Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

思考は予定を立てるけど、思考の予定は立てられない

f:id:takuteto:20170815202552j:plain

自我ちゃんは整理と分類をするのが好きですからねー。
妙に分類したがるんですよ。
例えば、心と身体とか、思考と感情とかね。
この辺は勝手に分けとるだけで実は一緒のものなんですよねー。

思考は自分じゃないと言う言葉もよく聞くと思いますが、そんな時こう思うかもしれません。
自分が、今から手をあげるで!って考えてから
ちゃんと手をあげることができるもん!
ってねー。
でもねー、身体と思考って同じもんなんですから、
そりゃそうなんですよねん。
身体である思考が考えて身体である手が上がったんですよ。
それを行為した自分はいてませんやんか。っていうことなんですよね。

なんでやねん!わしが考えたんや!と思うのなら、考えは自分がコントロールしてることになるはずなんです。
でも、コントロール出来ないんですよね。

 

えーっと、例えば予定を立てることってありますよね。
後1時間で用意して、家を出て電車に乗って。。。
みたいな感じでね。
ま、これは今の思考がやっとるわけですけど、
じゃあ、思考の予定となるとどうでしょう?

3時間後に気分が良い思考が浮かんできて、
その後、やる気がぐんぐん湧いてくる感じを味わった後に〜、
夕方にちょっとおセンチになって、過去の甘酸っぱい思い出に浸ったりして
「でも、負けない!男の子だもん!」って心の中で呟いてから、
帰路は上を向いて歩いて〜。。。

なんてね。
そんな予定立てられませんよねぇ?

あぁぁぁー。そういえば最近、恋してないなぁ。
せや!今日はあの子に恋してみよ。
ってことも出来ませんしね。

出来るっていうか、起こってるのは、
今、湧いてきてる思考に気づいとるってことだけなんですよね。

で、その思考に入り込んでさらにストーリーを展開させるか?
もしくはほっておくか?

これだけなんですよね。

ほっておいたとして、ちゃんと呼吸は続きますし、
心臓も動きます。
で、思考も起こっては消えていくわけです。

ただ、ほっておくのはまかりならん!という信念がある限り、
その信念が強迫観念のようになり、
思考に思考を重ねるストーリーづくりに入り込んでいくわけです。
そうやってストーリーづくりをしておかないと、えらいことになるで!
っていう恐怖も伴ってたりしてね。

こういうのを読んでますとねー。
んー?どういうことなんや?
わからん。
なんか雰囲気でわかった感じになることもあるけど、
何かわかったのかな?って確かめてみるとやっぱりわからん!
っていうのも、この話をストーリー上の一つのピースとして持ち込もうとすると
途端にピースがさらに必要なピースを生み出しそれを探し、、、と繰り返されるわけなんです。そうするとおわりはないんですよねん。
終わってわかった感じになるときは掴んでないときなんです。

せやからねー。
なんとかしようとするよりは、なんとかしようとする観念の方を見てみるといいんです。
なんで、なんとかしようとしとるんやろ?
このなんとかしようとするエネルギーはどっから湧いとるねん?
って感じでね。
観察してみると、はじめて、そんなん意識してなかったけど、そういうエネルギーがあるわー!って気づけるんです。
そしてそのエネルギーはいかにも正当性があるように単に感じてたけど、
その正当性ってホンマか〜?って疑ってみると、どこにも正当性はなく、
単に起こっとるだけやったりするんですよね。
ちょっとしたクセみたいなものでねー。

そのクセを発見できたなら、
なんやねん!単なるクセやったんかい!って
突っこんであげてくださいね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

記憶ストック

f:id:takuteto:20170815202612j:plain

子供の頃って、記憶のストックがまだあまりないので、
うおっ!なにこれ?すげー!よくわからんけどすげー!
って思う機会が多いと思うんですよねー。

で、
これは〇〇だよーん。
って教えてもらった途端。
ほほう。〇〇か!と固定してしまう。

そうすると、次に〇〇を見た時は、すげー!じゃなくて、
記憶の中にある〇〇を引っ張り出しちゃうんですよねー。

すると、もうそれそのものを見るんじゃなくて、
記憶の中の観念である〇〇の方を見てることになりますからね。

記憶のストックの中だけで生きてることになるわけです。

最初は自分という観念すらなかったんですけどね。

あんたはタクちゃんよ。そして私はお母さん。
ってことを教えられて来ましたのでね。

生きてる生命の感覚は最初っからあるわけですが、
その後付けで、それが自分で、自分はタクという名前で、、、。

この感覚は個々の人がそれぞれ持ってて、、、。
といろんな設定が後から付け加えられて来たわけです。

そういえば、子供の頃はまだ和式の便所がたくさんあったんですけどね。
これ、、、もしかして自分だけ前後逆に教えられてるんやなかろうか?

僕は前を向いてやってるけど、本当はみんな逆に座ってるんじゃないやろか?
だって、水が流れる方向性も後ろから前に流れてるし、、、!!!

ハッ!!!!だまされてるかもっ!!!!!

とちょっと不安になってたことがありました。

 

ま、そんな感じで、最初にあった生の感覚は自分という観念に閉じ込められて、自分の命となり、その命は身体という観念に閉じ込められたりしてきたわけです。

っていうか、自分という観念を採用することによって、その観念を成り立たせる
材料をどんどん付け加えていったわけですねー。

そうなると、この自分を失うことはイコール生命を奪われることになりますので、それを守らなきゃならんわけでして。。。

でも、完全に守れる保証はどこにもないので、延々と自分の周りにちょっとでも高い城壁を立てようと頑張ったりしてねー。

そんなこんなで、聞いたこと、教えてもらったことばかりを見ることによって、すっかりそれがクセづいて、、、
全然隠れもせずにあるそのまんまの「それ」が見逃されておるわけです。

大人になればなるほど記憶のストックが増えて来てますので、もうそのストック内で成り立たない世界は恐怖すら感じるようになってくるわけです。

そうなると、自分と反する考えに対しては敵対心すら持ったりしてね。
その敵対心も自分のイメージの中にあるわけですが、そのイメージの中で戦いが始まったりするわけです。

この構図は、キン肉マン消しゴムを両手に持って、
とあーっ!
ぐわーっ!
って遊んでるのと全く同じなんですけどね。

めっちゃ本気でやってるから、ますます本気でイメージの中の世界を見るわけです。
この本気度はイメージを凝視する力の度合いのようなもんです。
それが執着といわれとるやつですね。

このイメージのストックが増えれば増えるほど、自由なスペースが少なくなってきますのでねー。
なんか不自由感を感じるわけです。

実際に不自由にさせる実態化したモノはどこにもないんですけどね?
持ってくることもできませんので。

でも、もう記憶のストック内を参照するクセが板についてますので、それに気づかないんですねー。

よく、見てみたら良いんですってこのブログでもいってるのは、
気づいてすらいないこのクセにまず気づいてみるってことなんです。

そして、見ることによってこのクセが見抜かれるんですよね。

自分という観念はこのクセから起こる動きですので、この動き自体が動きを沈めることはできません。
歩きながら足を止める。足を止めながら歩く。
みたいなことになりますのでねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

非二元、あるがままとは究極の日常ですのでねー。

f:id:takuteto:20170815202714j:plain

はい。
最近はすっかり寝不足気味のタクさんです。
おはようございます。

なんで寝不足なん?忙しいのん?
っていいますと、そうでもなく、
単にゼルダの伝説っていうゲームにハマってるからなんですけどね。
あのゲーム、なんか終わりどころがないんですよね。

とまあ、それはどうでもいいとして、、、

 

いやー。
先日ね。
タクさんレンタルに応募してくださった方の元に
行ってきたんですけど、
ホント、やって良かったー!って思いました。

2回やったんですけど、
ひとつめは自然に囲まれた行きつけのカフェに連れてってもらいまして、
ゆったりと非二元の話をしたり、いろんな話をさせてもらったり聞いたりしてきました。

ふたつ目も、これまた街中の行きつけのオサレなカフェにお招きいただきまして、、、。
いろーんなお話をさせていただいた後、綺麗な川辺や公園を散歩したりしておりました。

まーあれですね。
非二元って何か特別なものってわけじゃなく、
どちらかというと究極の当たり前。
という話ですのでねー。

もしかしたら、普段自分が過ごすテリトリーで話すっていうのは、
なかなか良いんじゃないか?と思ったりしました。

お話をさせていただいた方も、
どちらかというと、確かめるといった感じで、
どこかで、もうすでにわかってはることですのでね〜。

荘厳な寺まで出向いて、座禅をする!
とか、
のも良いかもしれませんけど、
普段と違う非日常の空間にわざわざ出向いて、何かをする!
っていうのだと、結局そこで何かをつかもう!としてしまうってことも
あるかもしれませんのでねー。

できれば、
肩肘張らずに、リラックスしながらってのが良いんじゃないかなー
なんて思うんですよね。

というわけで、この試みはまた、
ちょこちょこやってみようかなーって思います。

あ、今回タクさんレンタルしてくださった方がちょこっと感想をブログに書いてくれてました。あざっす!

tsukushiworks.blogspot.jp

 

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

光と陰、快楽と苦痛。

f:id:takuteto:20170815202802j:plain

「光がより明るく輝くならばば、陰もまた黒く濃くなる。」

はーい。
タクさんです。
おはようございます。

今日もねー。
こんなことをねー。
ゆーたりしてるわけですけどー。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

しかしまぁ、
なんですなぁ。

やっぱり明るく光り輝きたいっちゅうのもねー。
人情っちゅうもんですのでね。

影が濃くなるんなら、光輝くのもやめたらええんか?
ほんなら、なにもできへんくなるやんか!
夢も希望もないやんか!
ってねー。
思ったりもしたりして、、、。

ま、
実はね。
普通に湧き上がってくる好きなことを、好きに表現してりゃホントそれで良いんですよねー。
それによって、なんか影が濃くなるとかそういうことはないんです。

影が濃くなるっていう例が示す意味は、
苦痛とかそういうものをね、何かしらの欲望でもって
押さえ込もうとするときだけ、その苦痛が色濃くなるっていうことなんですよねん。

そりゃそうですよね。
しょっぱなが苦痛がテーマになってますのでね。
それを打ち消す行為もやっぱり苦痛に伴う物語っていうことになりますのでね。

そりゃそのストーリーを盛り上げれば盛り上げるほど
主役の苦痛は色濃くなるっちゅうもんです。

この主役あってことのストーリーですのでね。

カルマの解放。みたいな修行もちょっとそういう側面があるかもしれませんね。
カルマありきやん!

まあ、とは言っても、そういうことも起こってきますやんねぇ。

だからね。光り輝くのをやめる必要はないんです。
輝きと影は同じもの、二つで一つのパートナーみたいなものですので。
この影も光と同様に祝福してあげると良いんです。

あって良いですし、かき消す必要なんて無いわけですからねー。

そんな風になってくると、
影に見えてたもんも影じゃ無いホントの姿をあらわすかもしれません。

あとは、遠慮せず湧き上がる好きが表現されるに任せておいたら良いんやね!
ってことになってくるんですよねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

全ては何にもなさであると同時に、あらゆるもの。

f:id:takuteto:20170815203528j:plain

全ては何にもなさであって、それでいてあらゆることも起こっとるわけですけどね。
それを掴んだ時点で、分離されてまうわけですねー。

そして、掴んでるものも掴まれるものも、やっぱり全ての中にあるわけで、
結局誰も何も掴んで無いっていうよくわからんことになるわけです。
掴むのも掴まれるのも同じモノ。みたいなね。

つまり、よくわからんことですので、わからんで良いっちゅうわけなんですけどねー。
わかろうと掴んでしまうとそのわかったことが分離されてしまうんです。

全ては愛です。
そして、全ては幻想です。

全ては一つで分離がないんです〜。

っていうメッセージもねー。
掴んでしまうと、単なる観念に早変わりしてしまうんですよねん。

 

全ては幻想なんやったらもう生きてても仕方ないやん!
っていうのは、
それは掴んで観念化してしもてるからそう思ってしまうわけで、
そういうことやないんです。

全ては意味がないなら、何もしなくてもええやん!
っていうのも、そういうことやなくてねー。

こういう言葉って掴んで解釈せんでもいいんですよね。
なので、何も引っかからないとしたら、
別に追いかけずにそのままほっとけば良いんです。
何かが自分の奥で反応するなら、
その反応を言葉で解釈するんやなくて、その感覚を味わってみたら良いと思うんです。

ふぁっと何かが緩む感じがあったなら、
緩むままにリラックスしてみれば良いんですよねー。

すると、
あれ?今までわかろうとするこのエネルギーが、
何かしらを緊張させておっただけで、
その緊張感がどうにも居心地が悪く感じてただけやったのでは?

だれも自由を阻害してすらいないのに、
どうもこの緊張感の中で自由を奪われた気になっていただけやったんでは?

わからないままでも全然やってける。
このことを単にみのがしていたのではあるまいか???
ってねー。
そんな可能性が明らかになるかもしれません。

そんな中に佇んでいると、
あー、この掴もうとするエネルギーも単に自然の起こりとして、
単に起こってるわけだから、
何もそれを突き止めることすら必要なく、
「ある」が「あるがまま」に表現されとるっちゅうことかー。

ほえー。
そのあるがままをどこかで避けている間だけ、
そのことから目を逸らしているだけで、
それはそれで、全然オッケーやん。
ってことすら、見えてきた時にね。
もう探求する必要性も失われていくんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

全てを見ているもの。

f:id:takuteto:20170613120416j:plain

僕らは思考を感じたり、感情を味わったり、
身体の感覚を感じたりすることはできますよねぇ。

だからね。
どうもそこに自分がいる。
っていう勘違いをしとるのかもしれないんです。

で、その見ているものに自分を同化させるわけです。

この同化の力が強ければ強いほど、
当然のことながら、不自由になります。

なんでなん?
と言いますと、

そのとある思考や、とある感情、とある感覚に閉じ込められるからですね。

 

きっと大丈夫やで!
とか、
止まない雨はあらへんで!
とか、
祈ったら楽になるで!
とか、
大丈夫になる奥義のマントラを授けよう!

とかとか、

ま、なんでもいいんですけど、
そういう言葉や行為に触れて、
確かに楽になる場合ってあるんですよね。
せやから、
スピとか宗教に救いを求めるパターンもあるっちゃあるわけです。

なんで、楽になるのかというと、
特定の狭い観念から解き放ってくれるからなんですよね。

で、そこにはより大きな観念が用意されているわけです。
神とか宇宙とか、伝統とかね。

まあでも、実は観念に大きさってありませんのでね。
イメージ上にはありますけど、宇宙だろうが、小さな悩みだろうが
観念は観念でして大きさや壮大さってのはイメージのトリックみたいなもんですのでねー。差はないわけです。

で、観念への思い入れが強ければ強いほど、
また不自由になるわけです。

あ、
別にスピや宗教批判やないんですよ。
スピや宗教に限らず、全ては観念やということです。

観念とは物語やというわけでして、
物語には演じる自分という観念がまたあるわけですね。

この演技がおままごとと同様のものなんです。

つまり、物語以前には自分という観念があるわけですね。
これが分離の観念です。

そして、この自分という観念は常に何かしらの別の観念を必要とします。
自分とはなにか?を常に掴んでおかなきゃ、この自分は確立できないんですねー。

そして、掴むものを増やすことで、より自分の確立を色濃くしようとするわけです。
逆に自分を確立している観念を奪われると恐怖を感じます。

なんでこの自分という観念は、同化できる観念を集めたがるのか?
と言いますとね。
じつは、この自分っていう実体がないからなんです。
この自分のなさを知ってるからこそ、それを恐れるわけです。

だって、自分の身体とか、自分の思考、自分の感情。

この、身体の感覚や思考や感情。。。
これはあるけど、それ以外にあるはずの自分っていないでしょ??
体や思考をコントロールする何かが背後にデーンと控えてるようなイメージはありますけど、探してみるとないんですよね。
だから、常に何かに同化しようとするんです。
身体だったり、思考だったり、感情にね。

なんで、そんなに自分のなさを怖がるんや?
と言いますとね、全てである「それ」を自分という観念という器に入れ込んじゃったせいで、自分を失うと、全てを失うっていう誤解があるからです。

でも、どこにもない自分を失うなんてありえないんですけどね。
なんか、身体がなくなると自分が失われる。
思考や感情がなくなると自分が失われる。
って感じちゃってるんですよね。

それでいて、じゃあ、身体が自分なん?って聞くと、
いや、身体は自分の持ち物の一つや!って言ったりして、
どうも矛盾したりしとるわけですけど。。。

この自分という観念が見抜かれるとね。
今までずっとあった在るが、自分という器から解放されるわけです。
でも、実際に解放されるわけじゃなく、
器に入れたことにしてたという設定だけが見抜かれるだけでね。

月の土地の権利書ってそういえば昔流行りましたけど、
あれに似たようなもんでね。
空中にイメージの線を引いてその線があるように思ってた。
みたいなねー。

宇宙からみた地球はどうでした?
と聞かれた宇宙飛行士が、
「うん。国境の線は見えませんでしたわ」
ってゆーてはりましたけど、
それと似たようなもんで、

自分という無いもんを、単にあるとみなしていただけ
ということが見抜かれるんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

不完全さへの許しが完全さを明らかにさせる

f:id:takuteto:20170809233110j:plain

この話が役に立つのか?といいますと、役に立ちません。

ど・な・い・や・ねーん!
役に立たんのかーい!
ってことなんですけどねー。

ええですやん。
役に立つとか立たないとか。
そういうのに振り回されなくてもねぇ。。。

っていうねー。
そういうお話なんですよねん。

とは言っても、やっぱりね。
役に立つもんを集めたいやないですか。

なので、
いっつも自分にこれは役に立つの?意味はあるの?
みたいな感じでねー。
常に自問してる。ってこともあるかもしれないですね〜。

 

もちろん、何かの役に立つもんを集めたいのは、
不完全さがあるからですね。

なので、より完全な方向を向いていたいわけです。

よくあるメッセージで
「全てはすでに完璧なんです」
っていうのがあったりしますが、

それを聞いても、
じゃあ、今の私はまだ完璧じゃないから何かを見落としてるんだ!

ってね。
思いがちだったりするんです。

そして、その足りないピースを探し求めるんですよねん。

すでに完璧なんですってゆーてるのに、
いつの間にか完璧じゃないという解釈が生まれてしまうわけですね。

『ちゃうんですよ!もうすでに完璧なんですよー!』
「でも、そうは思えないですし、その証拠もあるんですよ!」
『うん、そうは思えないも含めて、完璧なんですよー!』
「え???でもそう思えないんですけど???」

って、堂々巡りをしちゃったりしてね。

その、完璧やないからやっぱり探さなきゃイカン!
っていう最初のボタンがね、もうかけ違ってるんです。

何かしらの思いを参照することによって、
その思いの中に取り込まれちゃってるわけです。

一旦、その思いを置いておいてみる。
今だけね。

そして、思いを置いたままだともしかしたらちょっと居心地が悪い感じがするかもしれません。
それも、ちょっと置いておいてみるんです。

居心地の悪さもたまにはイイジャナイカ!
ってことでね。
思いの判断が張り付いていない、居心地の悪い単なる感覚を意味付けするでもなく、
そのまんま受容してあげてみるんです。

すると、もしかしたら、今まで自分は水ではなく、波の方に注目しとっただけなんとちゃうんか?
っていうね。
その可能性を感じ取れるかもしれません。

波をそのままに、意味づけをするでもなく、相手をするわけでもなく
そこにあることを許してあげてみて下さい。

意味づけのない何にもなさに、リラックスしてみるんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします