読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

明らかさを感じるコツ

それのこと リラックス

f:id:takuteto:20160812105333j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

また、
ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

そーすると、
今考えている思考とか感情とかを、
一旦おいておくことが出来ます。

そして、それを置いておくとね。

感情や思考が無くても起こってることは、明らかに見えてますよね。
意味づけされる以前の音、意味づけされる以前の景色が広がっています。

この見えているのはもう明らかです。

この明らかさが、あまり明らかに感じられないのだとしたら、
まだどこかに、分離があるからなんですよね。

意味づけされる以前の何かを自分が見ている。

みたいなね。

そして、その分離感が、意味づけを求めるんですね。

で、これは車の音で、今日は雨が降りそうな景色だ。
みたいにね。
発展していくわけですが、

そうなったらまた、
ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

また、
ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

ってね、
置いておいたらいいんです。

そーっすっと、
明らかさだけが残ってます。

声なき声が、
「大丈夫やでぇー。」
って声掛けてくれています。

すかさず分離感が、
「どういった根拠で大丈夫なんじゃー!」
と騒ぎ出します。

それでもただ、明らかさを掴まずにそのままにいると、
分離感は行き場を失います。

元々、分離感みたいなモノも無かったことさえ、
明らかさの中に包まれていきます。

すかさず分離感が、
「おお!これが体験か???」
「この感覚が悟りなのか???」
「とうとう体験したのか?わかったのか??」

とか騒ぎ出します。

それでもただ、明らかさの中にたたずんでいると、

悟りなんてものも無かったんやねぇ~。と、
明らかさの中に包まれていきます。

あるのは、なーんにもない「それ」だけ。

ちょっとした時間に、

ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

また、
ゆーっくり、息を吸って―。
ぷはぁ~と吐く。

そして、一旦おいておく。

全ては自分が見ている。見れている。
自分と言う感覚さえもただ、見ている。

見ているものと、見られているものに距離は無く、
それは、同じものでしかなく、

見ているものは、その意味を失います。

ただ、明らかな「それ」だけが残るんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ