読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

わからんとは神秘さ、生きてる感じ

それのこと

f:id:takuteto:20160928100732j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

全てである「それ」とは、まさに神秘そのものです。

神秘=「それ」です。

神秘とは、
人知では計り知れない、人に認識や知識を超えたことです。

なので、人は時にその神秘に触れた時、畏れ敬ったりしていたわけです。

そして、神秘とはまさに生きているこの感覚。生命感そのものであるわけです。
何かしらの動力源があるわけでもなく、脈打つ鼓動。
この生命は神秘そのものなんです。

この生命の神秘は人知を超え解き明かすことは不可能であり、
神秘を言葉で説明することも不可能なんです。

というわけで、お早うございます。
タクさんです。

ガラにもなく、「神秘」とか、
かっこいい言葉で書き始めちゃったりしてるわけですが、
今日はこの神秘について書いてみよっかなぁーって思います。

さて、
この神秘ってのがまさに「それ」そのものな訳ですから、
もう神秘そのものになればいいわけですね。

じゃ、この神秘ってのは、なんなのか?
ということになるんですけどね、

それは、人知を超えた人には計り知れないモノなわけですよねぇ。
でもって、全てはこの神秘によって成り立っているわけでもあります。

「神秘」という言葉ってね、なんか神様の「神」みたいな字も入っていたりして、
なんていうか、大仰な感じがするじゃないですか。

でもね、計り知れないものということは、
つまり、神秘とは、「わからん!」ということなんですよね。

また、僕らは当然生きておるわけで、この生きてる感からは一度も離れたことがないわけでもあります。

この生きてる感ってなんやと言いますと、やっぱりわからんわけなんですけどね。
そして、それで良かったんです。
わからんままでもう「それ」そのものやったんですね。

「わからん!」をわかろうとすると、わからん!から遠ざかります。
そして、わかろうとする中で、物語が進行していきます。
いつしか、その物語の中だけで世界を見る癖ができてしまったりします。

これは、
解き明かそうとすることが、神秘を覆い隠していたということでもあるんですよね。

わからんままに、わからん!という中に溶け込み、
ただ、わからん!ままでいることが、
まさに、神秘そのものに在る。
ということになるんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ