Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

我思う、故に我あり???

f:id:takuteto:20170430213158j:plain

「我思う、故に我あり」
ってねー。有名な哲学の言葉がありますよね。

でも、ちゃうやん!
思う。っていう経験は確かに在るけど、それをやっとるのは自分っていうのは、単なる推論やん!
ってねー。
思うわけです。

なのでね。
このことをもっと正確に言うとすると。

「思う」

以上。

ってなるんちゃうん?

ってねー。思う今日この頃です。

なんか、そんなん書いてたら、
哲学者の人にめっちゃ怒られそうですけど。。。

 

さて、
ありとあらゆることを、ぜーんぶ疑ってみるとするじゃないですか。
今までこさえてきた観念をね。

すると、「我思う」が残ってくると思うんですよね。

思う以前に、自分っていう意識っぽい何かが在るわけなんですけど、
その「在る」が「それ」であって、「それ」は全てなんですよね。

自分とか私ってねー。
その時々によってガンガン解釈が変わって行くわけですよね。
なのでややこしいんですけど、

考えているときは、
その思考が自分ですし、

アタマ掻いてるときは、
身体が自分ですし、

感情が湧いてるときは、
それが自分に起こってますしね。

でもって、
あの人もこの人も、
あの景色もこの景色も、
あの音もこの音も、
ぜーんぶ自分の中にあるわけですよね。

分離感さえも、自分の中にあるわけです。

となりますと、
今まで一度もこの自分から抜け出たことはありませんし、
抜け出ることもできないわけです。

そして、そんな自分の中に、
自分の外がある。
みたいな観念もあるわけですね。

ぜーんぶ自分の中で起こっとるわけです。

じゃ、自分はどこにあるのん???
って言いますと、
全てを理解し、捉えるために概念的に作られた中心点のようなものでしかない。
ってことが明らかになってくるかもしれません。

ないんですよ。
自我なんてものも、自分なんてものもね。

自分とか、私っていうのは、
何かを捉えるための道具のようなもの?
概念的な前提ルールのようなものなんですよね。

在るのは命の表現である変幻自在だけ。
この変幻自在のな中で何かを捉えようとするならば、
そこに分離が必要になるわけなんです。

この分離の概念が自分というもんであってねー。

その自分が
時には「考え」になり、
時には「身体」になり、
時には「感情」になるわけで、、、

そりゃ、変幻自在ですからね。
色々と変わるわけです。

毎回毎回、何かを捉えて理解してるから、
その大前提の「自分」っていう観念も染み付いちゃってるだけなんですよね。

目の前の変幻自在さ。
それが、「それそのもの」ですね。

その「それそのもの」の中で、何かしらの解釈を通して「それ」を見たときだけ、
その解釈を通した世界が見えてるわけです。

この解釈を良くしようとか、どうにかこうにかしようとするのが、
「引き寄せの法則」とかだったり、成功哲学だったり、
ポジティブシンキングだったりするわけですけどね。

いずれも、単に解釈を見てるだけなんですよね。

この解釈に意味はなく、良し悪しもないわけです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします