Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

今、目の前にあるもの

f:id:takuteto:20160711094349j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

ほら、当たり前のことなんですけど、
今、目の前に在るモノ。
それしかないじゃないですか。

それ以外のものなんて有りようがないじゃないですか。
そりゃ、想像することはなんぼでもできますよ。

でも、それって想像に過ぎないんですよね。

今ある「それ」。
「それ」しかないんですよ。

この今ある「それ」をね、
音とか通り過ぎる風とか、誰かが話す会話とか、
通り過ぎる人とかね。

そういう風にね、
解釈を加えたとたんに、その今あるそれは
今を失い、解釈の中の作り話に囚われてしまうんですよね。

そういった解釈を加えた途端
一瞬を掴み取ることになってしまうんです。
その一瞬はすぐに失われ、過去と言うただの説明でしかなくなります。

解釈された何かってのは、
ストーリーにすぎないんですよね。

なーんもないってこのブログでも書いてると思うんですけど、

このなーんもなさってのは、解釈のなさなんですね。

とはいっても、
言葉ではうまく説明できませんけど、
存在・生命感。
みたいなもん?

そーゆーのは有るじゃないですか。
光を見たらまぶしく感じますし、
そういった感じはあるじゃないですか。

それって、存在・生命感とかいう言葉をこえたものとして
あるわけなんですよ。

「それ」だけがあるわけです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ