読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

自分が最高であることを許す

f:id:takuteto:20160905143109p:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

手放すとか許すとか受け入れるとかって言われるじゃないですか。

そういうのって、なんていうか不快なものを手放したり、
それを許したりみたいなね。

そういう側面で語られてることも多いと思うんですけど、

僕としては、そんな不快的なものってのは、
もう無視して、相手にしないで良いと思うんですよね。

で、
許したり受け入れたりするのは、
自分が最高である。
というのを一回真剣に受け入れてみたらええんとちゃうんか?
って思うんですよね。

世界一素晴らしく、
宇宙一すばらしい。

それが自分だ!

というのを、受け入れるんです。

これって、事実なんですよね。

どうしても、できない自分ってのが頭に現れてくるかもしれません。

でも、できないことって、
自分が手を下さなくても良い事なんですよ。

でね、
どうしても手を下さなきゃならないことってのは、
自然と身についていきます。

出来ないのは途中経過でしかないのかもしれませんし、
そもそも手を下さなくてもよい事なのかもしれません。

なので、ほっとけばいいんです。
勝手に起こって行ってくれるので任せとけばいいんです。

あなたの素晴らしさを縛る条件なんてものは無いんですよね。

数億円、数兆円のお金よりも、あなたの方が素晴らしいですし、
神や仏や、聖者やマスターなんかは、あなたの足元にも及びません。

なぜなら、それらは全てであるあなたの中で作られた、ほんのひとかけらの想念でしかないからです。

小さな限定された「ワタシ」に閉じこもっていると、どうしても自分の素晴らしさが実感できないかもしれません。

素晴らしさとは、阻害するものが無いという事です。

なぜなら、元々が素晴らしいからです。
その元々があなたの正体です。

阻害する何かがあると誤解している間だけ、小さな「ワタシ」に閉じこもってしまいます。

無いモノに閉じ込められてるんです。

収縮のエネルギーみたいな感じです。

あなたは全てであるというのが、元々のあなたなんです。

あなたの素晴らしさを認めることを、自身に許可するんです。
「自分なんてまだまだ・・・」ってのは思いっきりスルーです。

遠慮せず、強気で自分の最高さを発見していったったらええんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ