読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

何もしない事はできない

人生オママゴト論

f:id:takuteto:20160425121641j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

よく、
「何もしなきゃいいんです」
とか、
「考えるのをやめればいいんです。」
とか、
「考えるな、感じるんだ」

とか言われますよね。

僕はその言葉の通りだと思うんですけど、
でも、それだけだとちょっと説明不足というか、不親切かもしれないなー。
と思ったりもします。

何もしないとか、考えるのをやめるとか、
そういったことをしようとした時に、大きなジレンマが発生するんです。

それは、
何もしないをやろうとする。
考えないをやろうとする。
というジレンマです。

結局、何もしないをしてるじゃないか。

ってことなんですよね。

そして、その何もしないをやろうとするのは、何かを得たいと言う思いがあるからです。

この時点で、もう、何もかもが有り有りになってしまっているんです。
考えないために瞑想をしたところで、
そこに「何も考えないため!」
と言う、明確な目標が出来上がってしまってるんですよね。

そしてこれがもう、自我ちゃんの特性である以上、
これをどうにかしようとすることはできないんです。

本当は、自我ちゃんと言う何かが存在しているわけではありません。

ただ、そういった考えがあるだけなんですけど、
そこに自我ちゃんがあるという大きな信念を持っているんです。

この信念が分離のエネルギーです。

この分離のエネルギーが自我ちゃんを生み、
「何もしないにはどうすればいいのか?」
という矛盾ありまくりな考えを生み出しているんです。

これは禅問答のようなものですね。

「何もしないをやってみなさい!」

みたいなね。

じゃ、どうすればいいのか?
ですが、どうすることもできませんし、
そもそも、この問い自体はただの音です。

何かをする。とか何もしないって言うのもただの音じゃないですかー?
この音に、何の物語を付け加えようとするんです?

どの物語も素晴らしいかもしれませんが、それは物語ですよね。
うふふのふ。

と言うのが、この問答の答えとなります。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ