Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

不安感や不快感の対処について

f:id:takuteto:20160209113122j:plain

アクセスありがとうございます!!!
▼バナーをちょちょいとクリック応援お願いしまーす。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 

不安や不快感。
思考に巻き込まれるとかいったようなもの。

そういうのが起こると

ああ、まだ私は悟りに至ってない。 まだまだ修行が足りへんのや

とか思ったりして、
なるべく思考に巻き込まれないように 静かなところで瞑想してみたりね。

その時は静かにリラックスできたとしても、
またのど元すぎると、色んな思考がワナワナと湧き上がってきちゃったりして。
また、思考を沈めねばならぬ! とか思ったりするんですよね。

そんなこんなで、
ますます修行の道に踏み入っていく人もいるんだろうと思います。

思考や感情に巻き込まれない自分を作り上げようとするんです。

いやいやいやいや、 ちゃうねんで!
そーゆーことじゃないんです!

そんな感情みたいなもんを鎮めようとか、
思考や執着を抑え込もうとか
そんなことせんでもええねんで。

悟りとはそういったものの先にあるのではなく
思考や感情がもう湧き上がって来ないといったようなものでもありません。

それらが自動的に起こっておる
そしてその起こっておることは完全に許されておる

そんなことをどこかで知ってるというか、、、

だからと言って知ってる自分はいないわけだけど、
もっとそれそのものしかないという確信みたいな、
禅で言う所の三昧に近いというか、、、

だからと言って三昧の教えにあるような、
それに成り切るといったようなことでも無くて、
もうすでにどうやっても三昧でしかない確信的なものっていうか

言葉にしようがないんだけど、
ま、そんな感じなんですよね。

いずれにしても、特別ではなく平凡であり
当たり前の中の当り前

といった感じです。

なので、
もしそういった不安やらなんやらが起こっている時は、
そんまんまにしておけばいいんですよね。

どうにかしなきゃならん!
という衝動を
そのまんまにしてやるんです。

でも、もしかしたらそれが難しいねん! って思うかもしれません。

たぶんそれは、そのまんまなのではなくて、
そのまんまをやろうとしているからなのかもしれません。

ま、それなら、その不安や思いに寄り添うのがオススメです。
そこから何かしらのメッセージをよみとこう!とかせずに、
ただ寄り添ってやるんです。    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ