読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

なんにも無いから、なんにもしない。

自我ちゃんのクセ

f:id:takuteto:20160705100711j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

なーんにもない。
全ては幻想だからって、
ナーンにもしないようにする。
ってなことをしなくてもいいんですよね。

全てはお任せではあるんですが、
だからといって、なんか計画を立てずにいる。
とか、
自分からは何も行動をしない。

とかね。

そういうことでもないんです。

もし、何かしらの衝動があるのなら、
それをすればいいでんです。

予定や計画も立てればいいし、
たてたくなけりゃたてなくてもいい。

ただ、ちょっと計画を立てといたほうがいいなぁ。
と思ったなら、そうしたらいいんです。

どうにも、
妙な悟り的な生き方をしようとしちゃったりする。

なんか、そういう風にふるまうってことじゃぁ
全然ないんですよね。

私もおらず、自分もおらず、何にもない中で自分を普通に生きるんです。

自分がいないんだったら、自分を生きるなんて変じゃないかー!
って思うかもしれませんが、
それをそう考えるのも自分がおるからなんであってね。
そこに何かしらの探求が残っとるんです。

ホントに自分がおらん!ってのが明らかになると、
別にそこに矛盾がなくなるんです。

自分はいないけど、
衝動も起きれば、好き嫌いも起きるわけなんですよね。

ただ、面白いことに、
衝動や好き嫌いへのこだわりは無くなってくるんですよね。
なんで、こだわらないのかっていうと、嫌いは嫌いでバッチリOK!だからなんですよね。

もしも、何かしらの自分がいないっていうフリをしたくなっているのだとすれば、
そのフリをしようとしとる自分っていう観念がそこにあるんですね。

それが観念だということが明らかになると、
自分がいないからって、衝動を抑えなければならない。
ってな変な観念も必要なくなるんです。

明らかにするにはどうしたらええねーん!って言いますとね。

うはっ!なんか、私!悟ったようになりたがってる!
みたいな思いを見てあげたらいいんです。

そして、その思いがあることを許してあげるんです。

嫌いな人がいる。嫌いなことがあるのなら、
嫌いな人を許すのじゃなく、嫌いな人がいるっていう状況を許してあげるんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします