Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

わい、これだけは譲れへんねん!

f:id:takuteto:20170909224932j:plain

だいたいねー。
これだけは譲れないんだ!っていう自分の思いって、
たいがいは他の人にはどうでもいいことだったりしますよねー。

飲み会とかで、
「タクくん。
いいか、僕はねぇ、これだけは譲れないんだよ!」
とか、言われる事がありますが、、、。

へぇーそうですかー。
としか言えませんからね。

ま、いつもはちょっとおべっか使って、
「うぉっ!!!スゴイっすね!」
とか言いますけどね。

しかも言ってる人はなぜかすんごいドヤ顔見せてくるので、
ちょっとどうしたらいいのかわからなくなってきます。

 

そう言えば、
だれかの譲れない事って、色々と聞いた気がしますけど、
一個も記憶に残ってないなぁ〜。。。。

まあ、譲れない事って客観的に見たらそんなもんなんですよねー。

なのでね。
もし、何か譲れないものを頑なに握りしめているのだとしたら、
もう、そんなん譲ってあげたらどうでしょ?

それはとんでもない!!!
っていう怒りや恐怖が出てくるとしたら、

それは、もしかしたら何かを守ろうとしているのかもしれません。

でも、ホントにその思いに何かを守るチカラってあるんかな?
もしかしたら、逆にそのイメージが何かを窮屈にしてただけやないんか?

みたいなね。
可能性を探ってみても良いかもです。

思いや信条は、自分が扱うただの道具であって、
その道具の下に自分を置いていると、自分の方が道具になってしまいますのでね。

譲れない思いなんてものも、ガンガン譲ってやりゃ良いんですよ。

僕らの本質である「自分」っていうのは、
どんな容器にも、形にも当てはまりません。

さらには、「生と死がある」という観念や「私は私である」といった観念にさえ当てはまらないんですよね。
これが「私はいない」と言われる所以でもあり、誤解が生じる部分でもあるかもしれませんねー。

ま、この辺についてはまた書きます。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします