Life is like children playing house.

人生はおままごとのようなもの。

足るを知る

何者でもないというのは、すなわち神であるということやねん。

子供の頃、特についてない日がありましてねー。「どんな時も神様が見てるのよ」とか先生に教えてもらったもんですから、 くっそー!おい!この約立たずの神!ちょっと出てこいアホ!!! おい!出てこれへんのか!どーなっとるんや!これは!!!ええ加減せ…

足りない自分というものが存在しているっていう幻想

不安ちゅうもんは、自分の中に何かが足りないと思とるところから出てきてますんでね。自分が強化されたら埋められるんとちゃうやろか?みたいな誤解があるわけです。ほんとは、その足りない自分というものが存在しているっちゅうのが幻想だったというわけで…

あなたは、祝福されておる。いついかなる時も!

まずは嘘でも良いから、自分は完全に祝福されていて、とてつもなく幸福であり、元気に充ち満ちて、溢れ出てきていて、無限大の価値があって、今もその無限の価値ある希望あふれる何かが起ころうとしている。 っていうね。そういう設定にしてしもたら良いんじ…

ええ奴にならんでもええねん。

良い人になろうとなんてしなくてもええねん。ってねー。思うわけです。 周りには良い奴がいるかもしれないし、自分もそうなりたいと思ったりするかもしれません。はたまた、自分の嫌な面が出ちゃって人に責められるようなこともあるかもしれませんし、逆に人…

足るを知るの意味について

▼ポチッと応援おねがいします! 足るを知るってのはね。 「あんた!贅沢言わんと、今あるものでも十分でしょ!良い加減にしなさい!」 みたいなね。 どちらかと言うと、我慢しなさーい!みたいなニュアンスではなくてですね、 本来はもう満ち足りている。そ…