読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

至福ってなんやねん

f:id:takuteto:20161212204954j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

おっはようございます。
タクさんです。
真我とは、
「それ」とは
至福であーる。

なんてね。
そういった表現があったりするんですけど、
今日はこの至福について書いて見たいと思います。


至福ってなんやねんといいますと、
実は、幸せの最上級であるすんごい幸せ!
なんて思っちゃったりしますが、
実は「なんもなさ」なんです。

なんでやねん!
なんもなかったら、あかんやんっ!
って思われるかもしれませんが、

なぜ、なんもなさが至福なのかと言いますと
幸せへのこだわりがなくて良いので、
そのこだわりから自由になれるんです。

その自由さが至福やというわけで、
苦労に対して報われる何かじゃなく、
不幸せの反対としてある幸せでもなく、
無条件にあるものなんです。

無条件ということは、どんな証拠も
何かしらのしるしも必要ないんです。
つまり、なんもない
ってことなんです。

それが自由ってことなんです。
重い荷物を降ろせるんです。

でも、自由って、どこかにあるわけじゃなく、
そんなん最初っから当たり前にあることなんですよねー。

在り方に、制限なんて本当はないじゃないですか?

こうあらねばならない。
っていう縛りってないですよね?

だから、元々在り方は自由なわけですが、
ここでよく起こる誤解があるんです。

自由だからってどうあっても良いわけないじゃないかー!
っていう自分の中の反論として現れる場合と、
どうあっても良いんだから、もう好き勝手にやってやるー!
っていう思いです。

このどちらかが、まだある場合は、
実は真に自由になってるっていうわけじゃなく、
どこかにこだわりがあるんですよね。

在り方へのこだわりですね。

ま、そのどちらもイイっちゃイイんですけど、
それは、こだわりになさからくる表現なんです。

起こることが起こってるだけなんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします