Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

生命の海と表現の波

f:id:takuteto:20170619192429j:plain

僕らの本質は生命そのものです。
ま、当たり前ですよね。

僕らはみんな生きている
生きているから歌うんだー♪
ってことですのでね。

歌が歌えるのもいきてるからであって、死ぬかもしれん!と心配できるのも生きてるからでございます。

でもその生命そのものからそっぽ向いていると、
いつしか、生命の感覚から離れていっちゃいます。

ホントは生命そのものなので、離れることはできるはずもないんですが、
感覚として離れちゃってるような錯覚を抱くんですよね。

そうすると、
生きがいを欲しがるんです。

生きてる感覚が欲しくなるんですね。
それが、天職さがしだったり自分探しの旅なんていうことになったりするのかも知れません。

 

天職といったものが個々人にちゃーんと設定されてるのか?というのは知りませんけど、その仕事があっとるのかどうかについては、
休みの日でも、お!これは仕事に活かせそうやな!みたいなアイデアが湧いてくるかどうか?
もっというと、休みの日かどうかの境界が曖昧であればあるほど、遊びに近い感じであればあるほどそれはあっとる仕事やと言えるのかも知れませんね。

自分探しの旅っていうのも、知らず知らずのうちに身につけていた習慣や考えを改めさせるっていう意味では、全く別の文化圏に飛び込んでみるってのは良いのかも知れませんねー。
たまにはみんなでガバディをしてみるのもアリかな?笑

ま、とにかく、何かしらの解放感っていうのは、実は新しい文化に触れたから味わってるんじゃなくて、いままで自分で握りしめていたある種の観念を手放したから感じてたりするんですよね。

長年望んでいたことが叶った時や、欲しいものが手に入った時もそうなんですけど、それは望みや欲しいものに対する欲求が無くなったという解放感だったりするんです。

で、望んでいた解放感にずっとリラックスしてりゃ良いんですけど、それだと方向を失った感じになってきて、また新しい目標が必要になってきたりしてね。

もちろん、面白く目標を目指して遊んでみるのも全然アリですし、それはもうゲームのハイスコアを叩きだそうとして夢中で遊ぶのと同様にやってりゃ良いんですけど、
方向性を見極めようとしたりしても、じつは方向っていうのはありませんのでね。

海の表面に起こる波のようなものですので、上がったり下がったりしてるわけです。
上がるのがよくて下がるのが悪いってわけじゃなく、単に変化が常に起こってるんですよね。
その変化に無理くり良し悪しをつけようとすると、波の山が大きく盛り上がってるのがよくて、下がってくるのは調子が悪い。
と判断してみたところで、それは単にそういうことにしましょってだけの話ですので。

横断歩道の白いところだけ踏んで渡ろうぜ!
踏み外したらサメに食べられちゃう!ってことにしようぜ!
って心の中で決めて、不自然な歩き方になってるのと同じことなんですよねん。

海に波が起こるのは、海があるからであり、
波の正体は海そのものなわけです。
そしてあらゆる波は海から離れて存在することはできなければ、
その海自体は分離しているわけじゃなくひとつながりです。

それと同様に、
僕らが笑うのも歌うのも生きているからであり、
おかーちゃんの中に宿ったのも、お腹から出てきたのも、
命があるからそうできたわけでして、おかーちゃんの中に宿る前にも
ちゃんと命はあったわけです。

いろんな表現として現れては変化を続けていますが、
そんな僕らは命そのものであることには変わりはなく、
命を離れて存在することもできなければ、
その命は分離しているわけじゃなくひとつながりなんです。

なのでねー。生きてる感覚が欲しいのなら、新たな波を探すよりは、
波に意識を向けるのをやめてみることです。

その波というのは、心や思考や習慣、そして記憶や感情やルールみたいなもんですかね。
意識を向けるのをやめても、ちゃーんと機能してくれますので大丈夫なんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

豚に真珠。馬の耳に念仏って実はこんな意味だったりして。

f:id:takuteto:20170629182215j:plain

「この世とあの世」みたいな話がありますよね、で、もしそういうのがあったとしましてね。
この世ではあの世のことは秘密になっているのだとしたら、
もう完全にあの世のことはわからない仕組みにしておかなきゃいけないですよねぇ。

前にも多分何度か書いたんですがね。

僕、子供の頃、
神さまは作りがあらいわ!
はっきり言って下手くそ!
詰めが甘いわ!

って思ってたんですよね。

だって、あの世があることがもうバレバレなんやもん。

それがバレるような世界作りしたらあかんやん!

って思ってたんですよね。

カブトムシは自然に幼虫からサナギになり、
羽化をして木の蜜を求め、オスとメスが交尾をして、
卵を産む。

誰に教わることもないのに本能でそう動く。

渡り鳥は地図もないのに旅をするし、打ち合わせもなく、
自然に隊列を組む。

小さな魚の群れは一斉に同じ方向に動いたりする。
誰に教わることなくね。

蛾はフクロウのように見える擬態をして天敵から身を守り、
カメレオンは体の色を変えて身をひそめる。

ね。

あかんやん!
バレバレやん!!!

絶対あの世で打ち合わせしとるやん!!!

あの世であらかじめ準備してるやん!!!
どう生きるかすでに決めてきてるやん!!!

せめて、
そこはバレないような世界作りにしておいてくれんと、、、。

みたいなことを考えては、
「神よ、、、。バレとるんやで。。。」
と心の中でつぶやいて見たりしてね。

 

でも、実は隠されてさえいなかったんですよね。

トニーパーソンズさんの言うように、
オープンシークレットやったと言うわけです。

そもそも分離してないので、あの世もこの世もなく、
打ち合わせが必要だったこともなく、完全に調和しておる世界やったというわけです。
誰も何も隠してさえおらず、
勝手にあれこれとルールを作っておったのは
僕らの方やったわけです。

あるのはこの世でもあの世でもなく、完全な調和のみやったんですね。

自身でルールを作りそのルールを誰かに教え、また、誰かに教わったルールの中の世界だけがあべこべやったんです。

しかもそのルールは文化や時代によって変わるわけですが、どの時代のどの文化の人も、
わしらのルールが正しい!と漠然と思ってるわけです。

大昔は政治を占いでやってたそうです。
そんな占いで政治をしてた人は、今の政治のやり方を見るとこう思うかも知れません。
「アホやなー!人が考えることなんて、曖昧で都合のいいことばっかりなんだから、人が政治を決めてどうするんや!それ、まとまるんかいな?」
ってね。

逆に今の人は
「占いで政治を決めるなんて昔の人は迷信ばっかりでアホやなぁー」
と思ったりしますよね。
で、我らは進化をしたんや!
なんて思い上がっちゃったりして。

このどちらもが、単なるルールで、そのルールを通して世界を見ておっただけやったりしてねー。

群れの魚は一匹の個別の魚たちが集まってるんだ!思ってるのも勝手な人間の判断で、
魚からしたら群れで一つなのかもしれませんし、それ以前に分離なんて考えすらないんでしょうね。

ゾウリムシは単細胞生物だー!っていうのなら、もしかしたら僕ら人間は細胞という個別の群れだとも言えるかも知れません。

そもそも群れだとか個別だとかという考え、ルールも人の中にあるだけのものですからね。しかもそのルールを教わったりして知っている人たちの中だけで共有されてるルールでしかないわけです。

豚に真珠。
馬の耳に念仏。

このことわざって実は豚や馬には本物の価値がわからんでぇっていう意味じゃなくて、
価値というルールにしばられてる人のことを表現したことわざだったりしてね。

人間よ。お前らだけやで、真珠や念仏をありがたがってるのは。
馬や豚が興味がないということは、それが真実の価値ではないっちゅうことや。
そんな価値にこだわる暇があったら、自身から湧き出る表現を単にそのまんま表現してやりなさい!

みたいなね。

つまりノリノリでおったらええんやんってことですね。
妙なルールの顔色を伺う必要はないっちゅうわけですねー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

今ここに起こってることの愛おしさ

f:id:takuteto:20170304205035j:plain

僕ねー。
とっても弱い映画のジャンルがあるんですよ。
弱いってのは、泣きそうになるっていう意味なんですけどね。
そのジャンルってのが、なんて言いますか、
何だかんだと色々あった後に
ラストシーンで子供だったり青年だったりした主人公が
時はたち、おじいちゃんとなって登場して、
その頃を思い出す。みたいなパターンの映画なんですわ。

わかります?

んー。
例えば、リバーランズスルーイットとか、ニューシネマパラダイスとか、
ゴッドファーザーもそうかなぁ?
そういう感じのやつ。

 

あのじいちゃんが昔を思い出すシーンの感じって何でしょうねー。
切なくもあり、それでいて暖かくて、
なんていうか優しさと愛に満ちているって言いますか。。。

何だかんだが起こってる時は、色々と大変やったりしたんですけど、
じーちゃんになって、そのシーンを思い浮かべる時は、
なんとも愛らしい思い出に変わってる。
みたいな感じね。

ソレなんですよ!
それがソレなんですよ!

ちょっ、、、なんやねん急に、、、。

って話なんですが、
ほら、
自我ちゃんだろうが、カルマちゃんだろうが、
自分の悩みや不安だろうが、
それらって可愛いですよねー。
そして可愛がって欲しくて出てきとるもんですので、
まずは、なんだかんだとその思いをどこかに押し込めようとはせずに、
抱きしめて可愛がってあげてくださいねー。

とかね。
ゆーてますけど、
その可愛いっていうのがわからんわぁ〜。って思われるかも知れません。

その可愛いっていう感じがね。
なんていうか、映画にあるように、
じーちゃんが何だかんだのシーンを思い出す感じ?
それに似てるわけですわ。

なんていうか、ほら、じーちゃんは、
何だかんだのシーンをとっても愛おしく思い出したりするやないですか!
その感じですわ。

その愛おしさ、それが今その場でも感じられるんです。
見てあげて愛でてあげる。
っていうのもそういう感じなんですよね。

「全ては愛であり、起こってることは愛の表現なんです。」
なんて表現されてるのも、この感じのやつやと思うんです。

個別の愛じゃなくて、普遍の愛っちゅうやつですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

どこもかしこも、自分だらけ

f:id:takuteto:20170619192451j:plain

森山直太朗さんの歌で「どこもかしこも駐車場」って歌があるんですけど、
知ってます?
あのうた、良いですよね!
オモロくて、切なくて、、、。


森山直太朗 – どこもかしこも駐車場 Studio Session 2016

ま、シュールな歌の話はいいとして、

思いません?
どこもかしこも、自分だらけやないか!って。

なんや?
どうしたんや?
ちょっと意味がわかんない。

とか思われるかもしれませんが、

ほら、
お腹が痛い、、、。となると、お腹が自分ですし、
今日は気分が優れない。。。となると、気分が自分ですし、
ディレクターのタクさんです。とか言いながら名刺交換をすると、
ディレクターが自分となりますし、

デュフフ良からぬことを考えちゃった。。。と思ったら思考が自分ですし、

挙げ句の果てには、
あなたが見ている他人はあなた自身の投影です。
とか言われちゃって、、、。

オイオイ他人も自分なんかい!

駐車場どころやない!
どこもかしこも自分だらけやないか!

 

そりゃ、自分運営は大変なわけですわ。
だって、絶対にコントロールできないものばっかりですもん。
それを運営しなきゃいけないなんて、無理ゲーやないですかねぇ。

そこで、そもそも論の話なんですけどね。

自分っちゅうのはホンマに存在しとるんか!
っちゅう話なんですよ。

何回も「私はいない」なんてことを聞いた方もおられるでしょうし、聞いた時はなんとなーく。
うんうん。そうだねー。
って思っても、いつしかシラーっと私は戻ってきていて、普段通り、自分の経験として起こってくると思うんですけどね。

で、ああ、まだ自分は自分という観念から目覚められていない。。。
って、思ったりもして。

でも、どこもかしこも自分だらけってことは、自分の存在ってなんやねん!
っていう話なんですよ。

もしかしたら、すべての経験は確かにあるけど、それと自分という観念は関係ないんとちゃうんか?
もしかしたら、自分だけがいないんとちゃうんか?
っていう可能性をね。見てみると、何かが見破られるかもしれません。

経験の後に、その経験の中で自分と対象を瞬時に作り上げとるんですよねん。

経験には行為者は必要なかったんですよ。
そんな起こってくる経験の中で、自分と対象を瞬時に作り上げ、自分の経験やとしとるわけです。

そう。
わしが育てた!とでも言わんばかりに。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

 

 

何にもないと全部あるって同じことなんですよねん。

f:id:takuteto:20170531145126j:plain

何にもないと全部あるって実は同じことなんですよー。

「ちょっと何言ってるのかわからない。」
ってなるかも知れませんが、そうなんです。

もちょっと説明して見ますね。

簡単に言うと、それって分離のなさを表現しておるわけです。

僕らが何かを掴み取るには輪郭が必要です。

つまり境界線が必要となるんですよね。

僕の指はここからここまで。
腕はここからここまでで、体はこの範囲が身体でー。

日本はここからここまで。みたいなね。

でも、そんな境界線ってイメージの中だけにあるわけでホントはないですもんねー。

宇宙飛行士が宇宙から帰ってきたときのインタビューでもゆーてはったやないですか。
「宇宙から見た地球には国境線は見えませんでした!」

ってねー。

僕もねぇ。これを聞いて思いましたよ。

あっ!ズルいぞ!このおっさん!宇宙行く前からこれ言おうって決めてたなー!
ってねー。

宇宙に行く前に、飲み屋で後輩と相談しとったんやないでしょうか?

先輩「どうする?インタビュー?」
先輩「地球は青かったは取られてもうたしなぁ。」
後輩「あれを超える一言がほしいっすねぇ」
後輩「先輩!丸いねん!地球は丸いねん!って言うのはどうでしょうか?」
先輩「アホか!そんなことゆーたらアホかと思われるわ!」
店内にイマジンの曲が流れる・・・。
後輩「良い曲ですねぇイマジンは。」
先輩「イマジンに文句言う人はそうおらんわな」
後輩「そうだ!宇宙には上も下もありません。みたいな、人の上に人を作らず的なことを言えばどうでしょう?」
先輩「長いし、ちょっとややこしいな。もっと一言で、青かったよりも強烈な一言やないとあかんねん!」
・・・
先輩「そうや!国境がないってのはどうや!イマジンでもそう歌ったはるし!誰もそのことで文句言わんし!」
後輩「良いっすね!先輩!それ練習して見ましょう!サラっとさりげなく言うと名言間違いなしっすよ!」
先輩「せやな!ええこと言おうとして緊張してしまうと台無しやしな!今から練習やっ!!!」

みたいなくだりがあったんとちゃうやろか
って思うくらい完成された一言でしたよねー。
・・・

あかん。。。
めっちゃ話がそれてしまいました。

ちょいと話を戻しまして、、、。

 

全部あるから思いのままなんでも掴み取ることが出来るわけですが、
掴んだ途端にその境界線が足りない部分をも同時に作っちゃうっていうわけなんですよね。

人って、どうしても何かを掴んでそれを固定化しようとしちゃうんです。

「ああ、このまま時間が止まればいいのにぃ〜。」
「デュフ、デュフフフフ。。。」
みたいな恋人同士みたいにね。

元々はねー完璧なんです。
で、自分という存在は、その完璧さをどこかで知ってるから、
そこに近づこうとするのかもしれませんねー。

ただ、この「自分という存在」。
それ自体が、一つの作られた枠組みであって、
それが枠組みであるがゆえに、その枠が分離という観念を作り出し、
その観念が足りないという思いも生産しちゃってる。

だから尚更、何かを掴んで足りないを埋めようとするわけですが、
全ては常に変化し続けていますので固定化することもできず、
とっておくことも出来ないので、何をどう掴んでも完璧にはなれないといったジレンマに陥ったりするわけなんですよねー。

掴まなきゃ、満ち足りた全てを実感できないという勘違いがそういったグルグルを生じさせておるわけですが、
一度、「ある」とか「ない」とかいう妙な設定を置いておいてみる。
そして、なんもない中にリラックスしてみますと、
「ある」「ない」というのは、単なるこだわりであって、
そのこだわりが物語を生み出しとるだけやったんやん!
てなことが明らかになってくるんです。

単なるイメージ上の輪郭線は実態は無いのは明らかですので、何もないと言えますし、
どんな線を空間に描いてもその空間はすでにありますので、
最初っから全部あるとも言えますし、
実際は線を描いてそれをつかみ取る誰かがいるわけじゃないので、
「ある」への執着を持つ必要性も無くなるわけです。

またややこしいですが、必要性がないから持たなくなるわけでもなく、
必要・不必要といった基準に従わなくてもよくなるわけですので、
ま、クルンと回って何も変わらないってことにもなるわけです。

これ以上書くともっとややこしくなりそうなので今日はこの辺で〜。

 

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

思考と感情とリアリティ

f:id:takuteto:20161018210314j:plain

思考や感情の声を真に受けている間は、
その声による物語が頭の中で展開されますよね。

真に受けるとは、真実として受け取るっちゅうことですからね。
その物語も真実味を持って受け取っとるわけです。

もちろんイメージの中でね。

これはね。
別に自分の中の思考や感情だけに限りません。

他の人の声も、
社会のルールとかも同じことです。

自分の思考や感情は良いんですけど、
他の人の声、社会がルールを押し付けてきちゃってもう、、、。

みたいなこともあると思うんですけどね。

それも、それを真に受けている間だけ、その物語が展開されておるんです。

そうそう、
お釈迦さんの話で有名なやつがあるやないですか。

細かい内容は忘れたんですが、
たしか、お釈迦さんに向かって、えらい悪口を言ってくる人がいて、
お釈迦さんがその人に向かって、
「チミチミ、その悪口を私が受け取らなかったら、その悪口は誰のものですかねぇ?」
「フヒヒヒヒ」
って言ったって感じの話です。
フヒヒヒヒの部分はフィクションですけど。

ま、他の人からのルールの押し付けも、
悪口や批判も、
結局はその人が見ている物語を披露してるにすぎませんので、
受け取らなきゃ単にその人の一人芝居となります。

 

別にこれは悪口だけに限らず、非二元の話もそうだし、
悟りの話もそうなんですよね。
真実である空に入り込むマントラを授けよう。このマントラがあなたを悟りに導くであろう!っていうのもものがたりなんです。

だから、よく僕は、そういった話のなかに真実を探そうとするよりは、
これは、ファッと力が抜けるようなツールとして使ってくれれば良いなぁと思っておるわけです。
で、自身がなにか
掴み取っていた考えを掴み取るその力がファッと抜けたなら。
抜いたままにしてみたらええんじゃないでしょうか?というおススメ、提案なわけですね。

ちなみにこれは、いろんなことを真に受けたらあかんで!って言う話でもありません。
それだと、全ては嘘なんだ!社会なんて嘘っぱちだぜ!
みたいな中二っぽい物語を展開させるだけですしねー。

どんな物語も等価値ですので、
良いも悪いもないんです。
それが良いとかそれが悪いとかもその物語を真に受けてる間だけそれに伴った物語が展開されるってだけです。

ま、等価値というからには、同じ価値なのか?というとそういうことでもなく、
キリンさんとゾウさん。のような感じと言いますか、
比べることに意味がないって感じですねー。
キリンさんにもゾウさんにも点数化された価値みたいなものってないのと同じことです。

でね。そういった観念を全部置いておくとしたら、
まるで何もかもがなくなるような錯覚があるかもしれませんが、
何も失うものはないんですよね。

そういった物語を置いておいたとしても、
いきなり、「うおっ!息が・・・」とかなって死ぬわけやないじゃないですし、

いきなり着てる服が消えるはずもないですし、
もってるものが急に消え去るわけでもありません。
なにも一切失うものはないんですが、何も持つことも掴んでるものもないわけです。

あらゆる観念をぜーんぶ置いておくと、そこには全部が残るんです。
イメージというフィルターを通さないそれそのものがねー。

それは無味無臭な虚無的なものではありません。
虚無的に感じるとすれば、それは何かを掴まなきゃ空っぽになるという物語を真に受けていて、そういう物語を見てるってだけなんですよね。

全部が残るので、足りないものはありません。
全ては諸行無常ですので、常に動いています。
止まる何かがあるわけじゃありませんし、掴み取られる何かもありませんので、
ナマの生命感が残るんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

夢からの目覚めと非二元の理屈

f:id:takuteto:20170310221035j:plain

ふあっ!
単位が足りへん!!!
ヤバイ留年や!!!!

おはようございます。タクさんです。
なんやねんいきなり。あんた学生やったんかいな!
みたいな始まりですが、もちろん僕はおっさんでございます。

実はこれ、以前、結構何回もみてた夢の話なんです。

大学を卒業して、就職してしばらく経ってからも結構見てたりしてたんですよねー。
まあ、それほど単位がギリギリやったわけなんですけど。

でね。
おもろいことに夢の中で、言い訳を始めたりするんですよね。

あ!!でもオレ、もう就職してるし!
それに卒業証書ももらってるし!

だから、今さら単位足りませーんとか言われても、
知りませーん!で押し通せるんとちゃうやろか??

そうそう!こっちには卒業証書があるんやから勝てるやろ!

ってところで、ちょっと安心して目がさめるわけです。

この、「わしは卒業証書を持ってるねんで!」ってのが、夢から覚めるフックになっとるんですよね。

で、目がさめて、ちょっとの間は、まだ「卒業証書持ってるねんで!」って思ってるんですが、徐々に、
おっ!夢やったんかー!良かったー!そういえばまたこの夢みたなぁー!
ってなって目がさめてくるんです。

「卒業証書持ってるねんで!」が夢を夢と見抜く一つの手段になっとったんですな。

 

さて、この現実っちゅうのも、夢と同じようなものでございます。
イメージのようなもんですね。
その証拠に全く同じ現実を生きている人はおりません。
全てがオリジナルです。
まあ、非常に似てる部分があるからややこしいですけどね。

この現実も、現実というイメージの中にはまり込んでいると、それをイメージだとは見抜けません。
そんな時には、非二元の理屈は役立つことがあるかも知れません。

夢で言うところの「卒業証書持ってるねんで!」みたいなもんです。
「ん?もしかしたら、自分は何かしらの観念の元、その観念から生み出される物語に引っ張られておるんとちゃうやろか?」
みたいな感じで、ちょいと落ち着いてみるって感じです。

もちろん、理屈というからには、どんな理屈もイメージの中の物語ですので、非二元の理屈だって、物語の一部なわけです。
なので、理屈を追い求めてもその先に答えがあるというわけやありません。

非二元という何かがあるわけでもなく、
悟った誰かがいるわけでもなく、
観念という何かがあるわけでもなく、
自我やカルマというものがあるわけでもないわけですが、

ただ、あんた、イメージにはまり込んどるで!というのに気づかないことには始まりませんので、なんていうか準備体操的にそういう理屈を利用するのはアリなんです。

僕もよく、なにかをしようとせずに、単にそのまんま見てみたらいいんです。
とか書いてますけど、見てみる以前にイメージにハマりこんどることに気付かなきゃいけませんのでねー。

そういう時に非二元の理屈を参照してみるのはアリかも知れませんね。

ハマりこんどることに気づいたらあとはその理屈も一緒にポイっと捨ててしまえばええんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします