Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

悟りで訪れる解放感って??

f:id:takuteto:20170624223436j:plain

「人生は重き荷を背負いて行く道が如し」

っていうのは、家康さんの遺訓の一節なわけですが、

いらん荷物はとっとと捨ててしまって
身軽に行きたいもんですよねぇー。

と、いうわけでおはようございます。
タクさんです。

解放とか言われとる解放感ってね。
なんていうか、荷物を降ろしたときの身軽さに似てるわけです。

あー。そっかー!
荷物を背負わんでもええねんな!
と、荷物を持たない事が許されるっちゅうわけですね。

するとね。
荷物があることも同時に許されるんです。

よくわからんですよねぇ?

これ、
ややこしいんですけど、
荷物は降ろさなければならない。
という事でもないんです。

荷物はあってもいいですし、なくても良いっちゅうわけなんですよねん。

今まで自分を構成する必要不可欠なもの。
切っても切れない自分の一部分だと思っていたのが、
単なる荷物やったんやと知る。
というわけなんです。

でもって、この荷物は実態のない幻想のようなもんやったんやーん。
ってことが明らかになるわけなんです。

で、幻想やと見抜かれることによって、
荷物は重さを失うわけなんですよねー。

で、重さを失った荷物は荷物じゃなくなるわけでして、
あってもなくても良いこととなります。

 

今までね、
カルマを解放すべし!
とか、
思考から離れるべし!
とか、
インナーチャイルドを癒すべし!
とかねー。

色々と教えてもらったりしてね。

いつの間にか
荷物は幻想なんやから降ろすべしとなってしまったりするパターンもあるかもしれませんけどね。

降ろすというか、単に見抜かれるだけでよかったわけなんです。
で、その見抜きは、荷物を降ろした時に訪れるというよりは、
荷物があっても良いよねーと許される時に見抜かれるっていう感じなんですよねん。

すると、不思議なことに荷物が降ろされるわけなんです。

あって良いよ!となると降ろされるんですね。

どないやねん!
天邪鬼か!

って言いたくなりますけど。。。
荷物が荷物じゃなくなるんですよね。

荷物って思い込みとか、思考とか、解消できないカルマとか、、、。
そこが重さになってたんじゃなかったんですよねー。
そこには重さはなかったんです。

そういったいろんなものがあることは許されぬ!
というこの「許さぬ!」の部分。

実はそこが重みになっとったんです。

つまり荷物はあっても良いし、なくても良い。
どっちでも完璧やんってことが、単に見抜かれるんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします