読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

悟りの理論について

f:id:takuteto:20170429225124j:plain

悟りの理論みたいな話があるじゃないですかぁ。

これはこういうことなんです。
なのでつまりこうなんですー。

みたいなね。

たとえば、
「私はいません」
みたいなもんね。

あれって、ホントに「私はいない」っていう話じゃなくて、
「私はいるでもなく、いないでもない。」
っていうことですのでね。

変な話、「私はいない」っていう言葉はものすごい矛盾を孕んどるわけなんです。

 


この言葉が成り立つには、「私」はいなきゃならんのです。

どういうことかと言いますとね。

「ウンコはない!」

って話はウンコがなきゃ成り立たないわけじゃないですか?

ちょっと例えがおかしいか、
じゃあ、

「ズンドコベロンチョなんてものは存在しない!」

っていうことですね。

まず、何それ?
やないですか。

ズンドコベロンチョ???
知らんがな。。。

って感じですよねぇ。
それがあるとか無いとか言われても、、、
知らんやん!
ってね。
なるやないですか。

それと一緒なんですよ。
「私はいない」っていうのもね。

結局、こういった話ってのは、知らず知らずのうちに信じていていた観念。
この観念のウソさが明らかになるってだけの話ですので、
何やら私というものが在る。と思ってる人に向けたメッセージが
「私はいない」
であって、
ズンドコベロンチョは存在する!と真剣に思ってはる人に向けては、
「ズンドコベロンチョはない」
になるだけですので、
最初っからなーんもないわけなんですよねー。

何もない中で、全てが起こっとるわけです。

この辺は言葉にできませんけどね。

イノチの喜びがあるわけです。
喜びが喜びとして表現されとるわけです。

特定できないので、何もないわけですが、
それと同時に絶対的に存在しとるんですよね。「それ」が。
だから、みんな、自分の存在感ってどこかで感じ取るわけです。

ホントは自分の存在感じゃなくて、ただ存在感!なわけですけどね。
あるのは、その「それ」です。
それがイノチであり表現なわけですね。

つまり、「それ」に理解はいらんのです。

▼facebookページはこちら。毎日ひとことアップ中!
もしよろしければ、「いいね」をして、フォローをお願いします