Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

時間と記憶について

時間ってね。記憶の中にしかないんですよねー。 もしね。記憶という働きがなかったのなら、時間も存在しないんです。記憶が過去や未来を作り出しますのでね。 へ?過去はわかるけど何で未来も?と思われるかもしれませんが、想像される未来って、過去の経験…

思考からの解放のコツ

僕らって、どうしても嫌な思考に巻き込まれたりすると、その思考を良い方にコントロールしようとしたがったりするもんですよねー。 ただ、思考って、それこそ神出鬼没。ネズミよりも素早く走り回りますし、飛び回りますので、なかなかそれをコントロールする…

思考の執着からの目覚め。

なんで冷たいんだ??なんかポツポツと頭の上から冷たさを感じるぞ!なぜだ?どうして冷たいんだー、、ってね。 雨降り模様の空の下でそう思い悩んでも仕方のないことですよねぇ。そんな時は、「あー、雨が降ってるのか。」とこの空模様を理解し、傘をさせば…

思考の反芻

おはようございます。タクさんです。 僕、将棋が好きなんですけどね。スマホの対戦型ゲームの将棋でよく将棋をしてるんです。 将棋ってかなり集中力を使いますからねー。電車の中でやってたりすると、よく降りる駅を通り過ぎちゃったりするんですよね。 ま、…

現実をありのままに見るということ。

僕らが苦を感じてる時って、結局、現実に逆らってる時なんですよね。現実が「思ってたんとちがうー!」ってなってる時、ぼくらはその現実に逆らおうとするわけです。 でも、それがうまくいかない時、苦を感じるというわけです。 この場合、二つのパターンが…

どう転んでも、私はサイコー。

ほい。おはようございます。 僕らってね、どう転んでもサイコーなわけです。つまり、いずれにしても完璧なわけです。 「でも、私ってば、何も満足できないし、」「愛もないし、」「自然を目の前にしてもなーんにも感じられないし、」「人を見てもバカにしか…

単に在る。でっ?その次は??

ただ単にココに在る。そんなココにただ居てみる。 するとねぇ。リラックスは出来てくるんですけどね。リラックスできたらできたで、 「はい!居てみましたよ!次はどうすれば良いのん?」って思いが湧いてきたりするんですよね。 そんな思いも置いておいて、…

やりたいことをやればいいと言われても…。

やりたいことやりゃぁイイのよー。ってね。 ホントそうなんですけどねー。でも、なかなか出来なかったりする方も多いと思うんです。 多分。単にやりたいことがあるなら、すんなりやるのになんの問題もないと思うんですよ。でもそうならない大きな問題の一つ…

因果の法則と因果からの解放。

全ては因果によって成り立っている。ゆーてねー。 なんていうか因果の法則ってもう逆らいようの無い原理原則のように語られてますよね。これに異論のある人はいないと思います。 でもね。今日はこの因果の法則の見方を変えて見てみてもらいたいんですよ。 ち…

そんなに自分をいじめなさんな

イノチの表現。それは喜びそのものです。 ありとあらゆる表現。風のながれ、花の香り、太陽の光に、もくもくと広がる雲。生い茂る木々に、人の足音、車のエンジン音に工事中のトンカントンカンと響く音。スピーカーから流れるCMに、信号の点滅。 宙を彷徨う…

探究の終りについての誤解

本来、すべては未知なんです。 でも、僕らって、未知に留まろうとすると、なんていうか、どうしても何かを掴んでおきたいっ!といったようなくぉぉぉぉ!ってくるエネルギーを感じるときがあると思います。 この衝動がまさに探究のエネルギーなわけなんです…

最も深く、そして、最も身近。

先日、ストパーをあててご機嫌のタクさんです。最近のストパーは、あてたところはずっとまっすぐなんです。だから髪が伸びない限りはまっすぐなんですよねー。半永久的に落ちないストパーなんて以前は言われとったんです。 アムロちゃん、「永遠」って言葉知…

幸せは常に不幸せと一体

至福は快楽ではない。至福は幸せでさえもない。幸せは常に不幸せと一体になっている。そして、快楽は常に痛みと一体になっている。両方を落とすのだ。あなたは一部だけを選ぶことはできないのだ。そして、そのとき湧き上がってくるのが至福だ。(osho) はい。…

気づきの瞬間。

たまにさ、深夜とかにクソ下手なドラマとかやってたりしません? そんなドラマを、暇に任せて何気なくみててるときに、不意に「ワシはいったい何を見せられとるんや!」って気づいちゃったりして、慌ててチャンネルを変える。なーんてね。 なんていうか、い…

出来ない自分というトラウマ

人が持つ大きなトラウマのひとつって「出来ない自分」という誤解なんじゃなかろうか?なーんて思うんですよねー。いわゆる無力感ってやつです。 うまくいってるうちは上手いこと隠れてるけど、ちょっと出来ないってな場面になると、不意にそれが出てきて辛く…

欠点を治すとか。

人にね欠点を直せ!って言われる場合ってね。それはその人にとって都合が良いからってことの場合があるんですよねー。 いやね。マナーみたいなもの。最低限のね。直しても全然気にならないくらいのレベルのものならね。直してあげたら良いと思うんですけどね…

思考を手放しても、思考は起こり続けますよん♪

僕、子供の頃ね。幼稚園の初日です。そのときに妙に感じた違和感をいまだに覚えてるんです。 初めて教室に入って座ってた時に、同じクラスの子に、あなた誰?名前は?って聞かれたんですよ。そのときになんか凄く違和感を感じたんですよねー。 それまでは、…

面白おかしくサイコー!だぜーに、蓋をしない

ボートに乗ってすいすいーっと川面を滑っていると、溺れそうになってる人がいたとします。 すると、「えらいこっちゃ!」という事で、助けに向かいますよねぇ。ボートを近づければ溺れそうな人がボートにつかまってくれますもんね。メデタシメデタシです。 …

自信マネジメント

はーい。おはようございます。タクさんです。 さて皆さん。タダのものってお好きですか?わーい大好き!って方はもちろん、もしかしたら、タダほど高くつくものはない。なーんて言われてたりもしますし、ちょっと警戒する方も多いかもしれませんね。 でもね…

ここが「コレ」

人を変えようとするのって、これ、無理ゲーなんですよね。外の環境だってそうですよね。これを変えようとするのは無理ゲーです。 空に向かって、「雨よ、、、、止め!!!」って祈った途端、雨が止むわけじゃないですし。 なので、それを変えようと願えば願…

自我と気づき

自我っていうのは実体のない概念ですからねー。実際に自我というものはないんです。 なので、ないものを手放そうとしても、手放すもとがありませんので、終わらない旅になってしまいがちです。 なんやねん!ホントに自我ってなかったんか!って知ること。 こ…

許しの方程式

そもそも元々全ては無色透明です。無色透明なものに条件はありません。なので、全てはそもそも無条件なんです。 なのでねー。その無条件なものに、条件をつけた時、そしてその条件を掴み取っている間だけ、その条件に縛られるんですねー。そして、その条件に…

手放すと楽になる。

手放すとラクになります。ラクは楽しい。楽しいは幸せ!ってことですね。 でね。そういうのを聞くと、でもそんなの面白くないじゃない!って思ったり、全てに無関心になるってこと?そんなの生きる屍じゃん!って思ったりすることもあるかもしれませんけどね…

非二元の話を聞く時のコツ

「わたしには他の人には見えないものが見えます。」とか言うのってね、それ観念を多く背負ってるだけですのでねー。みーんなね。イメージの作り方にはクセがあるもんです。 なんか真理を知ってそうな先生の話なんかを聴いてたらね。時にふと、あの人はわたし…

単に見てみるコツ

見ることぐらいしか出来ませんので、単に見てみたら良いんですー。ってね。ここでも言ってたりするんですけど、単に見るってどゆこと?ってよく聞かれたりしますので、今日は、単に見てみるってことについて書いてみたいと思います。 // まあ、単に見るって…

現実と夢、そして催眠。

現実と夢、そして催眠は同じようなものなんですよねー。 これらって、ぜーんぶ自分の中のイメージを見てるわけですからねー。 良い学校を出て、ちゃんとした会社に就職して、出世してっていうのが良い人生なんだー!なーんていうのは全くの幻想に過ぎないの…

人は実体のないイメージに苦しんでいる。

おはようございます。ジェットコースターは平気ですが、ホラー映画はちょっと苦手なタクさんです。 皆さんはどんなホラー生活を楽しんでおられるでしょうか? さて、ホラーといえば、生前、ある人にひどい目に合わされたりして、その恨みを持ったまま死んじ…

思考と現実02

さてさて、昨日の続きとして、思考と現実について今日も書いて見たいと思います。 ちなみにね。僕らって思考と現実って見分けがつかないんですよねー。なのでね。夢を見ている間は、その夢自体を現実だとしているわけです。 もっと言うとね。現実ってなあに…

思考と現実 01

思考が現実を作るってねー。言うじゃないですか。 ま、現実を思考が作るというよりは、現実ってなんやねん?と言いますと、僕らは普段、現実というものを色づけされた世界で見ておりますのでねー。本来は無色透明なんですが、それだと見えませんので、何かし…

非二元の話は信じなくても良いかもよ。

非二元の話ってね。理屈じゃないんですよね。むしろ逆で、理屈に縛られんでもやっていけるで。っていう話なんです。 だから、それを理屈で捉えようとすればするほどよくわからんことになってくるんです。 僕らって普段は何かしらの理屈をもってないと、世界…