Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

生の感覚だけが全てであり、全てだけしかないんです

f:id:takuteto:20160218191939j:plain

僕らは生きてますよね?

その生の感覚だけが全てです。
そして、全てしかありません。
だって全てだからね。

身体が生きているわけではありません。
生の中に身体という概念があるわけです。

生の中で、足の裏の感触を感じている時。
その時、足の感触だけが起こっています。

その上で、思考や記憶が身体という概念を作り出しているんです。

だから、生きているだけで完全完璧。
まるもうけ。なんです。

生きている感覚、全ては今しかありません。

本当のところは、今すらありません。

時間は完全に思考の中で作られた概念です。

今でも過去でも未来でもなく、ここでもあそこでもないところで、全てだけが、全てとして生き、諸行無常しているんです。

諸行無常とは常に変化をしているということではありません。

変化は記憶によって作られた概念の中にある設定です。

喧騒も移り変わる景色も、完全な静寂の中で起こっているんです。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます!
▼お帰りの前に、バナーをちょちょいとクリックお願いしまーす。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ