Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

自分の中にある裁定者。

f:id:takuteto:20170803222655j:plain

うっほほーい!!!

最近ねー、
なんか眉毛が異様に長くなってることがあるんですよ。

多分ね、
身体の中の眉毛担当の人がね。
この辺まで長くなったらもう抜けなあかん!っていう部分で、
チェックを怠って、
どんどん眉毛に栄養を流し込んどるんとちゃうやろか?
って思うんです。

もう、長年、眉毛担当をやり続けてて、
流れ作業みたいになっててね。

はいオッケー。つぎー。
って、チェックせずに流しとるんとちゃうか?

ってねー。
老化っていうのもそう言うことやったりしてね。

・・・
と、きょうもアホな妄想にいそしむタクさんです。
おはようございます。

 

仮に何かを決めて、何かを成し遂げたとしてもねー。
実はなーんも変わってなくて、
単に在るだけ。

だからって、何もしなくても良い!
ってわけでもなく、だからこそ自由なんですよねん。
変わらないなら意味ないじゃないかー。
っていうのは、
単に意味の奴隷になっとるだけでございましてね。

意味なんて追い求めなくても良いわけでございます。

僕らがついつい意味や必要性を求めちゃうのは、
裁定者エンマちゃんのような存在がおるからかもしれません。

自分のやることなすことに常に点数をつけては裁く。
北朝鮮じゃないけれで、無慈悲な裁定者。

そんな存在が自分の中におったりするわけです。

この裁定者が、これは善でこれは悪。
と絶え間なく裁定しておるわけです。

はい!今日のあなたは30点〜!
残念!ブービー賞〜!

って感じでね。

この裁定者に気を使うから、必要性を求めちゃうわけです。
必要性が高いほど、ためになる。点数になるっちゅうわけですね。

いつもいつも、この裁定者を気にしていると疲れてきます。

また、裁定者は完全な答えを示してくれません。
何が百点満点なのか?
それも探し続けなきゃいけないわけです。

百点やと思ってやって見たけど、全然あかんかった!
むしろ、なんでこれが百点やと思ったんやー!
って、裁定者に無慈悲に怒られる!
なーんてこともよくあるかも知れませんね。

しまったー!調子に乗ってもうたー!
みたいなね。

でも、この裁定者ってね。
実はめっちゃええ加減なんですよ。
点数のつけ方にしてもルールが時と場合によってコロコロ変わります。

この裁定者の通りにことを運んでも、全然オモロくないことだって起こりますし
いきなり、

はーい!ルール変更〜!
今までの点数ボッシュートでーす!
なんてことも簡単に起こり得ます。

その度に、
自分は何を間違っとったんや!
って悩んだりもするわけですけどね。

この裁定者がええ加減な奴や!
ってことをね、見破ってみると、
もうその裁定者のことを一切気にしなくても一向にオッケー!
ってことが明らかになってきたりもします。

一向にオッケーになった後、この裁定者を見てみるとね。
あ、これって、単に自分が作った幻想やったんやん!ってことが明らかになってくるんです。
そして、この自分が作った幻想によるルールに自分がしんどく感じてたってことも明らかになった時、
独り相撲やったんやん!ってのも明らかになるわけです。

裁定者も自分なら、その裁定を気にしていたのも自分やったっていうね。
独り相撲が明らかになるんですよねん。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします