読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

起こってるのになんもない

f:id:takuteto:20161004095944j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

全ては完璧で、起こってることが起こってるだけ~。
でもって、なーんにも起こってないんですよー。

みたいなことをね。
僕も書いてたりするんですけど、
これって、言葉をそのまんま受け止めたら、
もう、たわごとですよね。

で、言葉では表現できないんです~。
ってなるから、

どないやねーん!
ってね。

なるじゃないですか。

いっつもそんなたわごと記事をアップしてるわけですが、
書いた後に、
あ、でも、あの言葉を言葉のまま受け止めたらちょっと違うことになるなぁ、、、

なんて思いも起こったりするんですけどね。

なので、言葉の意味探しをするよりは、
もっと、自分の感覚のほうを見ていって、
もし、なにかしらの気づきにつながる言葉があったら、
それを自分で吟味してみる。

あとは、たわごととしてほっておく。

そんな感じでいいんじゃないかなー。って思います。

自分の状況が変わってきたら、前はたわごとだった言葉も
違う感覚としてよみがえってくるかもしれませんのでね。

「それ」を言葉で表現しようとするのは、無理ゲーなので、
それが、ブッダの言葉でさえもどっかに、嘘が混じるんですよね。


例えばね。
青空さんと、曇り空さん。そして星空さんがいるとするじゃないですか?
その3人がそらのことを会話するとします。

青空さん「そらは青く澄んでおります!」
曇り空さん「いやいや、空は灰色っぽい白ですよ。それがずーっと広がっておるんです」

星空さん「何言ってるんですか!そらってのはまさに真っ暗で、その暗闇に針で穴をあけたような光が無数にあるんですよ!」

みたいにね。

いう事はバラバラで全然違いますが、いずれも本当のことと言えば本当のことだったりするわけです。

でも、実はこの空(そら)なんてのも、移り行く現象を名付けただけでしかなくて、
ホントは名もないただの空間があるだけなんですよね。

なーんもないんです。
何にも起こってないんです。
ってのは、
この名もないただの空間があるだけですやん。
っていうのに近いニュアンスです。

そして、青空とか曇り空とか星空。

そういったのがただ起こってるだけ、どんな空にもなりうるし、時には赤い空にもなる。
そういった判断があるときだけね。

でもあるのは空間だけ。
全てはこの空間なので、何かに対して空間があるということでもなく、
そうなるとあるという意味も消え去ってしまう。

ってなことなんですよね。

言葉の意味を解き明かそうと探究すると、そこにはゴールが見つかりません。

せやから言葉を解き明かそうとせずに、
自分の奥に響く言葉があったなら
その言葉のレッテルは一旦おいておいて、
その響きをただ、感じてみたらええんとちゃうかなって思います。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ