Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

経験という名の色眼鏡

【はじめに】 【変化の時代】 【流行という概念】 【経験が通じるパターン】 【経験という名の色眼鏡】 【はじめに】 はーい。どうもおはようございます。タクさんです。 昭和初期の東京ってね。かなりおしゃれなんですよね〜。 なんかね。イメージで言うと…

退屈さという錯覚

【はじめに】 【退屈が当たり前】 【当たり前】 【コレのこと】 【はじめに】 へーい。おはようございやす!タクさんでやす! ひょえー。眠い。あかん。最近は時間を吸い取るゲームが多すぎる! というわけで、皆さんいかがお過ごしでしょうか?僕は遊んでば…

ため息はちゃんとついておこうね

【はじめに】 【やな感じは何のせい?】 【誰も悪くない】 【ため息はちゃんとつこう】 【はじめに】 いやー。どうもおはようございます。タクさんです。 足のスネあたりに変な靴ずれのような跡があって、どこで擦りむいたかな〜?って思ってたんですけどね…

自由について

【はじめに】 【自分の思い通りになるというのは、はたして自由なのか?】 【自我ちゃんが求める自由】 【真の自由とは?】 【はじめに】 はーい。どうもおはようございます。なんかシムシティ的なゲームにハマって、徹夜をしてしまったタクさんです。 朝に…

自我ちゃんの働きの仕組み

【はじめに】 【思考の働き】 【独り相撲】 【自我ちゃんと抵抗】 【はじめに】 はーい。おはようございます。タクさんです。 自我ちゃんを愛でるだとか、自我ちゃんを置いておくだとか、自我ちゃんを許可するとかね。 色々言ってますが、じゃあその自我ちゃ…

当所即ち蓮華国、この身即ち仏なり

【白隠禅師】 【当所即ち蓮華国、この身即ち仏なり。】 【条件を取り去る。思考を取り去る。】 【白隠禅師】 ほい。おはようございます。タクさんです。 白隠禅師っていう、エライ禅僧の言葉でね。「当所即ち蓮華国、この身即ち仏なり」って言葉があります。…

「コレ」とはオープンな秘密である

【はじめに】 【僕らは見たいものしか見れない】 【見ているものは脳内景色である】 【オープンシークレット】 【はじめに】 はーい。どうもおはようございます。タクさんです。 いやー。季節の変わり目。皆さん体調はいかがでしょうか? 季節の変わり目って…

自分を不安におとしいれる要注意ワードに気をつけよう

【はじめに】 【不必要な不安】 【私をだまくらかすワード】 【あなたに足すものなど必要ない】 【はじめに】 ほーい。どうもおはようございます。タクさんです。 まー、みなさんね。不安になるのってイヤですよね〜。 ま、実際のところ不安が悪いのか?とい…

平安でありたいという願いが、平安さを覆い隠している

【はじめに】 【平安でありたいという願い】 【思考ちゃんの最後の抵抗】 【抵抗こそが思考の原動力】 【はじめに】 ほーい。どうもおはようございます。タクさんです。 昨日はちょっと更新できなくてごめんちゃい。ワクチンの二回目接種のあとの副反応です…

最近、熱中するものがない??

【はじめに】 【熱中オヤジは少々暑苦しい】 【熱中できるものがない問題】 【熱中がなくなる理由】 【ただ単に好きを遊ぶ】 【はじめに】 ほーい。どうもおはようございます。子供の頃は、阪神子供の会に入会していたタクさんです。 阪神子供の会に入会して…

悟りと錯覚

【はじめに】 【悟り体験の弊害】 【体験に変換された悟り】 【観念化の重なりが多くなると混乱する】 【はじめに】 ほい。どうもおはようございます。タクさんです。 若い頃ってねぇ。やたら眠くありませんでした?僕なんかは、年中眠くてですねぇ。 口癖の…

悟りって何に悟ったの??という問いのワナ

【はじめに】 【何かがわかった感覚】 【走るのに疲れたら休めばいい】 【なにがわかったんだっけ?と問いかけると途端にわからないが復活する】 【じゃあどうしたら良い?】 【はじめに】 ほーい。先日の地震で部屋が水浸しになったタクさんです。まー、部…

非二元や悟りの話は論理破綻している?

【はじめに】 【非二元や悟りの話は論理破綻している?】 【悟りには段階がある??】 【理屈が合わないと思考が混乱する】 【思考の混乱に付き合う筋合いは無い】 【はじめに】 はーい。どうもおはようございます。タクさんです。 僕は仕事がら、毎日パソコ…

特別さがないからこそ、完璧

【はじめに】 【思考には取っ掛かりが必要】 【なんでもないものは掴み取れない】 【特別を超えたものだからスゴイ!という錯覚】 【特別さというものは無い】 【はじめに】 ほい。おはようございます。タクさんです。 お父さんはみんな、昔不良だった! み…