Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

苦を消したいがため、人は苦を生む

f:id:takuteto:20160211212810j:plain

今日もアクセスありがとうございます!
▼バナーをちょちょいとクリック応援お願いしますっ押忍!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

私がいないのが本当だとしたら、何にもできなくなるじゃないのか?

ただ、脳みそお花畑なおバカになるのじゃないのか?

とか、自我ちゃんは相変わらずそういった仮定の話を持ち出してきます。
どこまでいったって、自我ちゃんはわかってないと怖いのです。
そして、わかろう! わかっていようとするのです。

これは心(自我)が自分の仕事をちゃんとしているということです。
そして、この心(自我)はあなた自身ではありません。

あなたは、トイレ行きたくなったら、勝手にトイレに行くでしょうし、
腹が減ったら、何食べよーかいなーって勝手にご飯の準備を始めます。

そういった起こっていることに、
後付けで「自分が行為している」という概念を付け加えているだけです。

僕らは自分の足でちゃんと立てるのに、
どうしても杖を持っておかないと怖いんです。

だから常に杖となるものを探し続けるのです。

それが「苦」の原因となっていて、
その「苦」を埋めるために余計に杖を探し求めているんです。

この繰り返しが輪廻なんですね。

「私はいない」というのは、別に現実の否定ではありません。

本来は未知であるということの気づきです。
それは、物事を未知のままダイレクトに見つめるということです。

もっとちゃんと表現すると、未知がそのまま全てであり

それにダイレクトであるということは、その全てとあなたは分かれていない。

ということになりますね。

気づきも見つめるというのも本当はないんですね。
だから悟るということもないんです。

それ、そのものがすでにそれ!
それが三昧なんです。

そしてそれは既知からの解放なんです。

僕がここで書いているのは、方法でもなく道でもありません。

何かを指し示しているのではなく、
あらゆる誤解の破壊なんです。

誤解を生み出すのは既知なんです。

 

▼あ!お帰りの前に、ココ押してってー!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ