Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

起こってる現象があるだけの、現象って?

f:id:takuteto:20160909140729j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

鳥の鳴き声に、
車の行き交う音。
耳に聞こえる喧騒の音。

その音は、ホントは鳥の鳴き声でも無けりゃ
車の行きかう音じゃないんです。

空に浮かぶ雲、
前方に見える山々。

それらの景色も、ホントは
空に雲が浮かんでいるわけでもなく、
前方なんてなく、山々でもない。

起こっていることが起こっているだけ。

その現象があるだけ。ってのが真実なんですが、
この真実は、

鳥が鳴いているのでもなく、車が行きかってるのでもなく、
空に雲が浮かんでいるというのでもないんですよね。

何を言っとるんじゃ?

って思われるかもしれませんね。

でも、
鳥が鳴いてるとか、空に雲が浮かんでいるとかね。

それって、起こってることじゃなくて、
思ってることなんですよね。

思ってることっていうのは、
あくまでもイメージですから、物語なんです。

鳥とか、雲とか空とか、
そういったレッテル以前のもの。

それが起こってるんです。

雲と空といったように分けられないんです。

自分自身だと思っている感覚も、起こっている現象に溶け込んだひとつです。

溶け込むというと語弊がありますが、
分かれてないんです。

ホントは分かれてないものを、分けて理解する。

そやって思っていることに埋没して、あれこれと思い悩む。

この物語の中で、あれこれと思い悩んでも、無意味なんです。

無意味とか聞いちゃうと、なんていうか、無駄なんやー。
って思ったりするかもしれませんが、

そういう事じゃなくて、ただただ一人相撲をしてただけ。
という事です。

一人相撲は刺激的で面白く、退屈をしのげるんですね。

ですが、そこには何かしらの意味があるわけじゃない。
という事です。

起こってる現象を、受け入れようとか、許そうとか。
そんなことをする必要はありません。

なんていうか、その現象しかないわけで、
それを受け入れるとか許すとか、そんな別の存在。
その現象から一歩離れて、それを受け入れたり、許したり、許せなかったり、、、
そんな存在は、いてないんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ