Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

それのこと

生命の海と表現の波

僕らの本質は生命そのものです。ま、当たり前ですよね。 僕らはみんな生きている生きているから歌うんだー♪ってことですのでね。 歌が歌えるのもいきてるからであって、死ぬかもしれん!と心配できるのも生きてるからでございます。 でもその生命そのものか…

今ここに起こってることの愛おしさ

僕ねー。とっても弱い映画のジャンルがあるんですよ。弱いってのは、泣きそうになるっていう意味なんですけどね。そのジャンルってのが、なんて言いますか、何だかんだと色々あった後にラストシーンで子供だったり青年だったりした主人公が時はたち、おじい…

思考と感情とリアリティ

思考や感情の声を真に受けている間は、その声による物語が頭の中で展開されますよね。 真に受けるとは、真実として受け取るっちゅうことですからね。その物語も真実味を持って受け取っとるわけです。 もちろんイメージの中でね。 これはね。別に自分の中の思…

自由と欲求

かーっ!自由になりたい! ってねぇ。皆さんも思ったりしますよね。 私は自由に空を飛び回りたいの。だから、私は翼が欲しい。 まあ、翼は別に良いけど、なんとなく縛られてるような環境に対しては自由でいたい!って思ったりもするもんです。 でね。自由に…

「それ」はあなたから一切離れることなく常に今、ここにある。

んがーっ!最近ちょっと疲れ気味のタクさんでございます!おはようございます。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今日は定番の「それ」はあなたから一切離れることなく、常に、今、ここにありますんやでーっていう話を書いてみよかなっておもいます。 // が…

先に命ありきですやん

ガッハッハッハ!って笑えるのも、オヨヨヨヨヨォ〜って泣けるのも、命があるからですよねぇ。 今日は気分がいい!と感じるのも、あかん、調子悪いわ、、、。と感じるのも、命があるからです。 いろんな思いがよぎるのも、その思いも命というスペースの中だ…

すでにそれだからどうしようもない。

欠けてるっておもてたコレがもう完璧やん!すでに本質的なそれそのものですしね。ってことなんですよね。 なので実際はもう探す必要すら無いわけなんです。 一見めっちゃ足りないように見えるじゃないですか。お腹が減ったら食いもんが足りてないと思います…

思考と時間と原因と結果と、私はいない、、。

何にもない中で、何かを始めようとした時に、そこに始まりと経過、そして終わりという概念が生じるんですね。 でね。経過があるから、原因というものも誕生するわけでして、そして、始まりと経過と終わりという概念が、時間という概念も生み出すわけです。 …

在るは、ただ在ることによって安心さを証明し続けている

そりゃーねぇ。不安で重たい感覚の時もあると思うんですよね。そんな時は、そんな自我ちゃんを、ホント、エライねぇ。って労ってあげたら良いと思うんですよね。 ちゃんと生きて行かなあかん!自分だけじゃなく、家族や会社や仲間のためにも、しっかりとやら…

単に観ると「それ」って同じこと?

単に見て見たらええねんってね〜。よく僕も書いてるわけですけど、 まあ、正確に言えば、見るやなくて、観るなんでしょうけどね。 ま、その辺の漢字ことはどうでも良いとして、、、。 で、何でもかんでもをね。見ることができたらね。なんていうか、見るが極…

ほんまにあるのは「それ」だけですんで。

このブログの記事のような話とか、いわゆる先生の話とかね。 そういうのを聞いたり読んだりして、「いやぁー。わからんわぁー!さっぱりやわ。」 ってなることもあると思うんです。 はたまた、僕もよく、わからんままでええねん。とか書いてますけど、 「う…

探す前には失うことが必要ですんで。

自己探求ってね。ほら、読んで字の通り、自己の探求やないですか。真我の探求っていうのも、 真の自分の探求ですよねぇ。 つまり自分というものを探すっちゅうことなんですが、そういうのを探すということは、それが今、手元にないと思ってるからですよねぇ…

強迫観念を思いっきりスルーしたるねん!

ここで書かれてる話は別に自分がどうにかなるっていう話やありません。 なんていうか、普通にスタスタと歩いていながら、頭のイメージの中では、なぜか杖をついて歩いている気になっている。 そして、歩くには常に一緒に杖を出さなきゃコケてしまう!って思…

シンプルすぎて気づかない??

おっはようございやす!タクさんです。 しかしま~なんですねぇ~。いや、何でもないんですけど、、、。 ほら、こういう話って、シンプルすぎて言葉にできない。とか言われてたりするやないですか。 その辺のことについてね。ちょっと今日は書いてみたいと思…

苦しみの解決を非二元に求める

おいコラ!タクちゃんヨォ。あんた、いっつも単にみて、それがあることを許してあげてくれ!みたいなことを言うけどヨォ。 わしゃ、この苦しみから解放されたいんじゃ!それがあったら困るんじゃいっ! なんてねー。ご意見もあったりなかったりするのかなぁ…

全ては何にもなさであると同時に、あらゆるもの。

全ては何にもなさであって、それでいてあらゆることも起こっとるわけですけどね。それを掴んだ時点で、分離されてまうわけですねー。 そして、掴んでるものも掴まれるものも、やっぱり全ての中にあるわけで、結局誰も何も掴んで無いっていうよくわからんこと…

不完全さへの許しが完全さを明らかにさせる

この話が役に立つのか?といいますと、役に立ちません。 ど・な・い・や・ねーん!役に立たんのかーい!ってことなんですけどねー。 ええですやん。役に立つとか立たないとか。そういうのに振り回されなくてもねぇ。。。 っていうねー。そういうお話なんです…

杖なしでも歩けるやん!

ずーっと杖がないと歩けへんってね。そういう思い込みがあっただけなんですよね。 不意に手が滑って杖を手放しちゃった時。ちょっと焦るんです。 やべ!って感じでね。 でも、あれれ?杖なしでもイケるやん!ってその時同時に気付くんですね。 // はい。おは…

明鏡止水と水と波。

ホーン! というわけでおはようございます。タクさんです。昨日お知らせした、タクさんレンタルと空のお茶会はおかげさまで定員に達しました。ありがとうございます。えー。行こっておもてたのにー間に合わんかったー!というお優しい方。ごめんなさい。また…

全ては未知でござる。

全ては未知であるっていうのもねー。よく考えたら当たり前なわけでして。 未知の中に飛び込もう!ゆーてねー。なんかカッコいい表現なわけですが、飛び込む飛び込まない以前にもうすでに未知ですし。。。ちゅう話なんですよね。 でも、未知だとやっぱり怖い…

自分の中にある裁定者。

うっほほーい!!! 最近ねー、なんか眉毛が異様に長くなってることがあるんですよ。 多分ね、身体の中の眉毛担当の人がね。この辺まで長くなったらもう抜けなあかん!っていう部分で、チェックを怠って、どんどん眉毛に栄養を流し込んどるんとちゃうやろか…

既知の中にあるを無知。未知の中にあるを智慧。

既知の中にある無知。未知の中にある智慧。 ゆーてねー。わかりにくいわ!ちゅう話ですね。 このわかりにくいわ!ってことを今日は書いてみよかな、と思ってます。 // お早うございます。タクさんです。 既知の中にある無知。未知の中にある智慧。 なんかゴ…

記憶の中にだけ継続性があるんですね

原因があって、結果があってー。っていうねー。 そういったものっていうのも、継続という観念なんですけどね。 こういう観念があると、

そうさ!そんなのわかりきったことさ!(by スナフキン)

そうさ!そんなのわかりきったことさ!(by スナフキン) おはよございますん。タクさんですん。 冒頭の言葉は、僕が好きなスナフキンの言葉です。 特別さ。何者かになろうとすること。 そういうのが、わかりきったことを覆い隠してるのかもしれませんねぇ。…

探求の終わりと、深刻さの終わり。

探求とは何かをつかみ取ろうと、掴み取るものを探し続ける心の働きです。 探求の終わりとはその働きが見抜かれるだけのことです。 なので、掴み取る能力を失うわけではありません。 だから、常にポーッとしてたり、刹那主義的に生きる人間になるということで…

自我ちゃんとありのままの「それ」について。

自我ちゃんにとっては「ありのままのそれ」については、絶対に認められないものなんです。つまり理解不能なんですね。 なぜなら、自我ちゃんとは、これではダメだと何とかしようとする動きそのもののことを指してるからなんですねー。つまり、「あるがまま」…

最初から救われてますし

おっはようございます。タクさんです。 まー、あれですわな。 みんな最初から救われてるんですよね。 // っていうかねー。 救われてないことがないんですよ。 へ?どゆこと?と言いますとね。 救われてないような出来事と言いますか、理由と言いますか、、、…

本当の自分を生きる。

おっはよーございまーっす。タクさんです。 皆さまいかがお過ごしでしょうか? さて、タイトルにもある「本当の自分を生きる」って言葉なんですけどね。僕は、たまにそれを聞いたりするとん???ってなったりするんですよねー。 いや、何してても、ウソの自…

五感の世界とスッピリチュアルの世界。

僕らの五感ってね。あまりに身近にあるもんですから、どうしてもこの五感で捉えた世界の中に埋没しちゃったりするんですけどねー。 ホントはその五感を通した世界って、全然ホントの世界じゃないんですよ。 でも、なぜかそれが唯一無二の世界やと勘違いしと…

分離のなさと失う恐怖

分離のなさはそのまま「愛」やということなんですけど、同時にそれは、心と身体の死も意味するんですよね。 なので、分離のなさを目の当たりにするとものすごーく恐怖を感じたりすることもあります。で、恐怖を感じると、どうしてもその恐怖を克服しようとし…