読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

非二元は、それ以上でもそれ以下でもない

非二元

f:id:takuteto:20170120161027j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

すべては完璧とか、自分は素敵すぎる!
ってなことは、ホントの事なんですけど、これってそう思いましょう!
ってことじゃないんですよねー。

そう思おうってやって、そう思えるんやったら、悩むことなんてないんですよ。

なのになんで悩みは尽きないのか?

と言いますとね、
自我ちゃんは常に完璧になろう、素敵になろうとしてるからなんです。

ん?
どゆこと?

だって、すべては完璧で、素敵なんでしょう?

じゃあ、そうなろうとするのは当たり前やん。
って思うかもしれませんねぇ。

でも、ちゃうんです。
そうなろうとしてるのは、そうじゃないっていう思いがあるからなんです。

なんで、そうじゃないって思うのかと言いますとね。

どこかに、自分が損なわれるんじゃないだろうか?
っていう恐れがあるからなんです。

この恐れって突き詰めてみると、死の恐怖なんですよね。

で、この恐怖が行き過ぎると、生きにくくなってしまうんです。

このまま生きてると、死ぬかもしれん!
とかいうよくわかんない回路に迷い込んだりもするんですよね。

でね。
ここで起こるよくある対処法がね。
何かしらの修行でもって、その恐怖を克服しようってな方法だったりするんです。

はたまた、そんな恐怖は実は思い込みにすぎず、
誤解だったんだよー。
ってなことに気づくワークだったりね。

この修行が、
苦行とか、スピ系なワークとして起こってたり、

誤解だったんだよーって気づくワークが癒しのワークとして起こってたりするわけなんですよね。

もちろんこういったワークがうまくいって、
重たい感覚から解放されるってこともありますので、
全然いいんですし、

本当にしんどいのなら、僕はプロの人に頼るのがまず基本だと思うんですよ。

非二元っていう教えが、そう言った嫌なことを抑え込むのに役立つことはないんですよね。

僕らが自我ちゃんって言ってるこの一連の動きって、
もうそういう動きそのものなわけでして、
非二元への目覚めっていうのは、
その動きを止めることでもなく、
そう言った動きを今後封じ続けるっていうことでもないんです。

ただ、そう言った動きが、自然に起こってるということに対する
見抜きなんですよね。

自我ちゃんって呼んでたりしますけど、
本当に自我という何かがあるわけじゃないんです。

ただ、動きがあるだけで、そこにその動きの所有者はいないんです。

風が吹くのに、その風の高位者がいないのと同じで、
自我ちゃんって呼んでるその動きが、ただあるだけなんです。

そのことへの見抜きが、非二元とかで言われていることなんです。

なので、教えでもないんですよね。

単なる自然現象を言ってるだけなんです。

この自然な様っていうのが、分離がないという真実であって、
分離がないというのは、二元じゃない。

二元に非ず(あらず)。

ということで、非二元っていうことなんですよね。

ホント大したことじゃなく、
それ以上でも、それ以下でもない話なんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします