁ、、、。

ってなことを考えてましてね。

「小さく前へ習え」

とか言ってるおっさん先生に、
心の中で、なんやねん「小さく」て。。。

とかふてくされてたんですけど、
まあ、暇だったんで周りのクラスメイトを眺めてたんですよ。

まあ、自分も小学生ですけど、周りの子たちも小学生やないですか。
なので、なんだか子供で可愛いんですよね。
あー、この子ら親が見たらもっと可愛いんやろうなぁ…って、
思いながら見てたんですよ。ガキのくせに親目線で、、、。

で、次は先生を見てみたんです。

あー、あの鬼のようにコワイ鳥井先生も、
子供の頃は可愛かったんやろうなぁ…って思いつつ眺めて、
他の先生も見たりしてたんですよね。

すると、おっさん面の奥に、子供の頃の面影が見えるような気がして、
うーん。あの先生もきっと可愛かったんやなぁ、、、。
ってしみじみしてたんですよね。

前へ習えをしながら。

するとクラスメイトもみんな可愛い。
おっさんもおばはんもみんな可愛い。

ってなってくると、外面の関係のなさが浮き彫りになってきましてね。

なんか、上っ面はガミガミと、言ってたりするけど、
その存在は可愛い存在しか残らんなぁ、、、。みたいな感覚になってきまして、
不思議なことに、子供の面影すらも関係なく、
ただ、可愛い存在が可愛く起ってる。花も虫も人も木々も、、、。
って感覚に包まれて、
ホエーっ!ってなったことがあったんですよねー。

この感覚はねー。今でもよくあって、
小難しい表情をしたおじさんを見ても、

何を難しい顔をしとるねん。可愛いくせに・・・。
って思ったりします。

 

街を歩く人々はいろんな仮面を装いながら、奥に可愛さを秘めて、
仮装行列のように歩いてたりしますし、
公園の木々は、
ある木は、幹を拗らせながら枝を空に向け、
だったらオレはっ!ってノリで、別の木は
ぬおー!って途中で幹を二つに分けて空に枝を伸ばしてたりします。
蝶々はいろんな柄の羽をはばたかせ、
風がふわぁっと吹くと、落ち葉がくるんと回転しながらまきあがります。(ドヤ顔で)

それを見る僕は、心の中でボソッと
「悪ノリ大会か!」
と突っ込んだりしてるわけです。

そして、無意味な外ヅラを剥がすと、
やっぱり可愛い存在が各々の表現をしていて、
そして、その表現の奥には、ユーモアと喜びに満ちたエネルギーがあってね。

結局は、ノリがノリに乗ってるだけやっていうね。

なんか、そんな世界の面白さに笑っちゃったりするんですよねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

天気の悩み

f:id:takuteto:20170921192952j:plain

例えばね。
東京の天気さんと名乗る者がいたとするじゃないですか。

そいつがね、
「わし、最近晴ればっかりやねん!」
と得意げになってたかと思うと、

「あー、今日は月曜日の朝だというのに嵐になってもうた!」
って落ち込んだりしてね。

時に、
いつになれば、わしは天気を思い通りにコントロールできるようになれるのか?
と思ったり、

はぁ、、、
わしの天気人生は何が正解なのか・・・。
晴れが良いと言う人もいれば、今年は雨が少なくて水不足です!
と騒ぐ人もいる。
わしだって、できればみんなが納得する天気でいたいのに・・・。
認められる天気を創造したいのに・・・。

ってね〜、落ち込んだりして。。。

おいコラ!
ゲリラ豪雨やめえや!昔の東京天気さんはそんなに頻繁にゲリラ豪雨なんてことは起こさなかったぞ!
と怒鳴られて、
ああ、まだまだ、わしゃ天気としての能力が足りないと人知れず枕を濡らしたり。。。

 

みたいなねー。
人なのか?何かなのか?は知りませんけど、
東京の天気さんなんていうね。そう名乗る者がいたとしたら、
っていう他愛もない話なんですけど、
もし、そういう者がそんな悩みを持ってたのだとしたら、
東京の天気なんておらんわい!
空はひとつながりじゃ!安心せいそこに悪者はおらんっ!
ってね〜。
いってあげたくもなるやないですか。

しかも、それ以前に雨が良いとか晴れが良いとかも一概に言えませんし、
それの良し悪しは、後付けされた理由によって変わって来ますし
その後付けされた理由にも、別段正当性があるわけでもないですしね。

天気っていうのも、ひとつながりの流れですのでね。
地球が回って大気が風となり、水は蒸発して雲となり、
雲は静電気を生み出し雷を生み、大地に雨を降らすわけです。

これらの流れの一部分をつまんで、名前をつけるとすると、
それが晴れだったり、雨だったり、雲だったり、降水確率50%だったりするわけですね。

一部分をつまむとそこに意味があるように見えますが、
実際にその流れには意味はないわけです。

部分をつまんで初めて意味が付与されるんですよねん。

僕らの心や身体も同じようなものでしてね。

心とか身体って分けてつまむと何やら意味があるように見えてきますが、
ほんとは心や身体も全体の流れな訳です。
心や身体以外とも密接に関連して流れとしてあるわけです。

感情と思考に境界線はなく、心と身体にも境界線はなく、空気と身体にも境界線はないんですよね。
境界線があるのはイメージの中だけなんです。

それは、雨と晴れの境界線がなく、雲と空の境界線がないのと同じようなものです。
これも、境界線があるとすれば、それはイメージの中でだけって事になるんですよね。

イメージの中で、境界線が作られ、イメージの中で、物語が紡ぎ出されるんでねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

概念や観念では、目の前のケーキは切れませんねん。

f:id:takuteto:20170917221358j:plain

解釈上ではねー。
色々と学んだり、そうすることによって、色んなところに到達したりってね。
思ったりもするもんですけど、

結局のところ、どうやったって、どこにも到達しないんですよね。
もうここが全てであり、それで完璧ですのでね。

完璧なはずあるかーい!って思いがあったとしても、
それが起こってるだけであって、それを捉えてるだけでもあって、
そして、何を捉えようと、
もうすでにココは完璧やというわけです。

ただし、解釈や概念上でこの完璧さを納得させるという話ではないんですよね。解釈や概念上で完璧を追い求めると、ゴールってないんですよね。

なぜなら、解釈や概念は、分離という大前提の上でどちらかを是とした上で成り立つ仕組みやからね。

どうやっても完璧にはなり得ない訳です。

どちらかを選んだ時点で、それ以外を失ってしまいますからね。

 

概念や解釈を追い求めれば追い求めるほど、失う部分は多くなります。
これは例えば

ホールケーキが丸一個あるとするやないですか。
もうそれで、全部であり完璧な訳ですけど、
ここで、解釈や概念が加わると、何かを捉えなきゃいけない訳でして、
何かを捉えるには、捉えない部分が必要になって来ますのでね。

で、ホールケーキを半分に割る訳です。
そしてこの半分を是とする訳ですね。

さらに概念や観念が加わると、その半分をさらに半分に、
また半分に、そしてまた半分に、、、と繰り返すわけです。

すると、全部だったケーキがほんのひとカケラになっちゃうわけです。

このひとカケラのケーキを見て、全然足りない。。。。と思うわけです。

そして、なるべく完璧に近いところを追いかけて、
さらに観念や概念で武装しようとするわけでして、

そうすると、また半分、そしてまた半分。。。。
といった具合に、
どんどんケーキがちっちゃくなっちゃうわけですね。

でも、実はちっちゃくなったと思ってたケーキってのは実は幻想で、
実際には、ケーキは最初っから変わらず、目の前に丸一個のホールケーキとしてデーンとあるわけです。

ホールケーキを前にして、
頭の中の念力(イメージ)で、
「おりゃー!半分に分かれたまえぇぇぇ〜!」
と念じたところで、ケーキは二つに分かれるわけはなく、
ただ、あるわけです。完璧な全部としてね。

イメージ上で半分にしたことにしときましょ。ってな具合で仮定でそうみなしてただけなんですよね。

おままごと上のルールと同じ感じでね。
「はい。これ、お団子ね」
と泥団子を食べる振りするのと同じ感じで。

そして、イメージの中で、小さなケーキが織りなす物語がどう展開していようと、
ホールケーキは分かれる事なく、ずっと、でーんっと在るわけです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

在るは、ただ在ることによって安心さを証明し続けている

f:id:takuteto:20170917221337j:plain

そりゃーねぇ。
不安で重たい感覚の時もあると思うんですよね。
そんな時は、そんな自我ちゃんを、
ホント、エライねぇ。って労ってあげたら良いと思うんですよね。

ちゃんと生きて行かなあかん!
自分だけじゃなく、家族や会社や仲間のためにも、
しっかりとやらなあかん!
ってね〜。
色々と考えてはちゃんとしようとする反面、重たさも感じたりして、、、。
ホンマ、頑張ってはるんやねぇ〜。ってね。
いたわって、褒めて、慰めてあげてくださいね。

そして、ホントは大丈夫なんやで!安心してええんやで!
って教えてあげたらいいんです。

 

なんて言いますかね。
そういった思考とか不安とかって、全部イメージなわけですけど、
そのイメージちゃんは、べつにジャイアンじゃないですからねぇ。。。

うおっ!
今日のイメージさんはえらい機嫌悪いで!!!
ってね〜。
別に大げさに気を使わなくても良いんですよね。

イメージさんを怒らすとめっさ怖いで!
とか、
こら!イメージさんがエライコッチャ!と言ってはるねんで!
ちゃんと言うこと聞かなあかんねんで!

ってね〜。
どうにも、イメージさんに対して気を使いすぎな部分ってあると思うんですよね。

でも、イメージさんには、絶対に気を使わなあかん!ってやってるのも、実はイメージさんの自作自演やったりしてねー。

もしかしてイメージさん、実はかまって欲しかった、いたわって欲しかっただけちゃうんか!っていうねー。

なので、そんな時は
もう目一杯いたわって慰めてあげて、
頑張りやー!って言ってあげて、
あとは好きにさせてあげたら良いんです。
別にこっちが気を使うことなくね。

すると、目の前の世界は別にイメージさんを通して見ることが必須やということもなかったんやん。
ってことがあきらかになってきます。
すると、目の前はいつもの変わらない風景であるにもかかわらず、新しくイキイキと躍動しとったことを再発見するわけです。
そんな中、いつものように、風が吹き、雨が降り、日が照ります。
そして、同じようにイメージさんもより良い何かを探索するかも知れません。

捉えた時だけ、そんなイメージが現れるわけです。

無いけど有るように見えたりするわけですね。

ホントは「有る無し」でもないわけです。

そんななか、イメージさんが相手にしてほしそうな顔でこちらを見てるなら、
ネコを撫でるように、たまに撫でてあげたら良いと思うんです。

イメージさんは消し去ろうとされたり、捨て去ろうとされたり、抑え込まれたりしてて、ちょっと拗ねとったのかも知れませんよ。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

単に観ると「それ」って同じこと?

f:id:takuteto:20170917221444j:plain

単に見て見たらええねんってね〜。
よく僕も書いてるわけですけど、

まあ、正確に言えば、見るやなくて、観るなんでしょうけどね。

ま、その辺の漢字ことはどうでも良いとして、、、。

で、何でもかんでもをね。
見ることができたらね。
なんていうか、見るが極まって来ましたら、
やっぱり、あ!そういうことやったんか!とかわかってくると思うんですよね。
でもって、随分と楽にもなって来ます。

 

でね。
まあ、出来ることっていうのは、この見るくらいしかないと思うんですよね〜。

ちなみに、
そのままにしておく。
許す。
っていうのも、
見るっていうのと大体同じ意味です。

例えばね。

どうにも嫌な思いがあるとするじゃないですか。
最初はそのイヤさにどっぷりとハマりこみ、そこから紡ぎ出される物語が
延々と頭の中で繰り返されたりすると思うんですよね。
また、物語が物語を呼んで、罪悪感だったり腹立たしさだったりが襲っていたりもしてね。

でもって、いい気分でいたいのに、その気分を阻害するこのイヤな感じをどうにか抑え込まなきゃ!みたいなね。
そんな思いも湧き出て来て。
すると、物語をなんとか変えようと躍起になる。
物語の中にあるイヤな理由を摘み取れば解決するんやなかろうか?
ってね〜。

それがうまくいかないとなるとまた、悩みの中に沈み込む。。。
ってなかんじでね。

見てみると、
まず、その思い、そしてその思いからくる物語がやっぱり最初に目につくとおもうんですね。
で、そこから一切の言葉を置いておいてみるわけです。

すると、感情や感覚だけが残ってくると思うんですね。
それが、身体の方にキュッとくる感じであったりして。

で、またその感覚を感覚のままそのまんまにしてあげるようにしてあげるとね。
力んでいたその感覚も緩んで来たりするわけです。

すると、ここで、見てる対象と見るものとの間にちょっとした空間ができるっていうかねー。
その空間を見つけ出すことができると思うんです。
言葉もなく感覚もなく、ただ、リラックスした何もない空間が残るわけですけどね。
最初はね、この空間が、どうにも居心地が悪いように感じるかもしれません。

その居心地の悪さも単に見てあげますと、
そこにある「つかみ取ろう!」とする衝動がね、見えてくると思うんですね。

この衝動もね、見られるとどうも都合が悪いようで、
ジーッと見られちゃうと衝動が衝動として保たれなくなっちゃったりしてね。

で、その衝動にも乗っからずにいると、また何にもなさが残ってくるわけですね。

この何にもなさと観る者が統合して、まあ何にもない。
ただの在るが残るわけです。

で、また起こることが起こっては、掴み取ることもあったりして、
そしてまた、掴み取ってたことに気づいては何もないに戻ったり。。。

この辺が極まって来ますと、すぐに観る者に戻ってきたりも出来るようになってくると思うんですよね。

で、ここで今日のタイトルである
「単に観ると「それ」って同じこと?」
という事にやっと戻ってくるんですけど、

この観る者と「それ」とはまたちょっと違いますし、
何にもない状態と「それ」ともまたちょっと違うんですよねー。

やっぱり、観る者だと、まだ多少の「自分感覚」のクセが残ってると思うんですね。
わずかな中心点といいますか。

こればっかりは仕方がないのでどうしようもありません。

で、どうにもしなかったら、どっかのタイミングでね。
まあ、タイミングも時間もないのでなんとも言えませんけど、、、。

ポンとそのクセが落ちることがあるわけです。

するともう、状態へのこだわりも落ちます。
だって、在るがあるだけ、起こってるだけ。
そしてあるのは「それ」しかないわけで、
それがなんていうか、めっちゃ当たり前やん。そりゃそーやん。
って感じなんですよねー。

まあ、言葉で表現するとめっちゃ支離滅裂なんは重々承知なんですが、
くるりんとひっくり返って、当たり前が当たり前になるわけですね。

と、いうわけで、出来ることは見るくらいしか出来ませんけど、
わずかに残る中心点が、ポンと落ちる時、「それ」しかないやん!になるっていうお話でした。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

ほんまにあるのは「それ」だけですんで。

f:id:takuteto:20170917221418j:plain

このブログの記事のような話とか、
いわゆる先生の話とかね。

そういうのを聞いたり読んだりして、
「いやぁー。わからんわぁー!さっぱりやわ。」

ってなることもあると思うんです。

はたまた、
僕もよく、わからんままでええねん。
とか書いてますけど、

「うーん。わたしゃ、まだわからんままではおられんわ。
あんなことやこんなことが気になってしゃーない!」
ってね。
思ったりもするかもしれません。

 

でもねー。
それでも全然良いんですよねー。
っていうか、
それなら、それが単に起こってるだけですのでねー。

で、何が起こってようと、
あるのは、「それ」だけなんです。

先生の話が良くわかるようになるのでもなく、
わからんままでいい、何も気にしない自分になるわけでもないんですね。

なってもいいんですけどね。

その辺はどっちでも良いんです。
どっちになろうが、単にそれが起こってるだけっていうことですしね。

手をポンっと叩いてみてください。

ポンっ!

はい。あるのは「それ」だけ。以上。

ってことなんですね。

なんやねん!
わからんわ!
ってなるのなら、
単に「わからんわ!」が起こってるだけ。

そしてあるのは「それ」だけなんですね。

ちょっっっw
だぁーかぁーらぁー。
「それ」ってなんやねん!

ってなるかもしれません。

なんやねん?といわれれば、「なんでも無いものですわ」
と答えるしかないんですが、

なんで、「何か」にしなきゃいけないのか?ってことなんですよね。

なんでもかんでも、「何か」にしようとする衝動もね、
これも単なる衝動として、
外に吹く風と同じような自然現象のようなもので、
単に起こっとるだけやったりするんですね。

別にその衝動に従う必要もなく、
従ってても別にオッケー。

ただ、ありとあらゆるものを「何か」にした時に、
元々あるそれそのものを「何か」に変換して、
その変換したものだけを見ちゃうと、
「それそのもの」を見失うわけです。

で、それもまた、単に「見失う」が起こってるだけ、
でもって、あるのは「それ」だけっていうねー。

チャンチャン♪
ですわ。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします