読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

時間という概念について

f:id:takuteto:20161018210259j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

時間ってのもねー。
結局過去とか未来とか言ってますけど、
それも今、言ってるだけなんですよね。

どんな過去もどんな未来も今作ってるだけなんですよ。

後悔もね。
結局、今、作ってるわけでね。

例えば、
恋人欲しいなー。
あー、あんなこと言って別れなきゃよかったなぁー。

みたいなね。

そんな後悔があるのだとしたら、それも今、作ってるわけで、

今、物凄く良い人がいるのであれば、そんな思いも起こってこないわけなんですよ。

今の状態が、過去も未来も作ってるわけです。

前世も来世も今の状態が作ってます。

でもって、作られたものですので、物語なわけなんです。

過去とか未来ってのが、単純に今作ってるだけであって、
過去とか未来なんてもんはないんやー!ってのが明らかになってくると、
もう、過去とか未来を作る意義も失ってくるんですよね。

過去とか未来を作れるのって、そういう時間があるっていう信念みたいなもんによって成り立ってただけなんですよね。

その信念がなくなると、過去や未来を作る意義がなくなるんでね。
そうなってくると、もちろん、過去の自分。みたいな記憶はあるんですけど、
もうそういう自分ってのも他人事のようになってくるんですよね。

なんていうか、見終わった夢。みたいな感覚に近いかもしれません。
過去の自分が他人事のように、未来の自分なんてのも、なんていうか案じる意味がなくなってくるんですね。

過去も未来もないからね。

そりゃね。
予定くらいは作れますよ。
でも、どんなに予定を作っても、今の予定でしかないんですよね。
そして、どうなるかなんてわからんのです。
分かりようがないっていうかね。

ずーっと今が諸行無常してるんです。

諸行無常してるってのは、常に変化しとるというわけです。

そして、常に変化しとるってことは、もう何にも変わってないのとおんなじになるんです。

変わるっていうのは、固定された何かがないと成り立ちませんからね。
固定ってのがないので、もう、変化しかない。
それはもう完全にわからんのです。

それを何か固定して、持っておこうとしたり、変化を知りたいと思うと苦になるんですよね。

でも、持っておく誰かも、知りたい誰かもおらず、この諸行無常しかなくて、
なんていうか、境界のないその無常だけがあってね。

変化というのも、何にも起こってないってのも
同じことになるんですよね。
なんか言葉で言ったら変になりますが。

一元だと、どちらか片方ってのが成り立たないんですよね。
どちらか片方っていう概念が成り立たないんで、分かることなんてないんですよね。

分かることがないってのが明らかになると、わかろうとしなくて良くなるんで、
楽になるんです。

そのまんま委ねるしかないんです。

その委ねるしかないってのが受け入れられてるので、
もう完全に許されてるって感覚を感じたりします。

なので、完全完璧やー。ってね。表現されてたりするんですよね。

愛って表現されているのも、完全に許されてるからなんですよね。

「それ」しかないんで、許される以外なくって、ひとつなわけでね。
1つ以外に何にもないんで、もう数字の意義も失われるわけなんですが、
この境界がない感じがね、いわゆる愛って感じなんです。

許されてて、完全完璧で、しかも境界もないってのが究極的に「それ」なんです。
なので、愛しかないんです。
みたいに言われてたりするんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ