Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

気づきもスーッと消えた時

f:id:takuteto:20160323111215j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

思考がしずまり、感情がただそこにあり、その空間に溶け込む時、気づきがおこります。

今まで自分だと思っていた思考も、
自分だと思っていた感情も、
ただ、思考としてあり、感情としてあっただけだった。

自分という感覚も、そこに大きく横たわる感覚だったんです。

そして、この気づきが、まさに「それ」なのか?と思ったりしがちですが、これは「それ」ではなく気づきです。

そのうち、その気づきもスッと消えていきます。

この気づきさえもスッと消えた時。

それがそれです。
完全に言葉で説明不可能な生き生きとした無なんです。

無の中で衝動が起きています。
無の中で、あらゆることが起きています。

何が起きていようが無ですし、
どんな音が起こっていても、静寂なんです。

そこに、私はいません。
今までもいませんでした。

心臓を自分で動かしたことなんて、今まで一回もないですし、
髪の毛を自分自身でヌオーって伸ばしたこともないのに、
なぜか、起こる思考だけは、自分でコントロールしていると思い込んでいたんです。
感情は自分だと思い込んでいたんです。

その思い込みが、ただただ起こっては消え、流れていくエネルギーに抵抗して、何かを掴み取ろうとしていただけなんです。
そしてそれが、苦を生み出していたんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ