読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

何もなさが在る。

f:id:takuteto:20170226230221j:plain

何もなさが在る。

って、

なんやねーん!!!

と、いうわけでおはようございます。タクさんです。
何もなさがある。ってねー。
どうにもわかりにくい表現ですよね~。

今日はこの言葉をテーマに書いてみたいと思いますよ〜!

 

なんにもなさが在る。

うーむ。
なんともつかみにくい言葉でございますね。

僕らってね。
何でもかんでも頭で理解したがるんですよね。
そして理解するためには「なんにもなさ」だと困るわけです。

だって、掴みようがないですからね。

・・・つまり、これはこういうことか。。。ふむふむナルホド。。。

ってね、
理解をしなきゃ掴めないわけなんですよね。

ほら、
よく「幻想です」
なんて言われてるじゃないですか。

僕も言ってますけど。

「幻想」と聞くと、
幻想さを頭のなかでまた、イメージしちゃうわけですよね。

で、これを理解に落とし込むと、
この痛みはウソ。
このカラダもウソ。
あそこに見える車もウソ。

みたいにね。
そんな理解を掴んじゃったりしがちなんですけど、
そういうことじゃないんですよね〜。

頭で理解する。っていうことは、
つまり、
頭のなかでイメージを作ってるわけじゃないですか。

このイメージは、あくまでも頭の中のイメージですよねぇ??

実体は無いわけですよね。イメージの中には。

だからといって、目の前のコップ(のように見える何か)は有るわけですよね。

コップ自体がそのまま無いわけではないんです。

そのコップを見て、頭のなかで作られてるイメージ。
このイメージの部分だけが「幻想」だというわけなんですよね。

悟ると何やら不安や苦労がなくなる。
といったのもイメージですし、
苦からの解放が「自分に」起こる!
っていうのもイメージなわけです。

このイメージが「幻想」なんですよねー。

そして、自分という中心点。
こいつもイメージなわけなんです。

このイメージが、これは何で、それは何。
って決めてるわけなんです。

頭の中でね。

この「頭」ってのもイメージの中の概念ですからややこしいですね。

このややこしさが言葉では表現できないっていう所以(ゆえん)ですね。

なぜなら、言葉ってのは本来は意味のない音なわけです。
それに意味づけをしていますが、この意味付けもイメージの中で行われていることですのでねー。

自分という中心点があると、この中心点を確立するために、中心とそれ以外を決めておかなきゃいけません。

自分の内と外ですね。

これがないと、自分が確立できませんのでね。

こういった「確立された自分」というのもイメージの中で作られています。

で、分離がイメージの中で生まれるわけでして、この分離が何かを掴まないと理解できない!
といった信念を持っとるんですよね。

「なんにもなさ」とはこうやって作られるイメージを取り除いたそのまんまのことです。

この「なんにもなさ」の中で、イメージが起こってるわけですね。

イメージには実体はありませんので、ホントのところは、
「なんにもなさが在る」だけ。

ということなんですよねん。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします