読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

良いも悪いもプラスα

それのこと

f:id:takuteto:20170113225815j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

なーんていうか、良いはプラスで、悪いはマイナス。

みたいな。
そんな観念があったりするんですけど、
良いも悪いもどちらもプラスαされて付け加えられたもんなんですよね。

もともとは、何もプラスされてない、それそのものなわけですが、
それっていうのは、究極の普通であり、究極の平凡なんです。

僕らが、何かしらのフィルターを通してみた世界は、どこか普通じゃなかったりします。

このフィルターを外して残るもの。それが「それ」なわけですが、
それって、もう平凡中の平凡。普通中の普通なんですね。

この普通さの受け入れという部分に、どうにも躊躇があったりするわけなんですよねー。

どうしても、なにかしら秀でてないと生き残れないんじゃないのん?
って思ったり、
普通だったら面白くないジャーン。
って思ってたりね。

その普通じゃないように面白くしてるといった側面で見れば、
人生はゲームみたいなもの!ってことになりますし、

生き残るために力をつけていくものといった側面で見れば、
人生とは生き残りをかけた真剣勝負なのである。

みたいな捉え方が起こるわけでね。

それも、どんな捉え方をしようと自由なわけです。

で、どんな捉え方も勝手な観念でしかなく、あるのは究極の普通のみ。
ということになるんですよね。

諦める。
降参する。

というのは、普通ということを受け入れる。
ということでもあるんですよね。

普通が普通だと受け入れられると、
もうそれが全てのベースであり、でもってゴールであり、
何処かに向かっているわけでもなく、ただ在るだけであってもうそれで完成していて、、

完成された中で、自分で作った観念をその中で投影してただけだった。
みたいなことも明らかになってきてね。

その投影の中で何が起こってたとしても、あるのは普通だけ。っていうねー。

なんやねん。
普通で平凡さを受け入れられてなかっただけなんかいな!
ってことだったんですね。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします