Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

明鏡止水と水と波。

f:id:takuteto:20170809233322j:plain
ホーン!

というわけでおはようございます。タクさんです。
昨日お知らせした、タクさんレンタルと空のお茶会はおかげさまで定員に達しました。ありがとうございます。
えー。行こっておもてたのにー間に合わんかったー!というお優しい方。
ごめんなさい。またやりますので、よろしくお願いします。

さて、、、

心の動きを水面に起こる波だとしたら、
その動き。つまり波が気になったりするから、
その波を沈めたら、この思考から離れられるんとちゃうかいなぁ?

って思ったりするじゃないですか。

で、そういったテクニックってたくさんありますよね。

そういった試みが功を制して、波が静かになった時なんかにね。

あ、そうか。この思考を頼らなくても、ちゃんと在るんだ。
みたいなねー。発見をすることもあると思うんです。

今まで、波をなんとかしようと、その波を打ち消すために、別の波を立ててたりしてたわけですよね。

波がない水面ってのを知らんかったわけです。

その波が収まった時、そうなんやー波がないって成り立つんやー。
みたいなね。
そんな気づきがあるわけです。

この波の動き。そのエネルギーが自分という観念やったわけですね。

・・・

 

と、
ここまでは良いんです。

でもやっぱり水面ですので、風が起これば波も立つわけですねー。

すると、波がやはり気になるわけです。
あれ、あんなにすっきりと波がやんだ瞬間だってあったのに、、、。
また波立ってる。

でも、この波に別の波で対抗しなくても良いことは知ってるんだぞ!!!
てなもんで、沈めるのが上手になってるかもしれません。

ただ、どこかに残ってる大波への憧れ・・・。
みたいなものもあったりしてねー。

今までは、かっこいい形のより良い波のあり方を追い求めていたのに、、、。
波の無意味さを知ってしまった今、自分はどこに進めば良いんだろう??
みたいな思いみたいなもんもあったりして・・・。

そして、その思いもまた、一つの波なので、、、。
あれ???わかったはずなのに、また波にのみこまれてる。。。
と、右往左往してみたり。

これって、まだ波の方に注目してるってことですよねー。

でも、本当にあるのはなんなんやろう???って見てみると、

ありゃりゃ??波があろうがなかろうが、あるのは水だけやん!

あれ?なんで波にこだわる必要があったんやろう?
どんな波が起こってるように見えてても、水は一切変わってないやん!

ってねー。

この水への気づきには、もしかしたらまずは波への気づきが必要なのかもしれません。

でも、水への気づきが起こっちゃうと、波がどうあろうと何も変わってないってことになります。

なのでねー。
例えば、先生によっては、
波をしずめる系の話をしている場合もあるし、
いやいや、波がどうあろうと水は水やで。話をしている場合もあるわけですねー。

それしかない。
起こることが起こってるだけ。
ってのは、水の話ですし、

思考にとらわれずにいると、そこに静寂がある。
っていうのは、波の話なわけです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします