読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

目の前のものと観念

f:id:takuteto:20160714174502j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

今、目の前に何がありますか?

コップ?
ペン?

コップでもなんでもいいから、今、見てみてください。
できれば形あるもののほうがいいかな?

コップだとしてみましょう。

そのコップを見てみてください。

この時、あるのはそのコップだけなんです。

どこかに観念的に、それを見ているという判断的なものがあるかもしれません。

この、それを見てるとしているのはただの観念なんです。

実体のあるコップだけを見てみましょう。

見てるとしている観念には姿も形も無い。
つまり、実体のない想像の産物なんです。

この観念に対する見抜きが起きた時。

ホントにちゃんと見られた時。
その観念は力を失うんです。

あるがままとは、
ただある目の前のコップです。

観念なんかは存在して無いんですね。

この観念が重みとなっていたんです。

よく言われる悟りの素晴らしい体験は、
この観念を手放した本来の軽さを表現されているんです。

重いリュックを下ろした瞬間の開放感みたいなもんです。

いつか来るその時をまつ必要はありません。

常に今、門は開かれているんです。
今、目の前にある実体のある何かを見てみたらいいと思います。

目の前の実体のあるもの以外の、
実体の無いもの。

それが観念です。

観念には実体がありません。
だから、ただの想像の産物であることは明らかなんですよね。

そして、「それ」とは、
そのことが明らかになるだけのことなんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ