Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

悟りの探究とひとり相撲

f:id:takuteto:20160425121623j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

頭にかけておいたメガネのことを忘れて、メガネメガネと探しまわる。

これってまさにひとり相撲のようなものです。

そして、メガネが頭にあったことに気づいた時、
メガネを探していた本人は、
「あ、ここにあったのかー」
てなもんで、メガネが見つかった気になっています。

でも、メガネは見つかったのではなく、最初っからあったんです。

ただ単に、見当違いなところを探していただけなんですね。

悟りの探究というのも、これと似ています。

誰からもどんな時も離れたことのない「それ」を見当違いなところで探しているようなもので、
「それ」はあなたから離れたことなんて一回もないわけです。

ただ、探そうとする気持ちがそれを見失わせているだけなんですね。

人ってだれでも、より良くする、よりよくなる為になにかを探究します。
この行為の原点には「愛」があるわけなんです。
そして、探究の欲求もその原点である「愛」を求めているんです。

探究のゴールはどこかにあるわけじゃなく原点に答えがあるわけなんです。

その原点は、あなたから離れたことは無く、今も目の前に展開されているわけなんです。

目の前のなんてことのない石ころでもいいし、ペットボトルのふたでもいいんですが、
それに一切のレッテルを貼らずにただ観てみると、そのもののありのままの姿が現れてきます。

それは、固定されたものでもなく、説明できるものでもなく、分離できるものでもない
一体となった流れです。
この流れが命です。

この命は完全な静寂の中で、表現し続けているんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ