Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

それのこと

あなたがすでに「それ」なんです。そして、あなたはいません。

おっはようございます。タクさんです。 あなたがすでに「それ」なんですよねん。 ま、あなたも私もおらんのですけどねー。 と、いうわけで、今日は、あなたがすでにそれ。そして、あなたはおらん! っちゅう話を書いてみたいと思います。 // よくねー。あ、…

迷いが生じた時

ふいー。おはようございます。半身浴のやりすぎで、頭痛が痛いタクさんです。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? まあでも、あれですねー。自我ちゃんでも思考ちゃんでもいいですが、この子らって、もう文字を読んだ瞬間、その意味を理解するや無いですか…

自灯明と自分磨き

自分を磨いて自身を輝かせたい!そんな望みって持ってる人も多いと思います。 だから、いろんな能力を身に付けたいし、自分には何があってるのか?知りたいし、なにが、自分にとって正しいのか?も知りたくなりますよねぇ。 尖った石が、いろんな石とぶつか…

尊いものしかあらへんやん!

あらゆる観念の呪縛が解かれちゃうと、あー、ホントに天上天下唯我独尊なんだぁ♪ってなります。 これって、自分だけが他よりも優れているんだぜ!俺だけが尊いんだぜー!っていうわけじゃなく、 自分としてた範囲が解き放たれちゃうと、自分も他の人もなく、…

有ると無いと価値と無価値と。

有る物に対しては価値があり、無いものに対しては価値がない。無価値だ。っていうのはまあ言わずもがなの考え方ですよねぇ。 なので、そんな中で、「自分はどこにも無い」という言葉を聞いちゃうと、なーんだ自分って無価値なんだ。幻想だったら価値はないん…

オーケストラ

あらゆることは起こっては消えて行き、常に変化を繰り返しています。そしてそれは全て連携されたオーケストラのようなもので、その音1つ1つは、分離されていません。完全に調和されたオーケストラではありますが、観念が好む音色か?と言われると、必ずし…

より良くなるための道具(ツール)を手に入れるのって、実はどうでも良いことなのかも♪

僕らはより良い人生を歩むために、それを助けるあらゆる道具を欲しがります。支えになる丈夫な杖だったり、歩きやすい靴だったりね。もっと歩きやすい靴があるはずだと探し求め、もっと丈夫な杖があるはずと探し求めるんです。ま、実際の杖や靴ってわけでは…

無条件の受け入れ

無条件の受け入れっていうのはねー。それが許されるってことでもあり、それそのものの受け入れでもあるわけなんですけどねー。 「よっしゃ無条件に受け入れればええんやな!」ってなもんで、何もかもを文句も言わず、問答無用で許してあげなきゃ。。。って頑…

波に高い低いも良い悪いもありませんよねー。あるのはダイレクトな波だけですしねん♪

全てはエネルギーのようなもんです。これは完全な個体として何かがあるわけじゃなく常に変化しとるという感じなんですが、ま、要するに、波のようなもんなんですよねー。 音も波なら、光も波。物質と呼ばれとるものも波の集合体です。 僕らの体も常に変化し…

引き寄せと「それ」

「それ」とか悟りだとかの話ってねー。こう言うの聞いてて、「で?」ってなる時もあるかもしれません。 「で?それでどうなるの?幸せになれるの?儲かるの?安心できるようになるの??」「何がどうなるのよ?」 みたいなねー。 うん。わかります。 でも、…

明らかになる時に起こること。

雨降りの空に向かって、「コラー!何降ってくれてんねん!あかんぞー!今日わし傘持ってへんのやぞー!」ってゆーても誰も返事してくれません。こだまのように響くかもしれませんけど、、、。 で、そのこだまを自分が聞くんですね。「コラー!あかんぞー!」…

誰も何もしてませんねん。

風が吹いてる。って言うやないですか。でもね、誰も風っていう人がグワーって走り回っとるんやとは思いませんよねぇ。風っていう人はおらず、それは現象ですのでね。 石ころがコロコロ転がってるっていうのも、石ちゃんが「行くぜっ!」ってなもんで動いとる…

解釈からの解放。

この前テレビでマインドフルネスの特集がやってたんですけどね。マインドフルネスはいつの間にか同一化しちゃっている思考があること。そしてそれが思考であるということを見ること。みたいな内容だったんですけど、まあこれ、坐禅や瞑想と一緒ですね。 呼び…

自分は自分を放棄できませんよ。

自分が自分を解放することはできません。この自分っちゅうのは、エゴと言われたり、思考と言われたり、自我と言われたり、はたまたカルマなんて言われてたりします。 よく言われているのは、それらから解放されるには、これらを滅却したらイイ!なんてねー。…

それとは、なんでもないもの

「それ」とはなんなの?って聞かれちゃうと、なんでもないもの。ともいえますし、全てともいえますし、言葉では表現できないものともいえますし、そのまんまとも言えちゃいますねー。 ま、こうやって言えるものの中に正解があるわけでもないんですけどね。 …

理由なくオモロく。

おもしろき こともなき世を おもしろくすみなしものは 心なりけり はい。おはようございます。タクさんです。ニョホホ。今日は僕のお誕生日です。二十年+23歳になりました。気分は23歳くらいな感じですが、あっという間ですね。 さて、冒頭の句は高杉晋…

気づきと「それ」と分離のなさについて。

気づきの意識。みたいに言われとる存在があります。それは真我と表現されたりもしております。 今日はこの辺について書いてみよっかなーと思います。 思考とか感情、そして身体って分かれてるわけじゃなくて、なんていうか一個のもんなんですよね。感情が湧…

「それ」への理解

それへの理解っちゅうのは、理解をするもんやなくてですねー。どっちかというと、ほっといたら向こうから理解がやってくるっていう感じなんです。 もっと正確に言うたら、やってくるんやなくて、やって来るとおもてたこの中心点がね。なくなってというか、元…

全ては変幻自在に見えて同一性を持っている。

水は水。そりゃそうですよねー。 でも水って、川を流れていたかと思うと、海に到達し、期待となって雲になったかと思いきや、氷になったりもするわけで、これらの変化にいちいち意味や名前をつけてみると変幻自在でとても多種多様のようにも見えますね。 で…

全てはワクワクと湧き上がっとるワケでして。

記憶は、物語をものすごーく説得力のあるものに仕立て上げますよねー。「私は過去こういうことがあって、それが原因でこんな辛いことになってるんです。」さて、どうしたら良いんでしょう?みたいにねー。でも、それだって、そういう記憶とストーリーが起こ…

どないしたらいいんだろう?と思ったなら、どないかするのをやめたったらええねん。

非二元だろうが何だろうが、いろいろな話がありますよね。でもって、読んでくださってる皆様もいろいろな事情があるんだろうなぁ~って思うんです。 でね。こういう話をきいたとしてもね。 じゃあ、どうしたらええねん?って疑問がどうしても出てきちゃうと…

あなたは確実に「それ」を知っている

悟りの探求をしている時って、やっぱり「それ」とか「悟り」とかが、なんかすごい事!のように期待してたりすると思うんですよねー。で、探求中に現れるちょっとした「安心」体験!なんかがとっても自分を癒してくれたりして。で、さらに求めちゃう!みたい…

オモロイ!を表現することが天の道である。

「天道是か非か」という言葉は僕が好きな中国の歴史家、司馬遷(しばせん)の言葉です。 このおっちゃんね。天の道に従うべき!みたいな言葉があるけど、ホンマにそうなんやろか?天に背くような人も結構幸せな人生送っとるし、天に従った真っ当な生き方をし…

分離からの目覚め「経験しかなくて、経験すらない」

いつでもどこでも寝れるんとちゃうやろか?最近はそんなふうに感じているタクさんです。 あー眠い。。。 というわけで、おはようございます。皆さまいかがお過ごしでしょうか? さて、今日のお題は「経験しかなくて、経験すらない」みたいなお題なんですが、…

幸せのありか

もう何年も前なんですが、テレビでね。とっても幸せそうな人を見たんです。 たしかその人は海洋研究者のような人で、車で移動しながらいろんな海を潜っては、その海の状態を調査したりしてはるんです。で、海の大切さを地域の人たちに自作の紙芝居で伝えたり…

「何にもなさ」と「全てが在る」が同時に矛盾なく存在している。

シロクマくんっていうアイスが大好きなタクさんです。どうもおはようございます。 シロクマくんはイチゴ味がお気に入りです。練乳とイチゴのコンビは最強ですねぇ。 さて、アイスのシロクマくんは置いておいて、動物のシロクマの毛ってね。実は白くない!っ…

陰と陽

おはようございます。タクさんです。 僕の名前なんですけどね。拓と書くわけなんですが、子供の頃って親になんでこの名前にしたん?とか聞いたりするやないですか。 で、僕も聞いたことがあるんですよ。「なんで拓って名前にしたん?」ゆーてねー。ほなら、…

進化はしなくても良いというのは、怠け者になるということではありませんよん

進化はしなくてもいい。わからなくても良い。って言うのはなんていうかものすごく自堕落な感じに思う方もおられるかもしれませんねー。 でもそれは全然違います。もちろん、ナマケモノでも全然良いわけですが、、、。 これは、「わからなくても良い」にすら…

一切の代償は要らない。

源泉のエネルギーでも、宇宙の大元でも、悟りでも、言い方はなんでもいいんですが、全てに偏在している「それ」。この「それ」そのものっちゅうのはねー。一切の妥協もなく「それ」そのものなんですよね。 なんやそれ?なんの妥協がないねん? と言いますと…

「それ」が明らかになったらなにが変わるのん?

「それ」が明らかになったらなにが変わるのん? これ、もしかしたら気になってる人がおるのかもしれませんけど、ぶっちゃけなんも変わらんのですよ。 ただ、単に強迫観念の言うことに従わなくても良くなるっちゅうだけです。 なんで変わらなきゃならんのん?…