Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

全ては何にもなさであると同時に、あらゆるもの。

f:id:takuteto:20170815203528j:plain

全ては何にもなさであって、それでいてあらゆることも起こっとるわけですけどね。
それを掴んだ時点で、分離されてまうわけですねー。

そして、掴んでるものも掴まれるものも、やっぱり全ての中にあるわけで、
結局誰も何も掴んで無いっていうよくわからんことになるわけです。
掴むのも掴まれるのも同じモノ。みたいなね。

つまり、よくわからんことですので、わからんで良いっちゅうわけなんですけどねー。
わかろうと掴んでしまうとそのわかったことが分離されてしまうんです。

全ては愛です。
そして、全ては幻想です。

全ては一つで分離がないんです〜。

っていうメッセージもねー。
掴んでしまうと、単なる観念に早変わりしてしまうんですよねん。

 

全ては幻想なんやったらもう生きてても仕方ないやん!
っていうのは、
それは掴んで観念化してしもてるからそう思ってしまうわけで、
そういうことやないんです。

全ては意味がないなら、何もしなくてもええやん!
っていうのも、そういうことやなくてねー。

こういう言葉って掴んで解釈せんでもいいんですよね。
なので、何も引っかからないとしたら、
別に追いかけずにそのままほっとけば良いんです。
何かが自分の奥で反応するなら、
その反応を言葉で解釈するんやなくて、その感覚を味わってみたら良いと思うんです。

ふぁっと何かが緩む感じがあったなら、
緩むままにリラックスしてみれば良いんですよねー。

すると、
あれ?今までわかろうとするこのエネルギーが、
何かしらを緊張させておっただけで、
その緊張感がどうにも居心地が悪く感じてただけやったのでは?

だれも自由を阻害してすらいないのに、
どうもこの緊張感の中で自由を奪われた気になっていただけやったんでは?

わからないままでも全然やってける。
このことを単にみのがしていたのではあるまいか???
ってねー。
そんな可能性が明らかになるかもしれません。

そんな中に佇んでいると、
あー、この掴もうとするエネルギーも単に自然の起こりとして、
単に起こってるわけだから、
何もそれを突き止めることすら必要なく、
「ある」が「あるがまま」に表現されとるっちゅうことかー。

ほえー。
そのあるがままをどこかで避けている間だけ、
そのことから目を逸らしているだけで、
それはそれで、全然オッケーやん。
ってことすら、見えてきた時にね。
もう探求する必要性も失われていくんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします