Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

大元のそれと理解されたモノ

f:id:takuteto:20161018210341j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

「それ」とは最初っからある大元の「それ」です。

言葉以前にあるモノですので、「それ」を指し示す言葉はどんな言葉を当てても違うものとなります。

便宜上、「それ」への目覚めだとか、悟りと呼ばれていたりします。

悟るではなく、悟りです。
それは悟るとなると、主語である誰かがいると暗にイメージされるから、ただ「悟り」と言われてたりするわけです。

さて、最初っからあるのが「それ」ですから、最初から無いモノを排除していけば、残るモノが「それ」です。

これ以上なくシンプルなものが「それ」なわけです。

なので、どんな説明を尽くされても、その説明以前のモノが「それ」なので、
説明の先、理解の先には「それ」はないんです。


頭で考えている思考は、「それ」ではなく、
起こってくる感情は「それ」ではない。

思考や感情以前に起こる感覚、

聞こえる音、触れる感触、
これも「それ」ではない。

残るのは、なんでもない宙ぶらりんな「それ」のみとなります。

あらゆる理解が排除されたときに「それ」が残ります。

ここで、全てがひっくり返ります。

あらゆる理解というのは、
頭で考えている思考は「それ」ではない。

起こってくる感情は「それ」ではない。

思考や感情以前の五感の感覚は「それ」ではない。

といったモノもただの理解でしかない。っていう風になります。

全ての中で何かしらの理解が起こっていただけ。
という風になります。

「それ」じゃないものはないし、「それ」であるものも無い。

どんな理解も通用せず、宙ぶらりんで、なんでもない。

起こっていて起こっていない。
それでいて全てである。

全てであるので、全て以外のモノがなくなります。

この辺りが言葉の限界になりますね。


理解というのが、一人相撲の始まりでしかなく、
どこかで、理解が無けりゃ何も始まらない!って思いこんでいただけだったんです。

理解されたものを徹底的に排除していくと、

何かにつかまろうとする衝動がのこります。

宙ぶらりんでは気持ち悪いとするエネルギーです。

この衝動が探究のエネルギーとして何かを確定しよう!判断しよう!としています。

その衝動をそのまんまに放置しておくと、
この、衝動によって作られた世界から自由になります。

衝動を収めようとするのではなく、衝動は衝動の都合でただ起こっているだけなんだとなります。

外に風が吹いているのは、風の都合で勝手に吹いてます。
それと、同様に、衝動は衝動の都合で起こっているだけなんです。

衝動によって作られた、理解という足かせが外れると、
不思議なことに、最初からそんな足かせなんてなかったんだと気づくんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ