Life is like children playing house.

非二元、ノンデュアリティ、悟りからの目覚め。

あるのは、経験だけってどういうことですのん?

f:id:takuteto:20170310220933j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

あるのは経験だけ。ってここでも書いたりしたかとおもうんですけど、
経験するからには、経験する誰かがいるはずや!ってね〜。
思うやないですか。

でもね、それって思ってるだけであってね。

ん?どこが?って言いますと、
何かを感じてるのならその主体者がいるはず。
っていう部分ね。

この部分が盲目的なしきたりのようなもんになっとるんですよ。

このしきたりがラベルみたいなもんなんですよねー。

トイレに行く前は、トイレの舞を舞うのが当然でしょ?
みたいな変なしきたりがあるとするじゃないですか。

するとね、

ほら!あの人は、あのトイレの舞を舞ってはるじゃないですか!
あの舞の型は大きい方の型ですよ。

つまり、う⚪︎こしたいんですよあの人は。

ってね〜。

当然のように言ったりするわけでね。

なーんていうか、このしきたりが身にしみてたらしみてるほどにね。
それが当然やん!って
思い込みになっちゃうわけですが、

なんか、それと似てて、
経験や体験があるのなら、それを受け取っている受け皿のような、
体験者という主体がいるはずですやん。

っていうね。
それも身に沁みたある種のしきたり、つまり思い込みのようなもんなんですよね。

こういう主体がいるはずっていう思いは、あらゆるしきたり、思い込みの大ボスのようなもんでしてね。
それが分離の幻想の土台になっとるんですねー。

人間は社会性を持つ習性がありますんで、私とあなたってやって協力してやりくりしましょうね〜、ってやってるんでね。
そういう分離の幻想を育ててるんですよね。

なので、主体者がいるはずという思い込みが、しきたりのようなもんやでーって気づきにくいんですよねー。

思い込みは、イメージですからねー。
頭の中で仮想的に作られてるもんであって、あくまでも便宜上、
そういうことにしときましょうや、っていう
ま、おままごとの役のような感じのものなんです。

なのでね、
見てみたらええんです。

足に感じる感触は確かにありますし、
聞こえてくる音も感じます。

ほら!だから感じてるのなら自分がいますやん!
っていう思いをちょっとだけグッとこらえてね、

見える景色もありますし、匂いも風の感触も感じられますが、
本当に感じられて在るのは、そういったあらゆる経験だけであって、
風とかいう名前も、本当はなくて、
あるのはその感触だけでね。

ありとあらゆる感触や音に、名前をつけるのもやめてみたら、、、

単にあるのはその経験だけなんですね。

で、その経験の中で、色々と名前をつけて判断してるわけでね。
その判断の中に、名前やくべつがあり、主体者がいるはずという思いもあるんですね。

判断の中に入り込んで、その判断の中だけが世界の全てとしてただけやったんです。

単にある経験には判断はありませんのでね。
名前もない、ただの「それ」なんです。

判断されない「それ」そのものは、最初は非常に物足りなく、
退屈にかんじられるかも知れません。

でも、その退屈さは探求のエネルギーが感じ取ってる退屈さなんです。

そのまんまにしておいてみるとね、退屈さの中には探求はいてられませんので、
徐々に行き場を失ってくるんです。

すると今まで、判断の中だけに閉じ込めてた「それ」そのものが、判断の箱から解放され、本来のイノチの表現を取り戻し始めてくれます。

判断というモヤが晴れて、ありのままが姿をあらわす感じですね〜。

あらゆる経験は、イノチの表現そのものなんです。
イノチとは移り変わる動き、表現なんですね。

主体者はいませんので、その表現そのものが自分であり、
動きにはここからここまでといったような区切りも範囲もありませんので、
全てのつながりです。

全てですのでそれ以上もそれ以下もないですから、全てだけがあるんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

自分をなめとるねん

f:id:takuteto:20170310221016j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

だいたいねー。
ほとんどの人はねぇ。
自分自身のことを見くびっとるんやと思うんですよ。

なんや!やぶからぼうに!!!

ってね。
冒頭からがーんっ!って言ったりましたけどね。

なめとるんですわ。
自分をねー。

どのくらい見くびってるかといいますとね。
たぶん、自信満々の人でも、本当の価値はその人が思ってるより、
1億倍くらいは有ると思うんですよね。

でね。

それくらいになってくるとどうなるかといいますとね。

出来ないことがあろうが、誰かと比べてダメなところがあろうが、
そんなもん、誤差にもならないくらいの差でしかないってことになるんですよね。

子供の頃は足の早い子はすごかったじゃないですか?男の子の場合やと思いますけど。
足が速いとみんなに一目置かれるって感じでね。
でも、大人になってくると、そんなんどうでも良くなってきますよねぇ。

そりゃ、おっさんおばちゃんで足が速い!のも良いと思いますよ。
すごいね~!って思いますけどね。

そういうのよりも、もっともーっと、誤差にならないくらいのものにしかならなくなるんですね。

どんだけ稼いでいようが、
どんだけ偉い地位にいる人であろうが、
どんだけ長く息がとめられるねんっ自慢の人がいようが、
どんだけ銅板のエッジングが上手い人がいようが、

ほえー。すごいねー。
くらいは言いますけど、

それと比べて自分は・・・・。

なんてならんのですよね。

だって、一億倍くらい見くびってたんですもん。
自分をね。

その一億倍を取り戻すとね。

そんな誤差は誤差でもなくなるんですよねん。

そんなもんで、差がなくなるとね、どうなるのかといいますとね。

比較って概念がもう保てなくなるんですよねー。

便宜上の比較はありますよ。
でも、その比較に深刻さがもうでてこないんですよね。

なので、誰かよりも優れているのか?とか誰かよりも劣っているのか?
とかね。
そういうのも幻想のようなもんでしかなかったってなことになるんですよね。

だって、便宜上のものでしか無いわけですからね。

でね。
これは向上心を失って自堕落になるっていうこととも全然違ってね。

逆に、イノチからくる表現を素直に表現したらええねんっ!っていうことが、許されるって感じなんですよね。
何かしらの価値観、「〜であるべき」みたいなものに邪魔されなくて良かったことが明らかになるんです。

わざわざ、比較とか価値観っていう、すんごく小さい箱に自分を押し込めて、小さくまとまらなくても良かったんやんってのが明らかになるってことなんですよねー。

誤差にもならない条件も根拠もいらなかったんです。

なのでね。
まずは、根拠を頼りにせずに、
そのまーんまの自分の価値を認めてあげたら良いと思うんですよね。

根拠なく、自分を認めてあげる。
試しにやってみると良いかもしれません。

そうはいかんっ!って言ってくる頭のおしゃべりは一旦置いておいてね。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

自我ちゃんを消そうとしちゃうことって無理ゲーですよん。

f:id:takuteto:20170310221054j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

自我が消え、探求が終わる。
それが悟りである。

ってねー。
ゆーたりするんですけど、

そうすると、自我を消せばええんやな!
って思っちゃったりするかもしれませんねぇ。

けど、これって無理ゲーなんですよね。

話が飛びますけど、
自分の尻尾を食べる龍だか蛇だかの神話があるんですけどね。

再生能力が強く絶対に死なない竜がおりましてね。
ずっと飢えていて、食べても食べても満足せず、
街も一飲みしちゃうくらいにむさぼりつづけるんですが、
全てを食べつくしてしまい、食べるものもなくなって、
ついには自分の尻尾を食べ始めてしまう。
で、無敵の竜さんですので、ずっと食べ続けてる。
っていう神話だったかなー。

ま、うろ覚えで、調べもしてないんですけどね。
めんどくさいので・・・てへっ。

これって、輪廻を表す比喩だと思うんですけどね。

探求だって、その先に悟りがあるわけじゃなくて、
結局尻尾を食べる竜のように、延々と探し続けてしまうことになったりするんですよねー。

実際に死んで、また生まれ変わって、というよりは、
その探求が続く様を輪廻やと言っとるんじゃないか?って思うんですけど。
知りませんけど。

まあ、修行によって、ありとあらゆる欲を捨て去ったとしてね。
最後に自我を消そうとしてもね。
結局自分の尻尾を延々と食べ続けるようなものでしてね。

無理ゲーなんですよね。

というのは、
自我を消そうとしとるのが、自我そのものですからね。
消そうとすればするほど、その自我が蘇ると言うわけですねー。

自我ちゃんって言う独自の何かがるわけでもないんですけどね。

生存本能のようなもので、なきゃ困りますんで、
それがなくなるってことはないんです。

自我ちゃんは自我ちゃんとしてちゃんと仕事は続けるんです。
ただ、それを自分が行為している。っていう誤解が解け始めるとね。
それへの深刻さだけが薄れていくってだけなんですよね。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

自作自演の架空の檻

f:id:takuteto:20170310220957j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

全ての体験、経験が等価値やとするとね、
何やっても無駄やん!
って、思ったりするかもしれませんけど、
それだと、価値あることをやりたいっていう価値へのこだわりがありますよねぇ。

それが無いねーん。って事ですからね。

そんなんめっちゃおもんないやん。
価値を高めていくのが良いのに。

ってねー。
そういう思いも結構根強く残ってますので、
一瞬、価値観や判断が抜け落ちたとしても、
そのおもんなさから、すぐに価値や判断の世界に戻ってきてしまうんですよね。

その動き、そのエネルギーを見てあげたら良いんですよねん。

見られると、そのエネルギーは徐々に行き場を失い始めます。

そうすると、平凡な何もなさが顔を出してきます。
そのまんまのそれですね。

平凡で退屈ですが、それでもそのまんまにしておいたら、
徐々にそのまんまが、輝き出してくれるんですよね。

本来のそのまんまが姿をあらわすように見えますが、
そのまんまが正体を表してるんやなくて、
今まで、価値や判断っていう檻に閉じ込めていたものが、
解き放たれていくって感じでしょうか。

価値を追い求めていくと、どんどんその価値のハードルは上がって行きます。
よりオンリーワンに、よりナンバーワンに、
といった具合で価値の幅を狭くしていくんです。
自分のイメージの中でだけね。

それは、自らどんどん檻を狭くしているようなもんです。
で、しんどくなってくるんですよね。

価値なんてカンケーあれへん!ってな感じで楽しくやってるぶんには、
檻は無いので良いんですけどね。

何で価値を追い求めるのか?ってねー。
多分自分への信頼ができてないから、その信頼できてない分それを自分以外の価値で埋めようとしちゃうんですよねー。

まだ不信感があるわ〜。
もっと磨いておかなあかんわー。ってねー。

裏にある不信感が大きいほど、判断された世界への深刻さも深まってきて、
いつしか身動きが取れなくなって来たり、、、
そんなこともあるんですよねー。

せやから、こういう見えない檻を作ってしまってはいやせんやろか?
ってね〜。見てあげると、その檻には、鉄格子もなく、カギがかかってるわけでもなく、
いつでも外に出られることに気付くんです。

檻を取り払うでもなく、そんな檻なんて無かったってだけなんです。

せやからねー、
判断や価値観は、置いておいて、単に在ってみるんです。
最初はつかみどころがなくもどかしい感じがするかもしれません。
そのうち、これがそれなの?どうなの?と確かめたくなってくるかもしれません。
それらもほっておいて、単に在ってみるんです。

するとね、それそのものが、判断や価値観から解放されていくんです。
最初っから判断とか価値観って無かったことが明らかになるんですねー。

あると思っていた檻が、自作自演だったことが見抜かれるんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

ちょwwwもしかしてwww

f:id:takuteto:20170307233500j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

も、、、もしかして、、、
「それ」って、このずっとあったこの感覚???

子供の頃からずっとあって、おっさんになってもある。。。
この単なる在る。。。

これがそれなの???

「うん。そうだよん」

え、、、?
空に雲があって、
電車はガタンゴトンと歌っていて、
向かい側にはおばちゃんが座っていて、、、

あれ?これも全部、それ???

「うん。そうだよん」

へ、、、、
この単純で平凡そのもののものが???

でも、、、
何かが開く、、、、

こんな平凡で言葉にするほどのものでもなく、
言葉で表現できるような取っ掛かりもない、、、
まさに平凡中の平凡、、、

空も、空に浮かぶ雲も、
電車のガタンゴトンも、
向かい側のおばちゃんも、

確かにある。

あるっていうか、そこに何かしらの判断をして、
その判断からくる印象を今まで見てたけど、、、

判断がなくともあるもんはある。

その判断以前では、あるがあるだけだった。。。

え???もしかして、この判断が無いだけ???

「うーん。っていうか、判断の中だけをみとったんやね。」

あ、、ホントだ。

判断の中だけで許す、許さないをやってただけなんだ。

全部最初から許されてた。
っていうか、許す許さんすらなかったんやん。

全部があって、何にも無い。

これが一瞥体験なの?

「いやいや。そういった体験も判断の中だけにあるんやで」

あ、、、そうか。
そりゃそうだ。

判断の中でだけ生きているように思ってたけど、
全然そんなことなかったし、
今までだって、判断の中にいる時だけ、その判断に振り回されてただけだったんだ。

全部があって、なんにもなく、
喧騒であり、静寂。。。

それだけやったんや!!!

 

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

信頼したら後はおまかせ

f:id:takuteto:20170307234304j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

おはようございます!
タクさんです。

昨日までは5日にわたってややこしい話を書いてみたりしましたが、やっぱり、なにかしらのテーマに沿って、伝えようとすると、どうしてもややこしい表現になっちゃいますねー。

正直なところ、わかろうとせずにわからんままでいたらええっちゅうことですので、
その中で、説明しようとする矛盾にぶち当たるんですよね。

普段は、単に思いつきで書いてる感じですので、いい加減に書いてるんですけどね。

イノチの表現が起きてますねん!
起こってることが起きてますねん!
何かをつかもうとするその動きを見ればいいですねん!

とかいってねー。

でもそんなことばっかり書いてますと、
「どうしても、それがわからんのですわっ!」
「とある覚者はこういうことを言ってましたがどういうことなんですのん?」
「死んだらどうなりますのん?」

みたいなことをね。
コメントでも頂いたり、会ってる人にも聞かれたりしてねー。

うーん。
死んだことないですし、死んだことがある人もいてませんし、
覚者っぽい人はいろんなこと言わはりますし、
そしてそれがウソやとは言いませんし、ホントなんでしょうけど。

結局、物語のようなもんですわー。
その覚者さんがそういった体験をしたのなら、その人にそういった体験が起こっただけですし、その体験を話してはるだけですわー。
ってね、言ってみたり、

全てはイノチの表現であって、身体も起こっては過ぎていく現象の中の一部分ですので、
死ぬとか生きるとかもないので、死にませんよー。

みたいなふうに言ってみたりしてたわけなんですけど、

どうしても、そんなふうに聞いちゃいますと、聞いたほうは、それを一つの判断材料としちゃいますからねー。

単に起こってるだけ〜。
っていう言葉もね、

判断し掴もうという動き、その動きがマインドとして、自我ちゃんとして起こっとるだけなんですよー。
その動きは、リアリティーがあるように見えますけど、それは外に吹く風とおなじように誰かに起こってるわけじゃなく、「単に」起こってるんですー。

っていうのをね、表現してるんですけど、
その表現をも判断して、つかもうとしちゃうと、もう延々とループしちゃいますからねー。

なので、僕のブログの言葉の中はもちろん、誰かの言葉の中に、
答えを求めようとしなくても良いんですよね。

誰かが誰かを悟らせることなんて出来ませんのでね。

自分の外じゃなくて、自分の中で、ファって心が解ける感じ。
掴もうとするエネルギーが弱まる感じ。

そういうのを感じたら、それをただ、何をするでもなくその中に居てみると良いと思うんです。

そのきっかけが何かの言葉から来ることもありますが、それもあなたの中に最初からあった何かと共感されたわけでありまして、
答えは最初からあなたの中にあるんですよね。

で、この言葉の意味はわからんなーって感じたり、
ファって感じとか、
リラックスした感じとか、
そういったことが感じられないものに対しては、わかろうとする必要もなく、スルーしてたら良いんですよねん。

あの覚者さんがいうことやし、わからないけど何かしらの真理があるはず!
ってな感じでわかろうとせんで良いんです。

感じなかったらスルー!でいいんですねー。

以前はスルーしてたもんに対しても、ある日ふとファッと来る場合もありますし、
そういうときは、自然とそういった言葉なり気付きなりが目の前にやってきてくれます。

自動的にね。

なので、信頼してまかせておったら良いんです。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします

ワンネス体験のパラドックスと誤解05

f:id:takuteto:20170307232733j:plain

▼ポチッと応援おねがいします!

さてさて、
長々と続いておりますが、今回で一応、このテーマは一旦締めにさせていただこうかと思います。

長々と何が言いたかったのかと言いますと、
ワンネスの体験も、スピ的な覚醒の話も、そして、単なる「それ」の話も、
言葉として表現されると、だいたい同じような言葉になってしまうんですね。

全ては私とか、分離がないとかそういった類の話ですね。

で、そういう話を聞いたら、みんな同じ体験をしたはずやのに、
人によっては、
体験があっても、その先があるからもっとそれを知っていかなきゃならない。
という人がいたり、
体験でわかる本当の自分を表現させていくんです。
という人がいたりと

いろいろあってややこしいじゃないですか。

どれが本当やねん!

みたいなねー。
そんな疑問が起こったりする場合もあるかもしれないんですけどね。

結局の所、どれが嘘とかどれがより本当とかね。
んなもんないんですよね。

どれも本当なんですけど、その話が体験からくる話の場合は「そのもの」とは関係ないんですよね。

本当であっても、それが正しいというわけでもなければ、間違いというわけでもないんです。

つまり体験は、単にそういうことが体験・経験として起こったということだけでね。

悟りの体験も、光り輝く体験も、臨死体験もね。
すごいように感じるかもしれませんが、

そういった体験も、
「昨日はとんこつラーメン食べましてん!」
っていう体験と、価値の差もなく、同じようなもんなんです。

でね。
体験の先にも、体験の中にも「それ」はなかったんですよね。

すごい体験であればあるほど握りしまうもんですけど、
そんなものも、それが起こったのならそれが単に起こっただけだったんですよね。

で、ありとあらゆることが起きてるわけですけど、この起こってることの中で何かを掴もうとしてただけだったんです。

体験からくるメッセージを言ってる人もいれば、それそのもののメッセージを言ってる人もいるかもしれませんし、その話の中から、何かを掴もうとするとややこしくなるんですけど、
でもメッセージに優劣もなく、メッセンジャーに優劣があるわけでもないんです。

すごい覚者が話している話と、
酔っ払いのおっちゃんが話してる話の間にも
価値の優劣もないんです。

スピリチュアル的な世界観も、瞑想から得るインスピレーションも
深めれば深めるほど色々と見えてくる世界があるということは
書いてきたように、リアリティーのある体験になるかもしれませんが、
そういった体験は自分にとって何か役に立つ道具にもなる場合もあるわけなんですけど、
それはある種、ゲーム内のアイテムのようなものでしかなくて、
わかる。掴む!といった自我ちゃんの中の世界観でしか通用せず、
どんな道具もいつまでたっても万能の道具にはなってくれないわけでしてね。

このわかる。掴むがある種のマインド(自我ちゃん)そのものでしかないので
何かがわかるということもなかったんですよね。

悟りも何も、わかることじゃなかったんです。

わからんままでいてもええんやーん!
っていうねー。

そのことだけがわかるんですよね。

それがわかると、体験も経験もそれがあるだけで、
でもって、「私という観念」も、真理も、わからんでいいですし、
もし、究極の悟りというような、
そういったものがあるというのなら、
それを知ったとしても、それも単なる経験でしかないんですよねん。
っということがわかるんです。

わかろうとしたりした時だけ、体験に翻弄されたりするんです。

自我ちゃんは何かをつかもうとする動きでしかなかったんです。
だからどうしても掴もうとし続けますが、
それを滅却するでもなく、たんにそういう動きがあるよねーってね。
見てあげるしか無いわけなんです。

というわけで、長々と続いた割には、全然うまくかけとらんなぁ、、、
と思ったりもするわけですが、、、

自我から開放されたー!って言う体験があったはずなのに、
何故かそれを体験とした時にその体験も自我の中にあって、
その体験の中で自我からの開放感をあじわっていたけど、
結局、何かを掴むというコダワリだけはのこっていて、
そのコダワリが少しずつ溶けていった時に、
人によっていろいろな表現があることも腑に落ちて、
あー、やっぱり在るが在るだけかーってのに戻ってきた。

というお話でした。

また、この辺のことについて書いてみたいと思ったときは書いてみます。
ひとまず、体験に翻弄されたどんくさい男の話はこのあたりまでにしておきます。

▼よろしければ、1日1回ポチッと応援おねがいします!
あなたのポチッが励みになります!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

▼facebookページ作ってみました。
もしよろしければ、「いいね」をして、Facebookページのフォローお願いします