読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

目の前の世界。

f:id:takuteto:20170525214301j:plain

そこに目を向けてみれば、
いろいろな経験が起こっとると思うんです。

道を走る車の音。
目の前のモニターの光。
コップから漂うコーヒーの香り。
転がるペットボトルのフタ。
お尻に感じる椅子の感触。
さっき食べたカレーの後味。。。

ってねー。
あらゆる経験が起こっとるんやと思うんですけど、

その経験って何やねん?っていうのを
思考を通さずに見てみるってことなんですねー。

すると何でもないし、何にもないけど、
在る。わけなんです。

 

僕らは瞬時に、これはコップ!この匂いはコーヒー!
って判断します。

そして、その判断を掴み取るんですよね。

掴み取るというのは、ホンモノやと信じる。って感じかもしれませんねー。
これはコップであるということを瞬時に判断し、その判断を信じるわけです。

ホントはね、コップじゃないんですよ。
コップやと習ったからそう判断してるだけでね。

もし、コップなんて文化のない人が見たら、
ナンジャコリャー!ってなると思うんですよね。

赤ちゃんにコップを持たしたら、
すぐに中のコーヒーをぶちまけながら、ペタペタと手触りを確認すると思います。

もちろんね。
コップをコップとして扱わないって話じゃないんですよね。

ただ、こう言った判断や思考っていうのはただの道具である。
ということなんです。

もちろん思考というツールは色々と役にたちますが、
その思考を信じ込んで思考の中に入り込む必要は特にないんですよねー。

この道具の中に入り込むと
この道具の中だけが世界であるように勘違いしちゃうんです。

世界とは知覚され、判断されたモノである。

てな具合にねー。

そうなると、知れば知るほど世界は広がるように感じるわけです。
もちろん知覚の中に入り込んでしまっていると、
知ってることが広がれば、世界が広がるように感じると思うんです。

でも、その反面、見逃すことも多くなるんですよね。
そして、いつしか矛盾に突き当たったりするわけです。

そうなると、自分の立ち位置を決めていかなきゃいけなくなるんですよねー。

で、この立ち位置が自分のアイデンティティーになっていくわけです。

そして、この自分の考えによって作られたアイデンティティーに合わないものは、
自分を破壊する敵のように見えてきたりもするわけでしてね。

もちろん、そこまで強固なアイデンティティーを全ての人が形成するわけじゃなくて
ほとんどはある程度の柔軟性があるわけですけど、
自分に対しての不信感が強ければ強いほど、恐怖感は増していきますし、
アイデンティティーを強化してなんとか恐怖に対応しようとしちゃうわけです。

強固になればなるほど、そのまんまの世界では具合が悪い!
変えていかねばならぬ!っていう思いが強くなりますのでね。
そうなってくると、そのまんまの目の前の世界とのケンカになるわけですね。

受け入れるなんてまかりならーん!ってね〜。

目の前の世界への赦しっていうのは、自分への赦しであるわけです。
恐怖感があるとするなら、どこかに弱い自分があるんですね。

じゃあ、その弱い自分を許してあげてみるといいかもしれません。

もし、それが受け入れられたら、目の前の世界とのケンカの必要性も消え失せるわけです。
ケンカがないという事は
あるがままを受け入れてるってことになりますのでねー。

単にあるがままに在る。というわけです。

ただ、勘違いしないで欲しいのは、
何かを我慢するとかそういうことじゃないんです。

我慢ならーん!なら、我慢しても我慢しなくてもどっちでも良いってことなんです。
そのどっちも許せるならそこに残るのは自由さなんですよねん。

まだまだ、私には不安も起こるし、不満もおこるわぁ〜。
って思ってるのなら、

ええやん。それで!

ってことなんですよね。
開き直るでもなく
そんな自分を許してあげられたら、いいですね〜。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

強固な観念の檻

f:id:takuteto:20170525214859j:plain

おっはようございます!

今日もせっせと猫写真集めと記事の書き溜めに勤しむタクさんです。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

自分を許してあげるんですー。
自分はあかんことないんです。
あかんと思っててもそれでもう完成形でございまして、
あかんという思い込みだけがそこに見せかけのベールのように覆いかぶさっとるだけでしてね。
このベールもそう見なしてるだけやったりするんですよねー。

みたいなことを書いてるわけですけど、これって別に性善説をとってるわけじゃないんですよね。
性善説とか性悪説っていうのは、人間の本性は善であるか悪であるか?
みたいな話なわけですけど、
それは、どっちでも無いんですよね。

外に吹く風は、善なのか?悪なのか?ってゆーてるだけでしてね。

んなもん、あんたのさじ加減ですやん!って話なんです。

ただ、人間っていうのは、一匹狼じゃなくて、群れを作って社会的な生き方をする習性がございますのでね。
そういう意味では、法が必要になってくるわけですね。
中国の法家という考え方は、性悪説をとってるみたいなことを聞いたことがありますが、
悪というよりは、習性のようなもんですね。

風と一緒のようなもんでして、

風はそよそよとなびきますので、善ですやん!っていう意見もありゃ、
台風のように被害をもたらすから悪ですやん!っていう意見もあったりして、
でも、ホントのところはどっちでも無くたんなる習性のようなもんですからね。

 

さて、
実は今日は性善説だとか性悪説だとか、
そんな話を書きたいわけじゃございませんでして、
強固な観念の檻について書いてみようと思ってたことを今思い出しました。

観念の檻ってものすごく強固に感じたりするかもしれません。
だって、どうやったって観念からは逃れられませんし、
あ!ってわかったと思ってもまた観念の檻に知らないうちにはまり込んじゃったりするもんですからねー。

例えば、なんかこう言ったお話会に参加したとするじゃ無いですか。
すると、その時はなんかとってもリラックスした感じになって、
「そっかー。良いのかー。」
って思えたとしてもね。

普段の日常に戻ったらすぐにこの感覚もどっか行っちゃったりしてね。

あー、まだまだ観念の檻が強固なんだねー。
沢山の観念が残ってるからまだまだなんだろうなぁ。
って思っちゃったりして。

なんてこともあるかもしれません。

でもね、、、

実はこの観念の檻って、
ガッバガバなんです。

何がガバガバかと言いますと、
檻を仕切る鉄の棒の仕切りもね。
隙間が空きまくっとるんです。
デブが余裕で通れるほどの隙間です。

なんなら、扉の鍵も空いてますし、
扉自体もダーンって空き放たれておるんです。

それくらいのガッバガバさなんですよねー。
実は。

なので、観念の檻から出るのはホントは簡単なんです。

ただ、、、出るのが怖いだけ。。。
だったりするんですよねー。

今まで観念に頼りっきりでしたのでね。
そこから出てしもて大丈夫なんかいな?

そもそも観念がないと何もできへんのとちゃうんかいな?

みたいなねー。思い込みがあるわけです。

で、やっぱり出られないんですよねん。

観念っていうのは、判断とか思考とか感情とかを、
これはホントウのこと!
と見なすことによって出来るもんなんですけどね。

判断とか感情とかも観念の一部なので、
そういったもんも手放さなきゃならん!
てな誤解もあったりするわけです。

でも、こういうのって単に起こってるだけなんですよね。

それを個人的なものとして信じることによって、観念になるわけです。

単に起こってることに信念をくっつけるわけですね。

そして、そうやって信じてないとウソになるので、
ウソになると、何も始まらないんじゃなかろうか?

っていう誤解があったりするわけなんです。

観念の檻から出てみても、思考とか感情とかは普通に起こります。
でも、それを観念化する必要性が全くなかったんやん!
っていうことが明らかになるわけです。

どうしても観念化しなきゃならんっていう思い込みが、
この檻から出られなくしとっただけかいな!

って感じでね。
拍子抜けするんです。

ガッバガバやん!この檻!
ってねー。
出てみると気づくわけなんですよねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

人は生まれながらに罪を背負っているだとぉ??

f:id:takuteto:20170525214917j:plain

人は生まれながらに原罪を背負って生まれてきてます。
なので、あなたが今、地球に生まれているというだけで
すでに罪を背負っているのです。。。

あ、私ですか?
わたしは第777星系の「高次元」の存在ですの、、、
オッホッホッホ。
つまり私は地球の方々よりも、高い波動ですの。。。
オホホホホホ。。。

あなたの波動が低い証拠に、
あなたの奥底を探ってごらんなさい。

不親切だったり、不寛容だったり、
不安だったり、焦燥だったり、
そういった感情が少しだけでもございますでしょう?

それが、あなたが、まだまだ、
ワタクシほど高い波動じゃない証拠ですのよ。

おーっほっほっほっほ!!!!!

あなたは、これらの黒ーい、低〜い波動を浄化しなければなりませんの。
そうやって地球全体の波動をあげる使命がございますの。

わたしは、そういった小さなゴミムシども、、、
おっと、そうじゃなくて
地球の子供達、可愛い子羊たちを導くためにこうやってメッセージを送ってるんですの。。。

おーっほっほっほっほ!

あなた方、地球人の戦闘力、、、じゃなかった波動の高さは
せいぜい10とか20程度、
かなり頑張っても数千ってレベルですが、

私の戦闘力、、、、じゃなかった、、、波動の高さは530000です…ですが、
もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…

 

お早うございます。
タクさんです。

なんか、途中からフリーザさんが出てきたような感じになりましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は不要な罪悪感について書いてみたいと思います。

なーんていうのかなー。
スピ系とか宗教系?占い系??高次元の存在系??
とかに多いのかもしれませんが、

生まれながらに罪を背負ってる


的な考え方??

生きてるということはそのままそれがカルマ?

みたいな考え方があったりするんですよねー。

全部じゃないですけどね。

なんか、あなたがこの次元に生まれてきていることが、もうすでに神ではなくて、神以下の存在であるわけでして、生まれてきてるからには、何かしらの低い波動がある。

みたいなことを押し付けてくるような考え方なんですわ。。。
僕も何度かそんなニュアンスのことを聞いたり言われたりしたことがありましてね。。。

そうすると、不要な罪悪感を抱え込んじゃったりして、、、
そうか、まだ自分は何かが足りない存在なんだ。
益々、自分を清らかにして、それそのものに近づけていかなければ!
みたいな、変な考えに執着しちゃったりして、、、。

ま、これも冒頭のような変なおっさんの物語と同様でございましてね。
ドラゴンボールの物語となんら変わりがないわけでございます。

つまり物語だというわけですね。

そもそもね。
心の奥底にやましいことはないですか??
なんてねー。

そんなん誘導尋問ですやん。

そう言われるとそういった判断のもとにそういうの探してしまいますやん。

っていうか、作ってしまいますやん。

てなもんです。

そんなん、あんたかって高次元なんやったら、
なんでわざわざ、
私、高貴ですねーん。みたいな面してやってきてますのん?
なんで高い存在とか、自分で名乗ってますのん?
同じ次元に友達いてませんのん?

僕らを導かなきゃダメなんだとしたら、導かれなければ何か困ることがありますのん?
それって、誰の都合ですのん?
それとも、勝手なルールの押しつけですかいな??

てなことでしてね。

ま、もちろん自分の中の探求は良いと思うんです。
癒やしや解放をするのも大賛成なんですけどね。

そこに妙な罪悪感は必要ないどころか邪魔なんですよね。

そうやって癒やしや解放を罪悪感を持ってやってたとすると、
それをやってない他人の中に罪を見てしまう。
みたいなね。

そんな変な観念を持ってしまう危険性もございますのでね~。

どんなことをやってもいいですが、それが優れているということはございません。
ましてや競争でもございません。

金儲けしてるアイツは下賤で、精神修行、スッピリチュアルをやってる私は上級国民ですねん。
なんてことはありえないわけですのでねー。

清らかさが好きでそうなるのは全然いいんですけど、妙な清らかさへのコダワリはいらんと思うわけです。

原罪という言葉に対しての、僕の解釈としては、

自我の芽生えによって、何かを掴み取り、理解していく。といったクセが生まれますけど、
この理解を積み重ねていった先に真理はございませんで、真理は掴み取る以前のそのまんまのものですねん。
ですので、理解の積み重ねによって真理を知ろうとするのは、方向性が違いまっせー。

っていう意味なんじゃなかろうか?
と思ってるんですよねー。

聖書の原文では、罪という言葉は「的外れ」という意味やと聞いたことがあります。

原罪、生まれながらの罪というのは、生まれた瞬間から持ってる罪じゃなくて、
自我の芽生えによってクセづいた、掴み取って理解を重ねるというクセのことをゆーとるんやろうねぇ。。。と思うわけです。

いや、聖書とか詳しくないから知りませんけどね。

ただ、すでに「そのまんま」であって、そのまんまこそが真理であってブッダであるわけですのでね。
元々の罪なんていうのは、ほんとに無いんですよね。

あるとするなら、それは罪じゃなくて、単なる勘違いだけが起こったりする場合があるってことなんです。

勘違いっていうのは素晴らしい自分への過小評価なんですよね。

自己の探求っていうのは、足りない自分をなんとかして上昇させるもんじゃなくて、すでに満ち足りた自分を探す旅なわけです。

足りてないという勘違いを見つけることで、その勘違いから目覚めるということ。

それが足るを知るということなんですよね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

拠り所がない虚しさ

f:id:takuteto:20170525215006j:plain

な~んもない中で、何かしらの中心点を設けようとしますとね。
そこにフラッグを立てなきゃならないわけです。

ここが中心点よ!
っていう印ですね。

それがあってはじめて中心点が成り立ちます。

このフラッグがね。
拠り所となるわけです。

この拠り所とするものは時と場合によって色々と変わってたりするんでしょうけどねー。

でも、拠り所なし!っていうのは慣れてない場合もあると思うんですよね。

 

例えば、こういった非二元的な話についてね。

見抜きが起こったりして、
あ、この中心点のなさ、、、これがデフォやったんやん!
ってね、気付きがあったりして。

でもどこかでまだ、拠り所なしに慣れてなかったりしますとね。

どこを拠り所にしたら良いのかわからん!!

ってな感じになったりしちゃうこともあったりするんですよねー。

「ありゃ??わかったんだけど、全然楽しくない。。。」

みたいなね。

悟った自分。あの時わかった自分を拠り所にしようとしちゃったりね。
でも、それとはたんなる何にもなさですので、どうにもしようがなかったりしてねー。

そういうときって、妙な虚しさを感じたりするかもしれません。

普通に好きなフラッグを立てて、好きにやりゃ良いんですけどね。
どうしても、わかってしまった何かが邪魔をしちゃう。
みたいなね。

分かった何かを拠り所にしようとして、でもそれはなんにもなさですので、拠り所にならず、でもって、好きにやりゃあ良いんですけど、そうなると「分かった何か?」がその邪魔をする。
みたいなループにハマっちゃったりしてねー。

ま、わかったこととかにもそんなにこだわらんでも良いってことなんですけどね。

こういった話は、時に虚無主義的に捉えられたりすることもあったりするんですけど、
そういうことじゃないんですよねー。

そうじゃなくて、
拠り所に囚われなくてもええねんやん!

っていう自由の話なわけです。

とらわれないってことは、
拠り所があってもなくてもどっちでもいいってことなんですねー。

虚無っぽい思いが起こったとしたなら、
「あ、そういうのんが起こってるっぽい。。。」
「あらカワイイ。」

って軽く撫でてあげるくらいでいいと思います。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

きゃーかわいいー!

f:id:takuteto:20170518120208j:plain

最近、服を買いに行った時なんかに思ったりするんですけどねー。

僕なんかはおっさんなわけですけど、
最近の若い人はオトコでも
カワイイ、カワイイ
って言葉を結構普通に使ったりするんだなー。

なーんて感じたりします。

このパンツなら、
こういったアウターを合わせてあげてもカワイイですよー。

みたいな感じでね。男性の店員さんも
ふつうにカワイイって、
自然な感じで、言ってくるわけです。

当初は慣れなかったんで、
「ちょっっ、わしゃ、お、、、オカマちゃうわっ!」
って言いたい気持ちも湧いてきたんですけど、
最近は慣れてきて、

お、これカワイイやん!
なんて普通に言えるようになってきたヤングな僕です。

 

というわけで、
おはようございやす。
タクさんです。

どんな思いも
感情も、
カワイイやん!って言ってあげたらええと思うんです。

自己の探求とかをしてたりするとね。
なんか、自分が一番嫌いなやつやーん。みたいな自分を発見することも
あるかもしれませんねんけどね。

はたまた、他の人に自分の嫌なところを重ね合わせてみたりねー。

そんなことに気づいて落ち込んでみたり。。。

そういうこともあるかもしれないんですけどねー。

ま、どんな自分もどんな他人(のようにみえて、ホントは自分)も、

もうね。

かわいい!の一言で済ませてやったらええと思うんです。

あー。
まだこんなイライラに翻弄されてしまう。
物語にどっぷりと使ってしまう。。。

というのであれば、

「うん。かわいい!」

でもうおしまいにしてしまえばいいわけです。

こんな不安な心が浮かんできた。。。
というのであれば、

「かわいい!」

って言ってあげて、もうおしまい。

てね。

なんだよ!あいつ、割り込んできやがって、、、
かわいいなぁ。。。

ってなれば、なんか許せるかもしれませんね。

自分はこんなこともできないのか・・・。
かわいいなぁ。。。

ってね。自分のことも許してあげられたら良いですねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

何者かにならずとも、あなたはあなた。

f:id:takuteto:20170518120148j:plain

へいへいへーい!
というわけで、お早うございます。
タクさんです。

どうあろうと、「それそのもの」はなんの影響も受けません。
映画のスクリーンに何を移そうが、スクリーンがその色に染まってしまうことはない。

まあ、それはよう分かった。
でもそれを聞いたところでどうすりゃええのん?
どうあがいても、映像は見えてしまいますし、引き込まれてしまいますやん。

ってねー。
うんうん。そりゃそうだ。
というわけで、
今日はそんなどうすりゃええのん!についてのお話を書いてみたいと思いまする。

 

スクリーンの話と同様ですけど、
違う形に例えてみるとしますとね。

目の前の白い玉があるとするじゃないですか。

その玉を
赤いサングラスをかけて見たら赤く見えますね。
でもって、青いサングラスをかけて見たら青く見える。

とまあ、そういうことでございまして、
どう見えてようが、白い玉には違いがないよね。
っていう至極当たり前のことなんですよね。

でもって、
どんなサングラスをかけても別に良いよね。
というのがホントのところです。

でも、サングラスをかけてることに気づかずに、
あー、、、なぜこんなに世界は青いんだー!!!
って思ってはる人がいたとしたら

いやいや、あんさん青いサングラスかけてまっせ。
ってだけでしてね。

なんだよサングラスって、
かけたつもりもないですし、
ここんとこずっと青いんですけど!
そりゃ、たまには黄色い時もありますが、、、。

とサングラスをかけてる事自体に無意識になっちゃってたりして。

で、このサングラスは、日によって色が変わったりするみたいなんですね。
色も濃くなったり薄くなったり。

あまりに真っ黒なサングラスをかけてしまっていて、
もう前がよく見えないよ。。。
てなことになってるのなら、
色を薄くしてあげるのも良いと思うんです。

癒しとか悟りの修行とか、
そういうのも、そういったことと似てるのかもしれません。
でもサングラスをいくら透明に近づけようと、この色は天気のようなもんで
色々と色づきますのでね。
そこに終わりはないわけです。

あまりに黒い時には薄くしたらええねんで。
ってことには役立つんですけどね。

でもサングラスの色については別に問題ではなくて、
景色が青だろうが赤だろうが別にオッケーなわけなんですよね。

単にそういうサングラスの色なんやなってことですし

でも、サングラスをかけてることを認識してないとその色は時に問題になったりするわけです。

じゃ、どうやったらサングラスをしとると認識できるのか?といいますと、
やっぱり外してみないことには、、、
っておもっちゃいますよねー。

もちろん、ホントにサングラスやったら外すのは簡単なんですけどね。

実はこのサングラスって外せないんですよ。

なんでなん?と言いますとねー。

そのサングラス自体が自分だからなんです。
ま、観念上で、ということなんですけどね。

つまりね。
自分が自分を脱ぎ捨てるってことは出来んわけですよね。

「私はいない」
という言葉を聞いて、私がいないを実感できている自分になろうとするのは
無理ゲーなんです。

でも、やっぱりワタシはいないわけなんですよねー。

どうゆうこと?
って思いますよね。

それはね。
僕らが、ワタシだとしている感覚ってありますよね。

そこにはいろんなワタシがいると思うんですよ。
怒ってる私に、笑ってる私。
イジワルな私に優しい私。

いろんな私があると思うんですよね。

でも、無いのはこの私だけでございまして。
中心の行為者はいてないんですよねー。

中心の行為者の私はいるように感じていて、
掴もうとすると掴めないわけです。

なぜなら、あるのは、
怒ってる。笑ってる。イジワル。優しい。
だけだからですね。

そして、
そうして現れているのは、波のような動きでしてね。
サングラスのように取ったり付けたりするようなものでもないわけですねー。

このカラクリの見抜きが起こった時にはじめて、
サングラスを通さない、なんにもなさであるそれそのものが姿を表します。

この見抜きは、
何者かを選んで掴んでおかないと自分が成り立たない。
と思っていた誤解への気づきでもあります。

元々何者でもなかったわけなんですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

分離とワンネス、ワンワンワン

f:id:takuteto:20170518120122j:plain

分離とワンネス

数年前はワンネスワンネス。
ワンワンワン。

てな感じで「それ」を表現されてましたけど、
ここ数年は非二元、非二元、ノンデュアリティ。

ってな感じですね。

お早うございます。
タクさんです。

ここ最近は妙な運動を始めたため、筋肉痛が痛いです。
頭痛が痛いみたいな言い方になりましたが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

分離のなさ。
その分離のなさがあるだけ。
なんですけどね。

そう聞くと、
分離がないということはつまり、ワンネスってことね。
って思ったりするかもしれませんよねー。

ま、言葉で表現するとそういうことかも知れませんけど、
ワンネス!っていう感覚を得る。
ということでもちょっと違いましてね。

単に、在るがあるだけ。
分離のなさがあるだけ。

て方が近いかも知れません。

分離がないから、つまりワンネス。
っていうのも、ある種の概念でしかないんですよね。

非二元っていう言葉も多分そういうことを言ってはるんやと思います。

ワンネス!っていう感覚も一つの概念だよね。
実際は、分離だけがない感じだよね。
分離というのは物事を二つに分けるということ。
この二つにあらず、つまり非二元だよねー。

ってね。
ま、言葉で表現されてる時点で概念なんですけどね。

非二元もまた違う表現に置き換わっていくんでしょうねー。

次は、
〇〇でない。が在る。
ノンティー。

てな表現になったりして。

無いが在る。
ってのは、ちょっと良い線いってる気がしますが、

わかりまへん!が在るだけですねん。
略してワカアル!

ってのが良いかな。

ま、どうでも良いか。

いずれにしましても、言葉は重要ではありませんし、
自分という感覚も、目の前の現実も、
それそのものです。
単にそれを分離として見ているか、そうじゃないか?
ってだけで、おんなじものです。

見方を変えるという話とはちょっと違うんですけどね。
ポジティブシンキングとか、引き寄せのなんとかといった話は
どちらかというと、見方を変える部分に焦点が当たってるような気がしますけど、

この話は、
何かしらの見方があるのなら、そうやって「それそのもの」を見てるだけだよねー。
ってことなんです。

何かしらの見方をもって見ると、何かしらの見え方がするかも知れませんが、
それそのものには違いがない。
そのことの気づきなんですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします