Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

掴まなきゃ、全てはすでにココにある。

f:id:takuteto:20170803222631j:plain

何でもかんでも対象化する必要があるのか?
っていうのをねー。
一回疑ってみるのも良いかも知れません。

その対象化って、いつもホントに正確で正しかったでしょうか?
もしかしたら結構曖昧なことも多かったんじゃないでしょうかー?

そしたらね。
何でもかんでも対象化する必要性ってホントにあったんかいな?
って疑ってみるんです。

何から何まで対象化して掴まなきゃいけないものなのか?
もしかしたら、その信念に誤りがあったんやなかろうか?

ってねー。

 

たまに、悟りの理論とは?
みたいな質問も受けたるすることがあるんですけどね。
時に、それが、なんか
ラッパー対決みたいな感じで、
この質問にこいつはどう返してくるのか?
みたいなもんをメッチャ試してきてますやーん。
みたいな質問があったりもするんです。

なんていうか、理解の深さ対決!!!
みたいな感じでね。

まあ、その理解しようとすること自体がちゃいますねん。
って思ったりするんですよねー。

あなたはブッダのいう◯◯についてはどう解釈しているのか?
あなたの主張する???は何を指し示しているのか?

みたいなことを聞かれたりしてね。。。

だいたいは、
「そういうの詳しくないんですぅ〜。あしからずぅ〜。」
ゆーてるんですけど。

まあ、そういうゲーム?学習?の面白さもあるんでしょうけど、
そこは、よっしゃそういうゲームしようぜーってことで、
集まってやれば良いんちゃうん?
と思ったりもするわけです。

これが、単なるゲームやん!
ってことに気づけたら、あっという間に深刻さは消え失せます。

気づけてない間だけ、そういった深刻さがあるように見えてるだけなんですよねん。
その奥には、何でもかんでも、
掴んでなんぼ!
っていう信念があったりするのかも知れません。

もう当然のこととして染み付いてたりします。

疑う余地もなく、「掴んでなんぼ!」が染み付いてるんですよねん。

掴んでなんぼ、掴まなきゃ始まらない!

ってことから、探求が始まるわけです。

その探求の終わりは、掴んでなんぼ!って嘘やったんやーん。
っていう気づきなんです。

だって、掴んで得たものって一個も無かったんですもんね。

逆に掴むから、小さく感じてた。みたいなね。

水の中で水をつかもうとしてた。
そして、掴んだつもりになったその水だけを見てた。

実は手の中の水も常に循環してて、そもそも自分は大きな海の中にいた。

っていうか、自分がその海やった。

っていう気づきです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

自分の中にある裁定者。

f:id:takuteto:20170803222655j:plain

うっほほーい!!!

最近ねー、
なんか眉毛が異様に長くなってることがあるんですよ。

多分ね、
身体の中の眉毛担当の人がね。
この辺まで長くなったらもう抜けなあかん!っていう部分で、
チェックを怠って、
どんどん眉毛に栄養を流し込んどるんとちゃうやろか?
って思うんです。

もう、長年、眉毛担当をやり続けてて、
流れ作業みたいになっててね。

はいオッケー。つぎー。
って、チェックせずに流しとるんとちゃうか?

ってねー。
老化っていうのもそう言うことやったりしてね。

・・・
と、きょうもアホな妄想にいそしむタクさんです。
おはようございます。

 

仮に何かを決めて、何かを成し遂げたとしてもねー。
実はなーんも変わってなくて、
単に在るだけ。

だからって、何もしなくても良い!
ってわけでもなく、だからこそ自由なんですよねん。
変わらないなら意味ないじゃないかー。
っていうのは、
単に意味の奴隷になっとるだけでございましてね。

意味なんて追い求めなくても良いわけでございます。

僕らがついつい意味や必要性を求めちゃうのは、
裁定者エンマちゃんのような存在がおるからかもしれません。

自分のやることなすことに常に点数をつけては裁く。
北朝鮮じゃないけれで、無慈悲な裁定者。

そんな存在が自分の中におったりするわけです。

この裁定者が、これは善でこれは悪。
と絶え間なく裁定しておるわけです。

はい!今日のあなたは30点〜!
残念!ブービー賞〜!

って感じでね。

この裁定者に気を使うから、必要性を求めちゃうわけです。
必要性が高いほど、ためになる。点数になるっちゅうわけですね。

いつもいつも、この裁定者を気にしていると疲れてきます。

また、裁定者は完全な答えを示してくれません。
何が百点満点なのか?
それも探し続けなきゃいけないわけです。

百点やと思ってやって見たけど、全然あかんかった!
むしろ、なんでこれが百点やと思ったんやー!
って、裁定者に無慈悲に怒られる!
なーんてこともよくあるかも知れませんね。

しまったー!調子に乗ってもうたー!
みたいなね。

でも、この裁定者ってね。
実はめっちゃええ加減なんですよ。
点数のつけ方にしてもルールが時と場合によってコロコロ変わります。

この裁定者の通りにことを運んでも、全然オモロくないことだって起こりますし
いきなり、

はーい!ルール変更〜!
今までの点数ボッシュートでーす!
なんてことも簡単に起こり得ます。

その度に、
自分は何を間違っとったんや!
って悩んだりもするわけですけどね。

この裁定者がええ加減な奴や!
ってことをね、見破ってみると、
もうその裁定者のことを一切気にしなくても一向にオッケー!
ってことが明らかになってきたりもします。

一向にオッケーになった後、この裁定者を見てみるとね。
あ、これって、単に自分が作った幻想やったんやん!ってことが明らかになってくるんです。
そして、この自分が作った幻想によるルールに自分がしんどく感じてたってことも明らかになった時、
独り相撲やったんやん!ってのも明らかになるわけです。

裁定者も自分なら、その裁定を気にしていたのも自分やったっていうね。
独り相撲が明らかになるんですよねん。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

ワンネスとは共感、共感とはおサレに言えば愛。

f:id:takuteto:20170731220532j:plain

最近は「それ」のことって、非二元とかノンデュアリティとか言われてますけど、ちょっと前はワンネスって言われてましたよねー。

ま、ワンネスっていうと、全ては一個。
といった印象を与えますので、一個というよりは、単に分離がないっていう風に言った方がええやろってことなんでしょうけどね。

ま、言い方はどっちでもいいんですけど、
いずれにしても、全部しかないですし、全部だけがあるわけです。

そりゃ、全部なんで、全部以外の何かがあるはずがないっていうのは、当たり前なんですけどね。

 

僕らって分離の概念を通して、目の前の世界を見てるわけですけど、
もうそうやって見た時点で、すでにその世界と共感してるわけなんですよね。

良いことも悪いと思うようなことも、思った時点で共感されてるんです。

なんでもない全ての中で、共感だけが起こってる。

そんな感じに言えるかもしれませんね。

僕があなたを見た時点で、僕の中の僕と僕の中のあなたが共感されてるわけです。

なーんて言ったら、
うわっ!キモっ!チカンやー!
って大騒ぎされるかもしれませんけど。。。

よく目の前の世界はあなたの鏡です。
みたいなね。

鏡の法則って言うんですか?
そういう表現あるやないですか。

それも、よくよく考えたら当たり前の話でしてねー。

あなたが見ている風景は、光の反射信号として、脳内で変換されとるわけですし、
その風景に対して抱く思考や感情も、あなたの中で生み出されておるわけですのでね。

そういえば、僕はアホなんでよくわからなかったんですけど、
脳内で作り出される次元構造と宇宙の次元構造が同じだということが発見された!
みたいなニュースをチラ見したんですけど、
チラ見なんで全然違うのかもしれませんけど、
この宇宙の次元構造というのも、やっぱり脳内で解釈された概念ですのでねぇ。

そりゃ、一緒になるやろって思ったりもしました。

つまり、全世界は自分の内に存在するわけですね。
内が外側で展開されてるように見えとる。
って感じでしょうかねぇ。

ま、結局のところ、内も外もありませんのでね。
単に起こっとる!以上。

ってことになるんですけどね。

でも、おサレな言い方をしたら、
全てとは、分離のないことですので、繋がりなわけです。
そして、一つは全てで、全ては一つですのでね。

ま、この繋がり。なんの条件もない繋がり。
それが、無条件の愛やというわけです。

そして、それだけがあるわけですね。

でもって、その中で分離の観念が起こっていて、
その分離の観念の中で、何かしらの体験があるわけですが、
体験である以上は、その主体と客体が引っ付いたところで起こるわけです。
ここで、良い悪いは別として共感が起こっとるわけですね。

分離の中で生きてるように見えて、すでに共感からは逃れられてなかったんです。

イチゴが気になって、ふと目をやると、イチゴとの共感が起きとるわけです。

分離の中にいるつもりでも、常に共感の中にいたというわけなんです。
そして、共感からは逃れられず、逃れたことなんて無かったんですよねん。

共感とは愛そのものですのでね。

おサレな言い方をすればね。
愛からは逃れたこともなく、離れたこともなかったというわけです。

おサレに言ったらねー。

じゃあ、良いものだけを見てたいやん!
少なくとも、自分が見たいものだけ見てたいやん!

って思うかも知れませんけど、
そうはいってもたまにしか上手くいかないのは、
そこにコントロールする行為者がおらんからなんですよねー。

ホントは何にも起こってない中で、共感が起こる。
そこに個別の意識という概念を後付けで加えた後に、
「わしが見た!」
「わしが育てた!」
と付け加えとるだけですのでねー。

この行為者という幻想が見抜かれると、
鏡というたとえ話も消え去り、
単にあるがあるだけやんってことが明らかになるんです。

その時、その共感に自分という観念も溶けていきます。

残るのは、共感を超えるそれそのもの。
全ての許し。

この辺のことをオサレに言うと、
無条件の愛に自身も溶け去りひとつとなる。
ってことになるんでしょうねぇー。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

既知の中にあるを無知。未知の中にあるを智慧。

f:id:takuteto:20170731220554j:plain

既知の中にある無知。
未知の中にある智慧。

ゆーてねー。
わかりにくいわ!
ちゅう話ですね。

このわかりにくいわ!
ってことを今日は書いてみよかな、
と思ってます。

 

お早うございます。
タクさんです。

既知の中にある無知。
未知の中にある智慧。

なんかゴロが良くてカッコいいけど、
結局のところ、
どう言うことやねん!
ってことなんですけどね。

まずは、
「既知の中にある無知」
からいきましょうか。

既知っていうのは、何かしらのものに
「これは○○である」といったレッテルを貼ることなんですよね。

そうする事によって、元々は流れのようなものであったとある現象は、固定化されたレッテルに置き換わってしまうんです。

あくまでも概念上でね。
実際は何も変わってません。

全てのものは、固定化されたものって実はございません。

ここが海岸線ですー!って線引きしたところで、
海は満ちたり引いたりしておるわけで、
この線はウニョウニョと変化し続けておるわけです。

もちろん僕らの体だって日々変化を繰り返しておりますし、
動き続けております。

全ては動きです。
呼吸も吸って吐いてを繰り返し、
思考も感情も起こっては消えていきます。

全ては常に動き回っておるわけです。

これに固定化されたレッテルを貼り、
そのレッテルを知った事とすること。
それが既知であり、
そして、この既知は、実際の動きを見ないようにすることでもあります。

すると、実際のことは見てませんので、無知だと言うことなんですよねん。

真実は固定化して掴むことはできないんです。
つまり、レッテルでは表現できないんですよねー。

となりますと、真実とは未知のものございます。
すべては未知に溢れていて、未知とは命そのものです。

命そのもの。
それはどういうことかと言うと、
動きでありエネルギーである。
と言うことなんですけどね。

智慧とは、ただそのまんまの明らかさです。
おしょさんに言わせるともっといろんな解釈が出てくるんでしょうけど、
結局行き着くところは、ただ、そのまんまの明らかさに落ち着くんやと思います。

そしてその智慧とは、まさに未知の中にあるっちゅうわけなんです。

そのまんまの明らかさが現れると、
既知に頼る必要性は失われます。

別にそれは完全無欠な人間になるわけではないんですけどねー。
完全無欠になる必要性なんてどこにあるねん!ってことやったんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

何者でもないというのは、すなわち神であるということやねん。

f:id:takuteto:20170731220632j:plain

子供の頃、特についてない日がありましてねー。
「どんな時も神様が見てるのよ」
とか先生に教えてもらったもんですから、

くっそー!
おい!この約立たずの神!
ちょっと出てこいアホ!!!

おい!
出てこれへんのか!
どーなっとるんや!これは!!!
ええ加減せえよ!

って、空に向かってツバを吐いてました。

天にツバを吐いてもちゃんと避けられるんじゃ!ボケ!!!

とか言いながら、
ペッ!!!っとやったあと、
サササーと避けながら、

みてみい!
ザマーミロ
ってな感じでね。

さて、
お早うございます。
タクさんです。

我ながらアホな子供時代ですねぇ。
よっぽどやなことが続いてホントに怒っていたことは覚えているんですけど、
じゃあ、なにがあったんや?ってことはすっかり忘れてしまっています。

だいたいは、起こったことよりも、
そこで感じた感覚をどうにかしようとしとっただけだったのかもしれませんね。
皆さんも、そんなもんじゃないでしょうか?
だとすれば、起こってる具体的なことって、結構どうでもいいことなのかもしれませんねぇ。

 

ま、それは良いとしまして、

僕らは、何者かになろうとする必要はなく、
そもそも何者でもないわけなんですよね。

ですので、僕らは何者かになれるわけでもないんです。
で、そのことを受け入れられたときに、
あ、最初から何者でもなかった!みたいなことが明らかになってくるんですけどね。

それって、何者にもなれない価値がないもの。
という意味とは全然違うんですよね。

それどころか、
何者でもないというのは、全てに偏在する神であるということなんです。

だから、残念がる必要はなくて、
それよりは、小さくまとまらなくてもエエんやん!
ってことなんですよねー。

まあ、この神という表現は、全てであり、在るそのものであるという意味の神ですけど。

もし、神が何者かであるならば、その何者という観念に押し込まれます。

貧乏担当の貧乏神とか、トイレの神様とかね。

トイレ限定って、全然弱いやん!
ってことになってしまうわけです。

そんな弱い観念上の神ではなく、
もうね。
全てなんです。

あなたは悟ることはできないですし、
何者かになることもないわけです。

もし、何者かになってると思ってるなら、それは幻想でございます。

ってね。
一見、夢も希望もないように聞こえますけど、
全然そういうことやないんです。

あなたは、悟りとかいう小さな器に収まるようなもんやないですし、
何者かになる!みたいな限定されたもんでもありません。

それをも含んだ全てですので、小さくまとまらんでもええで!

というエールやったんです。

許しとは、自分は何者かなんていう器に収まるような小さなもんやないでー!
っていうことを認めてあげることやったんですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

伝授とはなんなのか?

f:id:takuteto:20170729002408j:plain

フヒヒ・・・
へへへへ・・・

あーっはっはっはっは

へへ、、、へへへ。。。

おっほっほっほっほ!

ケラケラケラ

かーっかっかっか!(アシュラマン)

ハハハハハ!ハハハハハ!

ケキョケキョケキョ。。。

 

・・・

・・

はい。
おはようございます。
タクさんです。

なんやねん。冒頭から変な笑い声を書きやがって!
ってことなんですけどな。

今日は、いわゆる伝授って何をしてるのん?
ってことについて書いてみたいと思います。

伝授の秘密をもうバラしてやります。

よくあるじゃないですか。
いにしえの聖者から受け継いだマントラを伝授する。
だとか、
ディクシャの伝授とか、悟りの伝授とかとかね。

あれ、
何がどうなって、何をもらってるのん?ってはなしですね。

そして、その話をするからには、冒頭の笑い声は欠かせなかったんです。

ね。

???
ってなりますよね。

結論から言いますとね。
伝授って別に大袈裟な何かを受け渡ししてるとか言うんじゃないんですよ。

こんなこと書いたら怒られるかもしれませんけど、、、

あれね。

実は、単に雰囲気作りをしてるだけなんです。

結論から言っちゃうとね。

それと、冒頭の笑い声になんの関係が???
って思わはる人もおられるかもしれませんが、

ほら、
笑い声の文字だけじゃ伝わりにくいかもしれませんけど、
笑いって伝染するやないですか?

あれと一緒なんですよ。

あくびでもいいんですけどね。

そう言った雰囲気作りをしているってことなんです。

なので、何かしらの大袈裟なものが誰かから自分の中に入ってくる。

みたいなね。
そういったようなもんじゃないんです。

笑いと一緒でね。
自分の中にあった笑いがつられて引き出されるのとよく似ていて、

最初から自分が持ってるものが引き出されるだけなんです。
何かを授かったわけじゃなくてね。

多分、優れた先生は、かるーい雰囲気作りが上手い人なんやと思うんですよ。
かるーい中に何にもなさの雰囲気をうまいこと作りださはるんですね。

逆に修行しなければならない!カルマを解放しなければならない!
みたいなことを信じてる先生は、そう言った雰囲気を醸し出します。

実は、修行系の先生の方が、張り合いがあって人気があったりもするんですよね。
何かしらの行為をしてる方が自我ちゃん的には落ち着きますのでね。

何にもなさは逆に自我ちゃんにとっては退屈やったりもしますので、、、。

まあでも、修行には終わりはありませんのでねー。
そう言うのがぐるぐると飽きるまで続いたりするわけです。

ま、それは良いとして、

伝授されて、何かしら大袈裟なものを私は授かったのだー!
なんてね。
思い込んでたとしたら、それがまた、探求のエサになったりしますのでねー。

いやいや、単に雰囲気作りをしとっただけなんやで。
と言うことであって、

そして、そのおかげで何かが引き出されたのやとしたら、
それはすでに自分の中にあったもんですし、
妙なストーリーを含んだ雰囲気作りが起こってたのだとしたら、
そういった物語の雰囲気に巻き込まれることもありまっせ。

と言うことなんです。

もう探求も探求のエサにもこりごりですわ。と思ったのなら、
なーんや、単なる雰囲気作りに飲まれとっただけなんかい!ってねー。
そう言う部分も見てみると良いかもしれません。

それもある種自分が望んだもんやったわけなんですね。
見てあげると気づきが起こりますのでね。

そんでもって、
気づいてみると笑えてくるかもしれません。

自分が自分を見とったんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします

苦労は美徳?娯楽は堕落?

f:id:takuteto:20170727232327j:plain

なんていいますかねー。
国民性ってあるやないですか。

で、
やっぱり日本って
苦労は美徳。
娯楽は堕落。

みたいなね。

なんかそんな観念が強かったりすると思うんですよね。

そんな観念が、苦労は買ってでもしろ。
とか、
苦労せずに娯楽に興じてたら堕落するんやなかろうか?
みたいな強迫観念があったりしてねー。

あれ、嫌ですよねぇー。

結局、苦労とかも単なる好き嫌いですからね。

好きなりゃすれば良いし、嫌ならしなくてもいい。
それだけのことなんですよね。

 

小耳に挟んだ情報ですけど、
海外の人から見ると、この苦労は美徳で娯楽は堕落ってのが、
結構滑稽に見えるらしいですね。

よく知りませんけど、
例えばイタリアなんかだと
みんな陽気で明るい!それでいてみんな自信満々!
みたいなイメージが僕の中で勝手にあったりするんですけど、

もしね、
なんか、根暗でどうしても人見知りしてしまい、
自分は全然たいしたことないです〜。
って言ってしまうイタリア人は
はぁーーー。もっと陽気に行かなければ!
真面目で5分前行動とっちゃうけど、
ちゃんと時間に遅れても悪びれないように振舞わなければ!!

って悩んだりするんでしょうかね?

それってやっぱり滑稽ですよね。

もしかしたら、苦労を美徳として頑張ってるけど、
ワイ、やっぱり苦労は嫌やわ〜。娯楽が好きやわぁ〜。
でも娯楽に生きてたら堕落しちゃうんじゃ無いだろうかぁ??
って悩んでる日本人も同じように滑稽だったりしてね。

結局ね。
何が滑稽なのかと言いますと、
ある種の観念に縛られて、しなくても良い悩みを抱えてる。
それが滑稽に見えるんでしょうね。

観念に正しいも誤りもありませんのでね。
そして、好きなことをやってりゃ良いんです。
そこは自由ですからね〜。

もちろん、人の好かれるようにする必要性も無いわけです。

なのでね。
やっぱ、自分の好きを最優先にしてりゃ良いと思うんですよね。

ま、滑稽に悩んでる姿も、人としてのカワイイ一面なんだと思うんですけどねー。

悩んでてもそれはそれで、愛おしいし、楽しんでても愛おしいですね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします