読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

本当に引き寄せたいものとは?

f:id:takuteto:20160223154728j:plain

おっはよーございます!
今日は、流行りの引き寄せの法則関連のお話しをしたいと思います。

引き寄せの法則って魅力的ですよね?
だって、それを使いこなせばもうなんでも好き放題!悩みや不安なんかとも一生オサラバ!なんですもん。

さて、よくこの法則なんかでいわれているのは、
「あなたはすでに、あなたが望むとおり現実を引き寄せてる」
って言葉ですよね。

で、そんなこと言われても、
イヤイヤイヤ、それやったら悩みませんって、
こんな現実望んでませんもん。
って思うわけです。

するとそこで帰ってくる定番の答えが、
「だって、あなたはいま、幸せを引き寄せたい!って思ってるでしょ?
だから、その引き寄せたい!という思いは、つまり今は幸せじゃないということを意味するでしょ?
だから、その現実が引き寄せられてるってわけですよー。
なので、もう幸せがかなった状態になりなさいねー」

とか言われちゃうわけです。

するとですね。
「お!なるほどー!そっかそっかー。じゃあ自分を整えて幸せな感じに先にならなきゃならないのか―」
と思うわけです。

ま、体を鍛えるときはイメージトレーニングをした方が効果がでやすいですし、そういったイメージングはそれなりの効果はあると思うんですよね。

それで、うまくいく場合もあれば、そうじゃない場合もあるでしょう。

ここでね、ちょっとうまくいった場合は
「おお!やはり引き寄せは存在した!」
と大騒ぎしてみたり、
なかなか自分がかなった状態になりきれない!
と落ち込んでみたりと、そんなことを繰り返すわけですね。

そして、自分を整えよう、整えようといろんなワークに手を出してハマっちゃうんですね。
これは、スピ系の癒しのワークにハマるパターンとよく似ています。
全てを癒しつくした後に待っている完全な自分という幻想を見てしまうんです。

そして、お金なり他のものでもいいけど、いざそれが運よく手に入っても、
その時だけはテンション上がって楽しいわけですが、しばらくするとまた
あれ?まだそんなに幸せじゃない。。。
といったようなことに気づくんですよね。

そっか!金だけじゃだめだ!
次は引き締まった肉体だ!
よし、次はパートナーだ!
次から次へと欲しいモノが移り変わるだけになってしまうんです。

そしていずれはどうしようもない壁にぶつかるんです。
こだわりは増えれば増える分、それを失う困難に遭遇する確率も増えてくるんですよね。

そして結局、人はみんな年取って肉体は衰えていくわけです。どーしようもありません。

ま、欲しいモノを次から次と手に入れていくんじゃー!てなのも面白そうですし、
それはそれでいいと思うんですけど、
もし、それがつらくなってきたら、あなたが本当に望んでいるものは何だったんだろう?
ということを知ってみることも良いかもしれません。

僕らが本来望んでいるもの。
それは、お金でも権力でもでっかい家でもなく、、、
その底にあるものは「安心」なんですよね。

よりよくなろう!何かを引き寄せよう!とするのも、突き詰めると「安心」が欲しいからではないでしょうか?

そして、
なーんだ。結局、わたしは安心がほしかっただけなんだ。と気づけるとかなり楽になります。

そしてその安心は、ここに、足元にあるんです。

そして安心が欲しいがために、あらゆる武器やヨロイを身に着けようとし、
そうして、何かになろうとすることで、その安心が損なわれてしまっていたんです。

安心じゃないという思いは、その思いの中にしか起こりません。

最初は完全に安心なんです。赤ちゃんは安心しています。

何も起こっていない安心のなかで、安心じゃないことが起こっているという夢を、思考の中で見ているだけで、ここには変わらず安心があるんです。

▼よろしければ、こちらをポチッとおねがいします!
他にも面白いブログがいっぱいですよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ