読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

よくある映画の例え

f:id:takuteto:20170430213215j:plain

ふぇーい。
おはようございやす!タクさんです。

えーっと。
ほら、

こういう話ってよく映画に例えられたりするや無いですか。
きょうは、この映画の例えについて書いてみよっかな〜と思います。

 


映画のたとえってね。
どういうもんかというと、

悟りとか「それ」?っていうのは、映画のスクリーンのようなもんやっていう話です。

スクリーンは変わらず在るんですけど、そこに映し出されているそこに映し出されている映像は色々と変わっとるわけですよね。

そして、この映像への意味づけが強ければ強いほど、感情移入は強くなりますし、
そうでもなければ、
ただ、映像が流れておる。
ということになる。

でもって、この映像はスクリーンである「それ」とは離れたことはなく、映像内で「それ」を探し求めたとしても、「それ」であるスクリーンは足元にあるわけでして、
スクリーンはそのまま映像ですし、映像はそのままスクリーンだというわけですね。

その映像にどんな観念を加えようが、スクリーン自体が何か変わるわけでもないですし、
この映像の中の一部を自分だとみなそうが、スクリーンは何かの影響を受けるわけでもなく、
どんな意味付けを映像につけようが、映像は映像として変化を続けますし、
どんな映像があろうが、スクリーンがその映像によって破けたりするわけでもないわけでしてね。

映像の部分を「色(しき)」。
そして、スクリーンの部分を「空(くう)」

といったような解釈もあったりするのかもしれませんが、
結局、色も空も同じもんでしてこれらを切り離すことってできないんですよね〜。

なので、「それ」とか「空」とかは、真っ白なスクリーンのことを指し、
映像だけを「色」とか「マインド」とか「自我」である。

といった理解もナンセンスだったりするんですよね。
だって、映像とスクリーンは離れませんのでね。

というわけで、この映画の例えはホントよくできた例えではあるんですけど、ここでよくある誤解があるんです。

実はね。

「この映画館には、観客は一人も居ないんです。」

ここでよく起こる誤解というのは、
この映画を見てる「自分」がいるという誤解なんです。

そうか!これは映像だったんだ!
わかったぞ!
っていう自分です。

この自分も実は映像の中に起こってる一部であって、在るのは
「スクリーン=映像」のみ
なんですよね。

観客もおらずあるのはこのスクリーンのみ。
誰もおらんかったんです。

こうなるともう誰かが理解するということは不可能なんですよねー。

なので、わかろうとすることの先に理解がないんです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします