Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

あんた、もう完璧なんやで!

f:id:takuteto:20170809233133j:plain

まー、あれですわなぁ〜。
生きてますと色々とありますわな〜。

というわけで、おはようございます。
タクさんです。

いろんなことがあったりして、
時には落ち込んだり、
コイツは受け入れられぬ!!

なんてこともあったりすると思うんですけどねー。

そういうのって自分への信頼感への歪みが表に出てきとるってだけのことやったりするんですよねー。

ホントはね。
もうあなたは完璧なわけです。

そうとは思えん!と思ってる分だけ、そのまんまへの見方が歪むわけです。

一見困ったように見える現実もね。
そのこと自体の中に問題があるんやなくて、
結局行き着くのは、自分への信頼感なんですよねー。

そりゃ、時には、身近な他人に対して色々と思うこともあると思いますけどね。
その他人やと思ってる誰かも、あなたの中で作られた、あなたの中のイメージに対して
アカーン!ってダメ出ししてたり、心配してたりするわけでしてね。
それも、やっぱり自分への信頼ってところに行き着くわけなんですよねー。

 

結局ね。
どう足掻こうと、目の前のそれそのものが、もうすでにありのままなんですよね。

そこに、このままではいかーん!って思いが襲ってくるんやとしたら、
その襲ってくる度合いっていうんですか?
その度合いって、自分に対する信頼のなさに応じて度合いも大きくなるんやと思うんですよ。

つまりね。
いかーん!って襲ってくる感じって、
あんた!あんたのこと信じてへんのやろ?
っていう気づきのシグナル?でもあるわけです。

自分の信頼を何かしらの観念に明け渡してるんとちゃうか?
ってたしなめられてるんですよね。

ホンマはね。
知ってるんです。
自分は完璧なんやで!もうすでに祝福されてるんやで!
っていうことをね。

知ってるからこそ、そうじゃないという思いがあると排除したくなるわけです。
あ、このままではいかん!という思いも、
それを知ってるからこそ起こっとるわけです。

全てである、在るを自己という感覚の器に入れ込んだ時に、
足りないものが生まれたわけです。
そして、その足りないが自己という観念をさらに強めておるんです。
なので、自己は探求を続けるわけですね。

探求しとるわ〜。わかろうとしとるわ〜。っていうのがあったらね。

ちょっっっっまていっ!!
お、、、おちつけ!!!ってね
ゆーてあげてください。
一旦リラックスして、わからんままにしておいてみた時に、

なんか、
くおぉぉぉ・・・。って感じのエネルギーを感じたとしたらね。
お前か!探求のエネルギーっちゅうやつは!
って、ゆーてあげてください。
犯人はお前か!って言ってるコナンみたいにね。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします